一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表

キーワード: 高血圧 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 「無煙」喫煙は万病の元 「少酒」お酒はほどほどに 「少食」食事は腹7~8分目 「多動」身体を活発に動かす

 日本高血圧学会は、10月に東京で開催された第42回日本高血圧学会総会に先立ち、プレスセミナーを開催した。同学会の理事長の伊藤裕氏(慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科教授)は、台風19号による甚大な被害をふまえ、学会としての対応を発表した。
日本高血圧学会、被災者向けのQ&Aを発表
 「被災によるストレスや、血圧の管理が不十分になることで、いわゆる"災害高血圧"が生じやすくなります。適切な血圧管理を行わないと、脳卒中や心臓血管症の引き起こす原因になります」と、同学会では述べている。

 甚大な被害が広範囲に広がり、避難生活が長引く被災者も多くなると考えられる。「被災地での高血圧診療を含めた脳卒中・心臓血管病の医療が円滑に行われるよう、現地の医療機関や関連する施設と協力して支援を行ってまいります」と、同学会は協調。

 最初の対応として、被災地の高血圧患者から多く寄せられる質問と回答をまとめ「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」と題して学会サイトで発表した。

 同学会は「被災後もできるだけ適切な血圧管理をしてほしい。避難所に送られる支援物資は調理の簡単なカップラーメンやパンが多い。塩分が多い食事になり、血圧が上がる人もいる。送る方は減塩食品を選ぶなどの配慮をして欲しい」と話している。
被災して薬がない場合には?
 Q&A形式でまとめられた文書では、災害時の血圧管理で注意すべき点がまとめられている。

 被災して薬がない場合は、血圧を上げる食塩の摂取量を減らすようにすることがもっとも重要だ。適度に全身運動をすることを心がける必要もある。寒さや睡眠不足でも血圧は上がるため、できるだけ体を温めて睡眠確保を心がける。

 薬があっても、飲む時間が不規則になり、頭痛になる人もいる。高血圧だけでなくストレスでも頭痛は起こる。もし収縮期血圧が150mmHgを超えたときには、医療関係者に相談する。頭痛には危険なものとそうでないものがあるので注意する。

 薬を飲んでも血圧が下がらないケースもある。睡眠不足や不安感など、精神状態や環境の変化で血圧は上がることがある。一次的な上昇なら心配はないが、寒さで血圧が上がる場合は、下半身を中心に体を温める。

 収縮期血圧が120mmHgを下回ったり、いつもより血圧が低い気がする場合は、十分な食事がとれていなかったり、熱の後の脱水が関係している場合がある。薬の中断や、脱水の治療が必要な場合があるので医療機関に相談する。

 薬が足りなくなり、ふだんと違う種類の血圧降下薬を飲むように医師にいわれた場合は、指示通りにに飲む。頭痛、ふらつき、むくみなどが出てくるようなら医師などに相談する。
被災した家屋から薬が出てきた場合
 血圧降下薬は必ずしも食後服用でなくても良いお薬がほとんどだ。1日1回の内服薬であれば、食後に限らずどの時間でも飲んでよい。飲み忘れた時に、別の時間帯に飲むのもよい。1日2回に分かれている薬は、8時間以上間隔をあけて飲む。

 被災した家屋から薬が出てきた場合には、浸水していなく、シートに破損がない場合には飲んでも大丈夫だ。しかしシートが浸水している場合やシートに破損がある場合には、水分その他の物質により薬の成分が変わっている可能性もあので、飲まない方が無難だ。

 夫婦など高血圧で治療中の他の方から薬をもらう場合は、同じ名前の薬であれば飲んでも大丈夫。ただし、1錠の用量が違うことがあるので、用量(mg)を確認する。

 夫婦など2人のうちどちらか一方に大きな合併症(腎臓病・心臓病・脳卒中・喘息など)がある場合には、互いの薬を飲まない方が安全だ。

特定非営利活動法人 日本高血圧学会
被災された皆様へ:災害時の血圧管理で注意すべき点をまとめました(日本高血圧学会)
大地震をはじめとする自然災害で被災された皆様へ 各種関連ガイドライン(日本高血圧学会)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年11月12日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表
2019年08月08日
「新型たばこ」はやはり危険 WHOが報告書「規制の対象とするべき」
2019年08月07日
「治療と仕事の両立」は困難と6割超が回答 多様な働き方を選択できる社会へ

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

一無・二少・三多 ▶ 「少酒」お酒はほどほどに

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表
2019年10月04日
遺伝性の脂質異常症「家族性高コレステロール血症」 若いうちからLDL-Cが上昇
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年02月19日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月12日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2019年12月06日
【2/5市民公開講演会「多動で生活習慣病・がん予防」参加者募集中!】全国生活習慣病予防月間2020
2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年11月12日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表

 ▶ 一無・二少・三多

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート