一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる

キーワード: 疾患 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 「無煙」喫煙は万病の元 「少食」食事は腹7~8分目 「多動」身体を活発に動かす

世界糖尿病デー
 「世界糖尿病デー」が、160ヵ国以上の10億人以上が対象に、11月14日に開催される。
 世界糖尿病デーの2019年のテーマは「糖尿病と家族(Family and Diabetes)」だ。
 糖尿病に立ち向かうために、家族の協力が不可欠だと強調されている。
11月14日は「世界糖尿病デー」
糖尿病は深刻だが、十分な知識をもって適切に対処すれば、克服できる病気
 世界糖尿病デーは、糖尿病の脅威が世界的に拡大しているのを受け、世界規模で糖尿病に対する注意を喚起しようと、国際糖尿病連合(IDF)と世界保健機関(WHO)によって1991年に開始され、2006年には国連の公式の日になった。

 11月14日は、1922年にチャールズ ベストとともにインスリンを発見したフレデリック バンティングの誕生日にあたる。インスリンの発見により、糖尿病治療は飛躍的な進歩をとげた。

 世界糖尿病デーの2019年のテーマは「糖尿病と家族(Family and Diabetes)」だ。

 世界糖尿病デーのシンボルである「ブルーサークル」は、世界的に増加を続ける糖尿病に対する認知を拡大し、一致団結して対策を進める必要性を呼び掛けるために掲げられる。

オンラインアプリ「あなたの糖尿病のリスクを知ろう」
今後10年間に2型糖尿病を発症するリスクを3分で判定
家族で取り組めば、糖尿病の予防や治療はもっと良くなる
 IDFは「糖尿病と家族」というテーマで、2年間のキャンペーンを計画している。開発やプロモーション、参加の呼びかけを世界規模で実施する。

 2019年の世界糖尿病デーのテーマである「糖尿病と家族」では次のことが重視されている。
▼糖尿病が患者だけでなく、家族にも影響を与えることを理解し、支援のためのネットワークを整備すること。
▼糖尿病のマネージメント、治療、予防、教育などで、家族が果たす役割を促進すること。

 食事や運動、薬物療法など、糖尿病のコントロールを改善するうえで、家族は重要な役割を担っている。教育や医療資源、環境を整備し、健康的な生活スタイルを選ぶために、家族についてもう一度見直すことが必要だ。

 2型糖尿病の有病者の2人に1人は未診断だ。糖尿病合併症を予防するために、糖尿病を早期診断を治療を開始することが重要だ。とくに1型糖尿病では、早期に診断し治療をしないと、重篤な障害あるいは死亡に至ることがある。患者とその家族を救うために、糖尿病の兆候と症状について知っておく必要がある。

 1型糖尿病を含めたすべてのタイプの糖尿病について、兆候や症状、危険因子に最初に気付くのは患者の家族であることが多い。家族は糖尿病の影響を潜在的に受けやすいことに注意を向ける必要がある。

世界糖尿病デーのポスター
「糖尿病:あなたの家族を守ろう 2型糖尿病の半分以上は予防できる」
糖尿病の医療費が家計を圧迫している
 2型糖尿病の多くは、健康的な生活スタイルにより予防が可能だ。家族の糖尿病リスクを低下させるための対策は家庭で始められる。

 家族が健康的な食事や運動の習慣を共有すれば、2型糖尿病を予防・改善するのはより容易になる。

 また、糖尿病の医療費は、患者だけでなく、家族にとっても大きな負担になる。途上国には、インスリンなどの医薬品や治療費が、家族の可処分所得の平均の半分に及んでしまい、治療を受けられないでいる患者が多くいる。

 定期的な治療と検査に安定してアクセスできるようするには、医療費を抑えることが欠かせない。医療機関へのアクセスを保障し、糖尿病の治療薬の価格を抑え、糖尿病患者とその家族の経済的な負担を減らすために、世界的な対策が必要とされている。
糖尿病の予防プログラムに家族で参加
 糖尿病の治療において、家族を支援することが、患者の健康を改善する大きな効果をもたらすことが、多くの研究で示されている。また、ストレスなどの精神的な負担は治療の妨げになり、生活の質を下げることが知られている。

 しかし現状では、糖尿病の教育プログラムに参加できる患者は2人に1人以下、家族は4人に1人以下だ。糖尿病とともに生きる人に加えて、その家族も支援し、糖尿病の自己管理を助けることが重要だ。

 医療従事者にも、糖尿病患者とその家族を支援し、糖尿病のコントロールを助けるための知識とスキルが求められている。

 もっとも重要なことは、糖尿病予備群と指摘された人の多くは、栄養バランスのとれた健康的な食事、運動の習慣化、健康的な生活環境を促進することで2型糖尿病の発症を防げることだ。

 IDFによると、世界の糖尿病をめぐる現状と課題は次の通り――。

●糖尿病とともに生きる人の数は世界で4億2,500万人以上。成人の11人に1人が糖尿病。

●糖尿病が疑われる人の半分は診断を受けでおらず、適切な治療を開始できていない。

●適切な糖尿病の治療を行わないでいると、心臓疾患、脳卒中、腎不全、失明、足切断といった深刻な糖尿病合併症が引き起こされる。

●糖尿病は早期死亡の主要な原因。世界では糖尿病のために、8秒に1人が亡くなっている。

●糖尿病のある人は、そうでない人に比べ、心血管疾患の発症リスクが3倍高い。腎不全の発症リスクは10倍に上昇する。

●糖尿病のある人の3人に1人は生涯になんらかの視力障害を経験する。

●世界で30秒に1人が糖尿病のために下肢切断を強いられている。
IDFが公開している「世界糖尿病デー」のビデオ
世界糖尿病デー(World Diabetes Day)
国際糖尿病連合(IDF)
世界糖尿病デー(世界糖尿病デー実行委員会)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
野菜と全粒穀物を食べると糖尿病を予防できる 少しでも食事に加えると効果 食物繊維が善玉の腸内菌を増やす
2020年08月12日
「生きがい」が65歳以上の働く人の健康効果を高める 「金銭目的」のみだと健康感と生活機能が悪化
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月28日
【新型コロナ】感染再拡大に備えて ここまで分かってきた「感染するとどうなる? どういう人が重症化する? 」

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
野菜と全粒穀物を食べると糖尿病を予防できる 少しでも食事に加えると効果 食物繊維が善玉の腸内菌を増やす
2020年08月12日
自宅で"筋活"を行いロコモ予防 筋肉量と筋力の向上を目指す「ロコモ予防運動プログラム」を始動 順天堂大
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月28日
【新型コロナ】感染再拡大に備えて ここまで分かってきた「感染するとどうなる? どういう人が重症化する? 」

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月28日
お酒とタバコは「食道がん」リスクを高め合う 両方あるとリスクは17倍に上昇 片方を止めただけでも予防効果が
2020年07月28日
喫煙率が下がらないのは社会格差が広がっているから? とくに若い世代でタバコの格差は拡大
2020年07月10日
スマホで「禁煙アプリ」を使うと禁煙の成功率が高まる 医師が処方するアプリの有効性を実証
2020年06月26日
涙で乳がんを早期発見 簡単で痛みのない検査を可能に エクソソームを超高感度で検出

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】今冬にはインフルエンザと新型コロナが同時に流行 「両方の検査を」と日本感染症学会が提言
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
野菜と全粒穀物を食べると糖尿病を予防できる 少しでも食事に加えると効果 食物繊維が善玉の腸内菌を増やす
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月12日
野菜と全粒穀物を食べると糖尿病を予防できる 少しでも食事に加えると効果 食物繊維が善玉の腸内菌を増やす
2020年07月28日
野菜を食べると体重が減りやすい 日本人5万人超を調査 果物の食べ過ぎには注意
2020年07月28日
「フレイル」のリスクは太り過ぎでもやせ過ぎでも上昇 低栄養を減らして予防
2020年07月28日
お酒とタバコは「食道がん」リスクを高め合う 両方あるとリスクは17倍に上昇 片方を止めただけでも予防効果が

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
自宅で"筋活"を行いロコモ予防 筋肉量と筋力の向上を目指す「ロコモ予防運動プログラム」を始動 順天堂大
2020年07月28日
夏場にマスクを着用して運動すると熱中症の危険が 「マスクをはずして休憩を」と呼びかけ
2020年07月28日
「フレイル」のリスクは太り過ぎでもやせ過ぎでも上昇 低栄養を減らして予防

 ▶ 疾患

2019年11月12日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる
2018年08月06日
「一般社団法人日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会」が発足
2018年08月01日
糖尿病治療に「IoT」を活用 スマホで治療を改善 【参加者を募集中】
2018年07月31日
熱中症予防に関する緊急提言 小児や高齢者など「熱中症弱者」に注意を
2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 2017年度の講習会の日程を公開

 ▶ 一無・二少・三多

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】今冬にはインフルエンザと新型コロナが同時に流行 「両方の検査を」と日本感染症学会が提言
2020年08月13日
【新型コロナ】心理的不安が予防行動に大きく影響 個人差に合わせた対策とケアが必要
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート