一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

肥満が「聴力低下」のリスクを上昇させる 5万人の職域コホート研究「J-ECOH」で明らかに

キーワード: 一無・二少・三多 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接) 「多接」多様なつながり

 肥満が聴力低下のリスクを上昇させることが、20〜64歳の日本人成人約5万人を最大8年間追跡した調査で明らかになった。
5万人弱の労働者を最大8年追跡して調査
 国立国際医療研究センター(NCGM)は、関東・東海地方に本社がある企業10数社の従業員約10万人を対象にした多施設共同コホート研究を行っている。このほど、2008年から2011年度の健康診断で聴力が正常だった20〜64歳の成人約5万人を最大8年間追跡した調査から、肥満が聴力低下のリスクを上昇させることを明らかにした。

 肥満は2型糖尿病などさまざまな生活習慣病の危険因子として知られているが、近年は聴力にも影響することが分かってきた。しかし、肥満と聴力低下との関連についての前向き研究は少なく、詳しいことは分かっていない。また、代謝異常をともなう不健康な肥満と、代謝異常をともなわない健康的な肥満とで聴力低下との関連が異なるかどうかも明らかになっていない。

 そこで、国立国際医療研究センター(NCGM)疫学・予防研究部は、職域多施設研究「J-ECOHスタディ」のデータを用いて、肥満と聴力低下との関連、さらに代謝異常をともなう肥満と聴力低下への影響を検証した。
12企業が参加した大規模コホート研究
 「J-ECOHスタディ」は、職域における多施設共同研究で、関東・東海に本社がある12企業(約10万名)が参加している大規模なコホート研究。2012年度に研究を開始し、定期健康診断や循環器疾病・死亡・長期病休に関する登録を行っている。働く世代における生活習慣病や作業関連疾患を予防し、職域健康診断の有効性や効率を高めることを主な目的としている。

 今回の研究では、「J-ECOHスタディ」の参加施設の労働者のうち、2008〜11年度に職域定期健康診断を受診した20〜64歳の聴力正常者4万8,549人を対象に、最大8年間の追跡調査が行った。

 肥満(BMI25以上)と代謝異常(下記の2つ以上に該当)により4群に分類した。
(1) 収縮期血圧 ≥130mmHg または拡張期血圧 ≥85mmHg または高血圧治療中
(2) 空腹時血糖 ≥100mg/dL または糖尿病治療中
(3) 中性脂肪 ≥150mg/dL または脂質異常症治療中
(4) HDLコレステロール <40mg/dL(男)、<50mg/dL(女)

 さらに純音聴覚検査を行い、低音域(会話域)(1000Hz)で30dB未満、高音域(4000Hz)で40dB未満を聞き取れない場合に、聴力低下と判定した。

 企業、性、年齢、喫煙、心血管疾患の既往、高血圧、糖尿病、脂質異常症といった要因について調整し、さらに感度分析により、職場での騒音曝露、運動、飲酒についても調整した。
肥満やメタボが聴力低下のリスクを上昇させる
 その結果、肥満により聴力低下のリスクが上昇し、リスク上昇は低音域聴力において顕著であることが明らかになった。

 肥満が聴力低下のリスク上昇と関連しており、また肥満に加えて血圧・血糖・中性脂肪の上昇、HDLコレステロールの低下といった代謝異常があることで聴力低下のリスクはさらに上昇することが明らかになった。

 今回の研究は、職域で約5万人を対象に最大8年間にわたり追跡した大規模なコホートで、聴力低下をオージオメータで客観的に確認したこと、肥満度や代謝異常は追跡中の最新のデータを用いたことが特徴的だ。
メタボの改善は聴覚の健康にとっても重要
 肥満が聴力低下を引き起こすメカニズムとしては、動脈硬化によって内耳動脈が狭窄・閉塞し、蝸牛(音の受容器官)の血流量が減少することや、肥満にともなって酸化ストレス・炎症・低酸素が引き起こされることで聴覚細胞が損傷することなどが考えられている。

 聴力は加齢により低下するが、肥満や代謝異常はそれを加速させる可能性がある。肥満やメタボリックシンドロームにならない生活習慣は、聴覚の健康にとっても重要であることが示された。

 なお、「J-ECOHスタディ」では、脳卒中および心筋梗塞に関する症例対照研究や食生活や運動に関するサブスタディを進めており、2018年度からは、働き方や新型タバコに関する調査に取り組んでいる。

国立国際医療研究センター疫学・予防研究部
Obesity and risk of hearing loss: A prospective cohort study(Clinical Nutrition 2019年3月27日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
野菜と全粒穀物を食べると糖尿病を予防できる 少しでも食事に加えると効果 食物繊維が善玉の腸内菌を増やす
2020年08月12日
自宅で"筋活"を行いロコモ予防 筋肉量と筋力の向上を目指す「ロコモ予防運動プログラム」を始動 順天堂大
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月28日
【新型コロナ】感染再拡大に備えて ここまで分かってきた「感染するとどうなる? どういう人が重症化する? 」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】今冬にはインフルエンザと新型コロナが同時に流行 「両方の検査を」と日本感染症学会が提言
2020年08月13日
【新型コロナ】心理的不安が予防行動に大きく影響 個人差に合わせた対策とケアが必要
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め

一無・二少・三多 ▶ 「多接」多様なつながり

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】心理的不安が予防行動に大きく影響 個人差に合わせた対策とケアが必要
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
「生きがい」が65歳以上の働く人の健康効果を高める 「金銭目的」のみだと健康感と生活機能が悪化
2020年08月12日
「自然音」にリラックス効果が 「花」を見るだけでも癒し効果を得られる コロナ禍のストレス管理に有効

 ▶ 一無・二少・三多

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】今冬にはインフルエンザと新型コロナが同時に流行 「両方の検査を」と日本感染症学会が提言
2020年08月13日
【新型コロナ】心理的不安が予防行動に大きく影響 個人差に合わせた対策とケアが必要
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート