一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

高血圧学会が自治体対象にモデルタウン募集 「高血圧ゼロのまち」を目指す

キーワード: 高血圧 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 日本高血圧学会では、「高血圧ゼロのまち」を目指すモデルタウンの公募を開始した。現在、「高血圧ゼロ」を目指す自治体の参加を募っている。
高血圧学会のアドバイザーが支援
 高血圧は脳心血管病の最大の危険因子だが、4,300万人と推定される日本の高血圧者のうち、1,400万人は自身が高血圧と認識しておらず、450万人は高血圧と認識しながらも治療を受けていないのが実情だ。

 健康寿命延伸のためには、高血圧の予防と血圧の適切な管理が重要となる。そこで、日本高血圧学会はこの状況を打破するため、地域医療創成の一環として、「高血圧ゼロのまち」を目指す自治体を公募し、支援することを開始した。

 自治体主導により、全住民、特定健診対象者(40〜74歳)、職域集団、学校児童・生徒などを対象として高血圧の啓発、血圧測定、健診受診勧奨、生活指導(減塩、運動、禁煙など)介入などを行い、可視化した指標をアウトカムとして「高血圧ゼロ」を目指す。

 主管する自治体の条件はなく、県、市町村などの単位で取り組めるプロジェクトを募集する。自治体の主管のもとに職域集団や児童、生徒などを対象としたプロジェクトを企画することも可能だ。

 地域や対象者の特性に合わせて、血圧測定・受診勧奨・減塩・運動・禁煙などの生活習慣改善などを通じて「高血圧ゼロのまち」を目指す取り組みを企画し、同学会まで届けることで応募できる。

 企画の段階で協力、アドバイスを得られる高血圧学会員が地域にいる場合、高血圧学会のアドバイザーの就任する。アドバイザーは、プロジェクトの立案、推進の支援、進捗状況の確認、データ分析、学術集会での発表や報告書作成の支援などを行う。

 同学会では、健診や市民講座など従来の手法や取り組みにとどまらず、斬新なアイデアを取り入れた企画を歓迎するとしている。

【期間】
公募期間:2019年8月〜2020年3月
活動期間:2019年〜2025年(3〜5年)

【内容】
A. 取り組みの具体的内容(プロジェクト)案
(1)血圧未測定者ゼロ(全対象者の血圧測定を目指す)
(2)重症(慧)高血圧(≧180/110mmHg)ゼロ(受診勧奨、情報提供)
(3)薬物療法、非薬物療法(生活指導)いずれも受けていない「放置高血圧者」ゼロ、健診後の受診勧奨、生活指導とフォローアップ
(4)降圧目標未達成者ゼロ(降圧薬服用者に対する降圧目標の啓発、医療機関への働きかけ)

B. 対象
(1)20歳(または18歳)以上の成人
(2)特定健診対象者(40〜74歳)
(3)保育園児、小中高等学校の児童、生徒
(4)職域(企業、自治体職員など)
(5)その他

C. 介入内容
(1)血圧測定
(2)健診受診、医療機関受診勧奨
(3)食事(減塩)指導、介入
(4)運動、禁煙など生活習慣修正指導、介入
(5)服薬、通院アドヒアランス向上
(6)高血圧に対する啓発(基準値、降圧目標などの認識度向上など)
(7)その他

原則として日本高血圧学会がプロジェクトメンバーとして加わり、企画、実施に対してアドバイスを行う。審査後決定したプロジェクトのアドバイザーについてはプロジェクトの主管団体と日本高血圧学会が相談の上決める。
同学会は「高血圧ゼロのまちモデルタウン」プロジェクトを後援し、企画策定と活動の助言をする。
なお、同学会は決定したプロジェクト実施にかかる資金提供はしない。

【審査と公表】
日本高血圧学会が提出された申請書類を審査し、受理されたプロジェクトをホームページで公開するとともに、学術総会やフォーラムで紹介、進捗状況報告を行うセッションを設ける。
活動期間終了時には、報告書の提出を依頼し、優れた成果が得られたプロジェクトについては、学会よりアワードを授与し、学術総会で受賞講演を行う。

詳しくは日本高血圧学会ホームページをご覧ください。
特定非営利活動法人 日本高血圧学会

○ お問い合わせ
特定非営利活動法人 日本高血圧学会
事務局 モデルタウン募集係
〒113-0033 東京都文京区本郷3-28-8 日内会館2階
Tel.03-6801-9786 Fax.03-6801-9787

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2019年07月30日
高血圧学会が自治体対象にモデルタウン募集 「高血圧ゼロのまち」を目指す
2019年07月26日
糖尿病の人は熱中症リスクが高い? 熱中症を予防するための10ヵ条
2019年07月11日
【認知症施策推進大綱】どんな具体策が盛り込まれたか? 認知症バリアフリー推進で「共生と予防」
2019年06月28日
人生の後半戦で「運動療法」は絶対に必要 若さを保つためにも必須
2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2019年08月08日
「新型たばこ」はやはり危険 WHOが報告書「規制の対象とするべき」
2019年08月07日
「治療と仕事の両立」は困難と6割超が回答 多様な働き方を選択できる社会へ
2019年08月06日
血糖は健康のバロメータ「10月8日は、糖をはかる日」 糖尿病治療研究会
2019年07月30日
高血圧学会が自治体対象にモデルタウン募集 「高血圧ゼロのまち」を目指す
2019年04月17日
たばこをやめれば糖尿病のコントロールは改善する 禁煙のメリットは大きい

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年08月07日
「治療と仕事の両立」は困難と6割超が回答 多様な働き方を選択できる社会へ
2019年08月06日
血糖は健康のバロメータ「10月8日は、糖をはかる日」 糖尿病治療研究会
2019年07月30日
高血圧学会が自治体対象にモデルタウン募集 「高血圧ゼロのまち」を目指す
2019年07月23日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年06月13日
日本小児科学会などが「幼児肥満ガイド」を作成 小児期の肥満は成人後にリスクに

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年08月07日
「治療と仕事の両立」は困難と6割超が回答 多様な働き方を選択できる社会へ
2019年08月06日
血糖は健康のバロメータ「10月8日は、糖をはかる日」 糖尿病治療研究会
2019年07月30日
高血圧学会が自治体対象にモデルタウン募集 「高血圧ゼロのまち」を目指す
2019年07月11日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年07月11日
高齢者の難聴は「外出活動制限」「心理的苦痛」「もの忘れ」を増やす 13万人強を調査

 ▶ 一無・二少・三多

2019年08月07日
「治療と仕事の両立」は困難と6割超が回答 多様な働き方を選択できる社会へ
2019年08月06日
血糖は健康のバロメータ「10月8日は、糖をはかる日」 糖尿病治療研究会
2019年07月30日
高血圧学会が自治体対象にモデルタウン募集 「高血圧ゼロのまち」を目指す
2019年07月23日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年07月11日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典