一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

歯の喪失 糖尿病や骨粗鬆症があるとリスクが増加 口腔ケアが大切

キーワード: 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア 歯周病 喫煙

 歯の喪失は、噛む力が弱まることで、少食や偏食などによる栄養不良の原因となる。その結果、筋力が低下するなど虚弱になりやすく、高齢期における生活の質(QOL)を低下させる。
 喫煙習慣・糖尿病・骨粗鬆症があると、歯を喪失するリスクが上昇するという調査結果を、富山大学が発表した。
 歯磨きなど口腔ケアをしっかり行い、骨粗鬆症を予防し、たばこを吸わないことが大切だ。
喫煙、糖尿病、骨粗鬆症は、歯の喪失リスクを増加させる
 富山大学は、2014年に富山県が実施した富山県認知症高齢者実態調査の追加分析を行い、高齢者の歯の喪失に関する新たな知見を得たことを公表した。喫煙習慣・糖尿病・骨粗鬆症があると、歯を喪失するリスクが上昇するという。

 歯の喪失は、噛む力が弱まることで少食や偏食などによる栄養不良の原因となる。その結果、筋力が低下するなど虚弱になりやすく、高齢期における生活の質(QOL)を低下させる。研究結果から、歯の喪失を予防して高齢期を健やかに過ごすためには、小児期から高齢期までの一生涯にわたる分野横断的で総合的な対策が重要であることが明らかになった。

 研究は、同大地域連携推進機構地域医療保健支援部門の関根道和教授と、敦賀市立看護大学の中堀伸枝助教らが共同で行ったもの。研究成果は、「BMC Public Health」に掲載された。

 対象となったのは、富山県認知症高齢者実態調査の対象となった65歳以上の高齢者のうち、同意を得られた1,303人。さらに今回の研究では、残存歯のない275人と、残存歯がある898人の計1,173人を対象に、残存歯の有無と、教育歴や生活習慣病等との関連性を調査した。

 その結果、喫煙、糖尿病、骨粗鬆症は、歯の喪失リスクを増加させることが明らかになった。また、短い教育歴や肉体労働の職歴も、歯の喪失リスクと関連することが分かった。

関連情報
歯の喪失を予防するために小児期から高齢期までの対策が必要
 喫煙や糖尿病は、口腔内の免疫力を低下させ、虫歯や歯周病の原因となることが知られており、結果として歯の喪失リスクが増加すると考えられている。また、骨粗鬆症でも、骨強度の低下により、歯の喪失が起こりやすくなるとされる。

 歯の喪失の調整オッズ比は、喫煙する人で4.05倍、糖尿病のある人で1.72倍、骨粗鬆症のある人で1.88倍なとり、歯の喪失リスクは喫煙により4倍、糖尿病や骨粗鬆症により2倍に上昇することが明らかになった。

 また、教育歴による口腔衛生習慣の差が、歯磨き回数や虫歯の本数にも影響を与えると考えられていたが、実際に、教育歴が10年以上の人を基準とした教育歴が6年以下の人の歯の喪失に対するオッズ比は3.07倍になり、短い教育歴の人の歯の喪失リスクは約3倍になった。

 つまり、教育歴が短いほど、残存歯がない人の割合が高い傾向にあることが裏付けられた。教育歴は、歯磨き回数や虫歯の本数に影響を与えるとされており、口腔衛生習慣な どの差が歯の喪失リスクに影響を与えると考えられる。

 さらに、肉体労働の職歴のある人が歯を喪失しやすいことはすでに知られており、その背景には、交代勤務など仕事に関連した不規則な生活習慣などがあると考えられている。分析の結果、残存歯なし群においては、肉体労働の職歴の割合が高く、非肉体労働を基準とした肉体労働の職歴の歯の喪失に対するオッズ比は1.93になった。

 「歯の喪失を予防して高齢期を健やかに過ごすためには、小児期から高齢期までの一生涯にわたる分野横断的で総合的な対策が重要です」と、研究グループは述べている。

富山大学 地域連携推進機構 地域医療・保健支援部門
富山県認知症高齢者実態調査(富山県オープンデータポータルサイト)
Socioeconomic status and remaining teeth in Japan: results from the Toyama dementia survey(BMC Public Health 2019年6月4日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 歯周病

2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
2019年07月04日
歯の喪失 糖尿病や骨粗鬆症があるとリスクが増加 口腔ケアが大切
2018年11月01日
歯周病を治療すると糖尿病のコントロールが改善 合併症リスクも低下
2018年08月02日
50歳代の6割が歯や口の中が「健康ではない」と回答 歯科医師会調査
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?

疾患 ▶ 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
自宅で"筋活"を行いロコモ予防 筋肉量と筋力の向上を目指す「ロコモ予防運動プログラム」を始動 順天堂大
2020年08月12日
「生きがい」が65歳以上の働く人の健康効果を高める 「金銭目的」のみだと健康感と生活機能が悪化
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月28日
「フレイル」のリスクは太り過ぎでもやせ過ぎでも上昇 低栄養を減らして予防

生活習慣 ▶ 喫煙

2020年07月28日
「フレイル」のリスクは太り過ぎでもやせ過ぎでも上昇 低栄養を減らして予防
2020年07月28日
お酒とタバコは「食道がん」リスクを高め合う 両方あるとリスクは17倍に上昇 片方を止めただけでも予防効果が
2020年07月28日
喫煙率が下がらないのは社会格差が広がっているから? とくに若い世代でタバコの格差は拡大
2020年07月10日
【新型コロナ】肥満が世界で深刻な問題に 食事や運動など生活スタイルに深刻な悪影響
2020年07月10日
スマホで「禁煙アプリ」を使うと禁煙の成功率が高まる 医師が処方するアプリの有効性を実証
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート