一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場

キーワード: 脂質異常症(高脂血症) 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 「少食」食事は腹7~8分目

 高機能玄米協会は、玄米食の消費の実態を把握し、健康長寿社会に資する健康食としての普及を図るため、玄米食に関するアンケート調査などを実施し、「玄米食白書2019」にまとめた。
米離れが進む中、玄米の人気は高まっている
 米の消費減少が進む一方で、健康志向の高まりを背景に、玄米や麦、雑穀など、白米よりも機能性を高めた米の人気が高まっている。

 これらの「健康米」は、食生活の欧米化、メタボリックシンドロームへの予防意識が高まりなどを背景に、高齢社会の進展している日本で注目されている。

 同協会は「米も"量"より"個性ある質"を求める時代となり、各産地では、新たなブランド米創出気運が高まっている」と指摘。

 農林水産省の調べによると平成28年の米の生産量は804万t。このうち3%が「玄米」と称して販売されており、玄米の市場規模は約420億円と推計されている。これに発芽玄米などのを加えると、年間に466億円・12万t程度が流通している。

 玄米の特長の認知についてのアンケート調査では、玄米や発芽玄米の認知度は高く、「健康によさそう」「栄養が豊富そう」「お通じが改善しそう」などのイメージは共有され、健康志向の強い人に食べられていることが示された。

 調査は、首都圏在住の20〜69歳の女性の500人を対象に実施したもの。
最近の玄米の特徴は十分に認知されていない
 外食で「白米より玄米を選んでみたい」と回答した人は、20〜40代で30%台、50〜60代で20%台。玄米の魅力のうち「お通じ改善」が半数弱で挙げられており、魅力度・認知度ともに高い。

 とくに20代では、玄米の魅力として、「食物繊維が豊富で、お通じの改善に効果がある」「糖の吸収が穏やかなので、体重管理(肥満防止・ダイエット)に効果がある」という点が多く挙げられた。

 一方で、「日常生活に不足しがちなビタミンやミネラルを補える」「美容に気遣う人に適している」「肥満防止。ダイエット効果」に関しては、魅力度は高いが、認知度が低いことが示された。

 「最近の炊飯器は玄米モードがあり簡単に炊ける」(19.2%)、「従来の玄米より消化が良く食感が改良された品種がある」(14.4%)など、最近の玄米の特徴は十分に認知されていない。

 年齢層が上がると「美容に気遣う人に適している」「ストレスに強い体質になることが明らかになっている」「最近の炊飯器は玄米モードが標準でついており、誰でも簡単においしく炊くことができる」といった点に魅力を感じる人が増える。

 また、とくに若年層は外食で玄米を選ぶ率が高く、同協会では「消費拡大には外食店の協力が鍵になる」と指摘している。
新しいタイプの玄米が登場
 調査では、「調理に手間がかかりそう」「高価そう」「おいしくなさそう」などマイナスイメージを挙げた人も一定数いたが、従来の玄米の弱点を補った新しいタイプの品目も登場している。

 それが宮城県産の玄米食専用品種「金のいぶき」だ。「金のいぶき」は胚芽が通常の玄米の3倍大きく、ビタミンB群やEビタミンE、GABAなどの栄養素も多く含まれる。炊飯のときに、玄米特有のわずらわしい手間がかからず、炊飯しやすいのも特徴だ。

 高機能玄米協会は、2006年宮城県古川農業試験場で誕生し、2013年に宮城県より種子販売が開始された「金のいぶき」の戦略的活用に取り組んでいる。一部コンビニエンスストアチェーンで「金のいぶきおにぎり」が発売されるなど、成果が出始めている。

 アンケートでは「金のいぶき」について、「おいしい。正直、玄米だとは分からない。玄米に抵抗ある人も難なく食べられる」といった感想が寄せられた。

 同協会は、「"体験の機会創出"と"知識の提供"の両輪で大いに市場の拡大が見込まれるのが玄米食の現状」として、「玄米についてのポジティブな情報を知らない人が多く、認知度を上げることが必須」と白書にまとめている。

一般社団法人 高機能玄米協会

玄米食白書2019(高機能玄米協会)

金のいぶき

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年10月18日
「大豆」が糖尿病リスクを減少 コレステロールや血糖が下がる
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年10月15日
涙を検査し「糖尿病神経障害」を早期発見 3分の検査でリスクを判別
2019年10月10日
運動が体の老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年10月07日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 糖尿病リスクが減少

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年09月25日
肥満が糖尿病リスクを6倍に増加 遺伝的リスクを上回る脅威に
2019年09月19日
第40回日本肥満学会・第37回日本肥満症治療学会学術集会・日本肥満症予防協会共催
市民公開講座&市民のための身体健康チェック体験会
2019年09月11日
味覚の秋 「スローカロリー」なスイーツが登場 糖質をゆっくり吸収し、満足感も長持ち
2019年09月09日
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年10月15日
涙を検査し「糖尿病神経障害」を早期発見 3分の検査でリスクを判別
2019年10月04日
遺伝性の脂質異常症「家族性高コレステロール血症」 若いうちからLDL-Cが上昇
2019年09月19日
厚労省が「食事摂取基準2020年版」の要点を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年08月21日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月07日
「治療と仕事の両立」は困難と6割超が回答 多様な働き方を選択できる社会へ
2019年08月06日
血糖は健康のバロメータ「10月8日は、糖をはかる日」 糖尿病治療研究会
2019年07月30日
高血圧学会が自治体対象にモデルタウン募集 「高血圧ゼロのまち」を目指す
2019年07月23日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2019年10月04日
遺伝性の脂質異常症「家族性高コレステロール血症」 若いうちからLDL-Cが上昇
2019年08月21日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年07月23日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年06月13日
日本小児科学会などが「幼児肥満ガイド」を作成 小児期の肥満は成人後にリスクに
2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用

 ▶ 一無・二少・三多

2019年09月10日
健康的な生活スタイルが糖尿病による死亡リスクを56%低下 心疾患やがんが減少
2019年08月28日
中年期の肥満やメタボが脳の老化を10年以上早める 肥満は脳にも影響
2019年08月21日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月15日
認知症を予防するための10の方法 健康的な生活スタイルを実行すれば脳の老化を抑えられる
2019年08月07日
「治療と仕事の両立」は困難と6割超が回答 多様な働き方を選択できる社会へ
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典