一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少

キーワード: 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 がん 「少食」食事は腹7~8分目

 脂肪の多い牛肉や豚肉を食べ過ぎると、乳がんのリスクが上昇するという研究が発表された。これらの肉の代わりに、低脂肪の鶏肉を食べると、乳がんのリスクは逆に低下するという。
初の研究 4万超の女性を調査
 国際がん研究機関は、がんの発症リスクが上昇する原因として、脂肪の多い肉を食べ過ぎることを「ほぼ確定的」と分類している。その一方で、女性がこうした肉を食べ過ぎると、乳がんのリスクにどう影響するかはこれまで分かっていなかった。

 「食事と乳がんの関連を調べるために、長期間の研究が必要となります。今回の研究はそれをはじめて提示するものです」と、米国立衛生研究所のデール サンドラー氏は言う。

 研究は、国立環境衛生科学研究所が実施している、環境リスク要因と乳がんの発症との関連について調査しているコホート研究「シスター研究」に参加した35〜74歳の女性を対象に行われた。

 研究チームは、4万2,012人の女性を平均7.6年間追跡して調査。食事調査からどんな肉をどれだけ食べているかという情報を得てデータベース化した。

関連情報
脂っこい肉を食べ過ぎると乳がんのリスクが23%増加
 追跡期間中に、1,536人が浸潤性乳がんと診断された。脂肪の多い牛肉や豚肉、羊肉の摂取量の増加は、乳がんのリスクの増加と関連していることが明らかになった。

 こうした肉をもっとも多く摂取した女性は、もっとも少ない量を摂取した女性と比較して、乳がんのリスクが23%増加した。

 研究チームは代替モデルを使用し、女性が高脂肪の肉を食べるのをやめ、低脂肪の鶏肉に切り替えた場合に、乳がんリスクがどけだけ変化するかを予測した。その結果、鶏肉を食べることが乳がんリスクの低下と関連することが明らかになった。

 低脂肪の鶏肉の摂取量の増加は、乳がんリスクの減少と関連していた。消費量がもっとも多い女性は、摂取量がもっとも少ない女性に比べ、乳がんリスクが15%減少した。

 乳がんの危険因子となる人種、社会経済的状態、肥満、身体活動、アルコール消費、その他の食事因子などの潜在的な交絡因子の影響を考慮したうえで、こうした傾向は変わらなかった。なお、肉の調理方法などについては関連はみられなかった。
低脂肪の鶏肉に置き換えると乳がんリスクは減少
 「低脂肪の鶏肉の摂取が乳がんのリスクを低下させるメカニズムについて、詳しくは解明されていませんが、高脂肪の牛肉や豚肉の食べ過ぎが乳がんの発生率を高めることが大規模調査で得られた意義は大きいといえます。そうした肉を低脂肪の鶏肉に置き換えるという単純な変更が、乳がんの発生率を減らすのに役立つ可能性があります」と、サンドラー氏は言う。

 今回の研究のポイントは、乳がんのリスクと関係するが低脂肪の鶏肉である点だ。これまでの研究で、高脂肪の鶏肉、たとえば皮の付いたフライドチキンを大量に摂取すると、乳がんリスクは逆に高くなることが示されている。

 ハムやソーセージなどの加工肉を食べると、がんリスクが上昇するという研究も報告されている。赤肉や加工肉を食べ過ぎると、血中のコレステロールが増え過ぎてしまう。

 また、赤肉や加工肉にはヘム(赤肉の赤い色素)が含まれ、肉を高温調理する際に生成される成分にも発がん性があるという報告もある。コレステロールの摂取量が多いとある種のがんの罹患率が高くなることは、日本人の食事摂取基準でも報告されている。
日本人でも肉を食べる食事スタイルが増えている
 研究では、高脂肪の肉の摂取量を減らすことで、結腸直腸がん、心血管疾患、2型糖尿病、肥満、全死亡などの危険性を下げられることも分かった。「こうした疾患のリストに、乳がんを追加することは合理的です」と、サンドラー氏は指摘する。

 「肉は良質なタンパク質の供給源になりますが、食べ過ぎには注意が必要です。植物性食品を増やし、運動を習慣として行い、あらゆる形態のたばこを避け、睡眠を十分にとることが、体を良好に保ち、健康を維持し、がんと闘えるようにするために必要です」と、サンドラー氏は述べている。

 なお、日本人の赤肉や加工肉の平均的な摂取量は海外に比べて少ない。動物性食品に含まれるタンパク質は、健康を維持するためにある程度は必要だ。

 国立がん研究センターが公開している「日本人のためのがん予防法」では、食事については「塩蔵品を控えること」「野菜・果物不足にならないこと」「熱い飲食物をとらないこと」を提唱しているが、食肉については具体的な記述はない。

 しかし、日本人でも特に若い世代で、肉を食べる食事スタイルがこの30年間で増えている。肉を極端に制限する必要はないが、食べ過ぎには注意したい。

Substituting Poultry for Red Meat May Reduce Breast Cancer Risk(International Journal of Cancer 2019年8月7日)
Association between meat consumption and risk of breast cancer: Findings from the Sister Study(International Journal of Cancer 2019年8月6日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
【新型コロナ】薬膳レシピで「コロナうつ」「コロナ疲れ」に克つ 食養生で心身の不調を解消 近畿大学

 ▶ 一無・二少・三多

2021年02月01日
「全国生活習慣病予防月間2021」がスタートしました!
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート