一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が

キーワード: 一無・二少・三多 動脈硬化 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす

 中年以上の成人が身体活動レベルを上げて、「新たに運動習慣を身につける」「より活発に体を動かすようにする」ことで、死亡リスクを大きく減少できることが、英国のケンブリッジ大学などによる1万5,000人を対象とした大規模調査で明らかになった。
 過去の運動習慣に関係なく、より活発になることで、寿命を延ばせるという。「運動を開始するのに遅過ぎることはありません」と、研究者はアドバイスしている。
中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
 ウォーキングなどの運動は、間違いなくすべての人にとって良いことだ。運動を習慣化することで、肥満、2型糖尿病、心血管疾患、脳卒中、がんなどのリスクを減少でき、健康寿命を延ばせることが多くの研究で示されている。

 しかし、それまで運動をする習慣のなかった人は、とくに年齢を重ねた人は、「運動の恩恵を受けるのは、もう遅すぎるのではないか」と思うかもしれない。

 しかし心配はご無用だ。新しい研究で、中高年になってから運動を始めても、早死のリスクを減らし、寿命を延ばす十分な効果な効果を得られることが明らかになった。

関連情報
13分のウォーキングを毎日行うと死亡リスクが低下
 運動や身体活動と死亡リスクとの関連性についてはすでに多くの研究が報告されているが、運動レベルを経時的に調べ、その効果がどのように変動するかを調べた研究は少ない。

 そこで英国のケンブリッジ大学などは、40〜79歳の男女1万4,599人が参加した前向き研究である「欧州がん・栄養ノーフォーク(EPIC-Norfolk)」研究の成果から、時間の経過による運動レベルの変化が、心血管疾患などによる死亡リスクにどう影響するかを調査した。

 研究チームは参加者を、2016年まで12.5年(中央値)にわたり追跡した。年齢、身長、体重、血圧、血糖、コレストロールなどの検査を定期的に行い、食事、アルコール摂取量、喫煙などの生活スタイルについて尋ね、心拍数をモニタリングすることで身体活動についても計測した。

 その結果、「身体活動エネルギー消費量(PAEE)」を増やすと、死亡リスクを減少できることが明らかになった。具体的には、身体活動量を1年間に体重1kgあたり239kcal(1キロジュール)増加すると、あらゆる原因による早死リスクを24%減少できることが分かった。

 体重60kgの人が活発なウォーキングを13分、毎日行うと、この身体活動量を満たすことができる。これにより、心血管リスクを29%、がんのリスクを11%、それぞれ減少できるという。
1日10分のウォーキングで良いので、とにかく始めることが大切
 WHO(世界保健機関)の運動ガイドラインでは、成人に1週間に150分以上のウォーキングなどの中強度の運動、あるいは75分な活発な運動を行うことを推奨している。

 まったく運動する習慣のない人が、5年間をかけて少しずつ運動量を増やしていって、運動ガイドラインの求める水準に達するようになると、この239kcal/kg/日というエネルギー消費量の水準をほぼ満たすことになるという。

 「過去の活動レベルに関係なく、時間の経過とともに活動レベルを上げた人は、まったく運動をしない人に比べ、5年間で死亡リスクを大きく減少できることが分かりました」と、ケンブリッジ大学のアレキサンダー モク氏は言う。

 「運動をする習慣のない運動不足の人でも、1日10分のウォーキングで良いので、とにかく運動を始めることが大切です。すでに運動習慣のある人には、より活発に体を動かすことが勧められます」と、モク氏は強調する。

 「運動を推奨することは、とくに心血管疾患や2型糖尿病、がんなどのリスクを抱える現役の中高年の成人にとって重要なことです。中年期から高齢期にかけて身体活動レベルの減少を防ぐことが、公衆衛生上の取組みとして必要です」と指摘している。

Keeping active or becoming more active in middle and older age linked to longer life(ブリティッシュ メディカル ジャーナル 2019年6月26日)
Physical activity trajectories and mortality: population based cohort study(ブリティッシュ メディカル ジャーナル 2019年6月26日)
Keeping active or becoming more active in middle and older age linked to longer life(ケンブリッジ大学 2019年6月27日)

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年08月07日
「治療と仕事の両立」は困難と6割超が回答 多様な働き方を選択できる社会へ
2019年08月06日
血糖は健康のバロメータ「10月8日は、糖をはかる日」 糖尿病治療研究会
2019年07月30日
高血圧学会が自治体対象にモデルタウン募集 「高血圧ゼロのまち」を目指す
2019年07月11日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年07月11日
高齢者の難聴は「外出活動制限」「心理的苦痛」「もの忘れ」を増やす 13万人強を調査

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2019年07月11日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月10日
血糖値スパイクは「隠れ糖尿病」 朝食を工夫して食後に血糖値を上げない
2019年05月15日
糖尿病は脳卒中の危険因子 予防のための10ヵ条 もうすぐ「脳卒中週間」
2019年05月15日
野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2019年07月11日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年06月24日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月24日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月10日
血糖値スパイクは「隠れ糖尿病」 朝食を工夫して食後に血糖値を上げない

疾患 ▶ 動脈硬化

2019年07月11日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年06月24日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす
2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月10日
血糖値スパイクは「隠れ糖尿病」 朝食を工夫して食後に血糖値を上げない

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2019年07月11日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年06月24日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす
2019年06月13日
日本小児科学会などが「幼児肥満ガイド」を作成 小児期の肥満は成人後にリスクに
2019年06月10日
運動が高齢者の「ADL(日常生活動作)」を高める 1日1万歩を達成できなくても効果がある
2019年05月31日
「インターバル運動」が2型糖尿病患者の心臓を守る 3ヵ月の運動で効果

 ▶ 一無・二少・三多

2019年08月07日
「治療と仕事の両立」は困難と6割超が回答 多様な働き方を選択できる社会へ
2019年08月06日
血糖は健康のバロメータ「10月8日は、糖をはかる日」 糖尿病治療研究会
2019年07月30日
高血圧学会が自治体対象にモデルタウン募集 「高血圧ゼロのまち」を目指す
2019年07月23日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年07月11日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典