一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる

キーワード: 認知症 セルフケア 疲労(休養不足)

 認知症患者の介護者は、睡眠時間を確保するのが難しくなり、睡眠時間を週に2.5〜3.5時間失っているという調査結果が発表された。一方で良い知らせもあり、シンプルで低コストの介入により、介護者の睡眠の時間と質を改善できることも明らかになった。
認知症患者の介護者は睡眠時間を週に2.5〜3.5時間失っている
 米国のベイラー大学が、認知症患者の介護者の睡眠の時間と質について調べた35件の研究をもとに、3,268人の介護者を対象とした解析結果を発表した。

 世界保健機関(WHO)によると、世界の5,000万人が認知症で、年間に1,000万人が新たに認知症を発症しており、有病者数は2050年までに1億3,100万人に増加すると予想されている。

 認知症を発症すると、多くの患者に食事、入浴、身づくろい、失禁、記憶喪失などの障害があらわれ、患者は自立的な生活をおくるのが困難になる。

 アルツハイマー病協会によると、認知症患者を介護している家族などの介護者は、週に平均21.9時間を介護に費やしている。これは、無償のハードな仕事を人生に課しているかのようだという。

 認知症の介護には、多くのストレスや苦労、苦痛がともなう。これに加え毎週3.5時間の睡眠を失うことは、介護者の精神的および肉体的なダメージをもらたすおそれがある。

 しかし、「低コストの行動介入により、介護者の睡眠の質を改善でき、生活の内容や質を大幅に改善することが分かりました」と、ベイラー大学の心理・神経科学部のチェンル ガオ氏は言う。
適切なケアで睡眠の質が大きく改善
 研究チームが、認知症や介護などに関連する35件の論文を分析した結果、介護をしているグループ(3,268人、平均年齢63.48歳、女性76.7%)では、同年代で家族の介護をしていないグループ(696人)に比べて、睡眠時間が週に2.42〜3.50時間短く、睡眠の質も明らかに低いことが明らかになった。

 「介護者は世界でもっとも献身的で多忙な人たちだと言えますが、睡眠不足は介護者の生活の質を損ねる原因になるだけでなく、介護の質の低下にもつながります」と、睡眠・神経科学研究所のディレクターのマイケル スカリン氏は言う。

 睡眠不足が続くと注意力が散漫になり、投薬量を間違えたり、感情的に過剰に反応してしまうおそれがある。

 その一方で、睡眠に関するケアを受けた介護者は、受けていない介護者に比べて睡眠の質が改善していたことも分かった。

 就寝時間を毎日規則正しく調整し、なるべくリラックスするようにし、朝に日光を浴びたり、適度な運動を行うというシンプルな介入により、介護者の睡眠を顕著に改善できるという。

 「睡眠は行動変容を通じて改善することができます」と、ガオ氏は強調している。
介護者の生活の質が低下するのを防ぐ
 一般に、年齢が高くなると若い時よりも睡眠時間は短くなる傾向があり、また介護者は睡眠時間を短く申告している可能性がある。そうした影響を差し引いても、介護者の多くが十分な睡眠時間をとられていないことは明らかだという。

 認知症患者の夜間の覚醒や徘徊などは、介護者の睡眠障害の一因となっている可能性がある。慢性的なストレスは、睡眠の時間と質に悪影響をもたらすと、研究者は指摘している。

 さらにストレスに対する不健康な反応が、アルコール摂取量の増加や運動量の減少などにつながり、良い睡眠をとれなくなっている可能性がある。

 介護は前向きで豊かな経験であるという「エンパワーメント」にもとづく見解がある一方で、介護には大きなストレスがかかり、未来を予測しにくいため、介護者の生活の質が低下するのをできるだけ防ぐべきだとする「環境ストレッサー」にもとづく見解がある。

 「質の悪い睡眠が長期的かつ潜在的に累積すると、潜在的に健康に悪影響をもたらします。世界中で認知症の介護者のニーズが高まっており、医療スタッフは患者だけでなく、介護をしている配偶者や子供などの家族に対しても介入をして、睡眠を改善するためのケアを提供することが必要です」と、ガオ氏は指摘している。

Caregivers of People with Dementia Are Losing Sleep(ベイラー大学 2019年8月23日)
Sleep Duration and Sleep Quality in Caregivers of Patients With Dementia(JAMA 2019年8月23日)
認知症(世界保健機関 2019年5月14日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
腸内フローラが「睡眠の質」に影響 腸内環境と脳は相互に作用 食事で睡眠を改善できる可能性
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策

テーマ ▶ セルフケア

2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2019年09月12日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年08月23日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年07月31日
「口から食べる」ことが健康維持に役立つ よく噛むとホルモン分泌が増える
2019年06月24日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート