一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

人生の後半戦で「運動療法」は絶対に必要 若さを保つためにも必須

キーワード: 高血圧 糖尿病 身体活動・運動不足

 運動を習慣的に行っている高齢者はADL(日常生活動作)が向上し、自立した生活をおくりやすくなることが、オーストリアの研究で明らかになった。
 ウォーキングなどの運動をできれば毎日行い、うち2日以上はバランスを向上させる筋力トレーニングを含めることが勧められている。筋肉だけでなく、心肺機能も改善し、認知症やうつ病の予防効果も期待できる。
運動を続けている人はわずか3分の1
 研究は、オーストリア公衆衛生学会の会長であるトーマス ドルナー氏と、ウィーン医科大学産業医学部の部長であるリチャード クレヴェンナ氏が共同で行ったもの。詳細は5月の欧州公衆衛生週間に発表された。

 研究の対象となったのは、オーストリア健康調査に参加した65歳以上のオーストリア人3,308人。身体活動調査票を用い身体能力を測定し、生活習慣病についてのアンケートに回答してもらい、高血圧や2型糖尿病など17種類の慢性疾患の診療記録を参照した。

 その結果、運動ガイドラインで推奨されている筋力トレーニングを毎週実行しているのは、わずか3分の1だけであることが明らかになった。運動に必要な持久力を維持できている高齢者はおよそ半分だった。研究者は、欧州各地で実施された運動に関する調査でも、同様の結果が示されていることを指摘している。

関連情報
若さを維持するためにどんな運動が必要か
 ドルナー氏は、若さを維持するために必要な運動として、▼持久力トレーニング、▼筋力トレーニング、▼高強度インターバルトレーニング――を勧めている。高齢者の運動について、「ADL」と「IADL」を維持する必要性を指摘している。

 「ADL(日常生活動作)」は、日常生活を送るために最低限必要な日常的な動作で、「食事、排泄、入浴、衣服の着脱、移動、起居動作」などの基本的な繰り返し動作をさす。高齢者の身体能力や日常生活のレベルをはかるための重要な指標となる。

 これに対し、「手段的日常生活動作(IADL)」は、基本的なADLよりもさらに複雑な日常生活動作をさす。「掃除・料理・洗濯・買い物などの家事、交通機関の利用、電話対応などのコミュニケーション、スケジュール調整、服薬管理、金銭管理、趣味」などをさす。

 研究では、運動をする習慣のある高齢者は、より自立しており、日常的な活動をより安全に無理なく行える傾向があることが明らかになった。

 運動を習慣として続けることは、高血圧、心血管疾患、2型糖尿病のリスクを減少させ、死亡率の低下、心肺フィットネスレベルの向上、適正体重を維持するために効果的であることが示された。

 最近の研究では、運動は認知機能を向上させ認知症の予防に有利で、うつ病の発症も減少させることも分かっている。

 「運動ガイドラインで推奨されている運動量を毎週こなしている高齢者は、そうでない人に比べ、ADLの管理が3倍、IADLの実行が2倍、それぞれ改善していました」と、ドルナー氏は言う。
運動をどれくらいすると良いのか
 ドルナー氏は、ウォーキングなどの中強度の運動を週に計150分行うのに加え、椅子に座って行うスクワットなどの筋力トレーニングを週に2回以上行うことを勧めている。

 ウォーキングを行うときは、「気持ちよく話すことができるが、歌うことはできないぐらいの十分な速さで歩く」ことが基準となる。

 これに加えて、体の大きな筋肉を使って行うスクワットなどの運動を、1回に10回程度行うことが推奨される。運動習慣のない人は、1日1回から始め、徐々に2〜3回に増やしていき、12〜15回に増やすことを目標とする。

 ウォーキングや筋力トレーニング以外にも、徒歩による通勤、家事、散歩、水泳、ガーデニングなど、あらゆる日常の身体活動は運動になる。

 「多くの研究で運動の効果は証明されていますが、実践している人はそう多くありません。健康維持と、自立した生活を長く維持するために、あらゆる年齢層の人々がもっと体を動かし、積極的に運動する必要があります」と、クレヴェンナ氏は強調している。

 世界保健機関(WHO)によると、運動不足が原因で、世界で毎年320万人が命を落としている。「身体活動レベルを引き上げるために、座りがちな生活をあらためる必要があります。各国の政府は、交通渋滞の多い地域に歩道を整備し、大気汚染を防ぎ、公園やスポーツ施設を整備する必要があります」と、指摘している。

Health benefits of exercising into old age(ウィーン医科大学 2019年5月13日)
Association between physical activity and the utilization of general practitioners in different age groups(Wiener klinische Wochenschrift 2019年5月10日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 高血圧

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート