一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる

キーワード: 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 動脈硬化 「少食」食事は腹7~8分目 三多(多動・多休・多接) 「多休」休養をしっかりとる

 富山大学の研究グループが、和食の普及を後押しするような研究を発表した。妊娠中に味噌汁を飲むことの多かった女性から生まれた子供は、あまり飲まなかった女性の子供に比べて、睡眠不足になりにくいことが分かった。
和食の普及を後押しする研究
 2013年にユネスコの無形文化遺産に登録され、和食の人気が高まっている。和食の特長は、腸内の善玉菌を増やす食物繊維が豊富なことや、食材が多様で栄養バランスに優れること、味噌などの発酵食品が多いことなど。

 富山大学の研究グループが、和食の普及を後押しするような研究を発表した。妊娠中に味噌汁を飲むことの多かった女性から生まれた子供は、あまり飲まなかった女性の子供に比べて、睡眠不足になりにくいことが分かった。

 研究は、富山大学医学部公衆衛生学講座の杉森成実氏らの研究グループによるもので、詳細は「PLOS ONE」に掲載された。2010年度より全国10万組の親子を対象に行われている大規模な調査「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」の成果だ。
概日リズムが腸内細菌叢の影響を受ける
 人は通常、毎日決まった時間に起床・就寝し、おおむね一定のリズムで生活している。このリズムを「概日リズム(体内時計)」と呼ぶ。概日リズムは、日光を浴びる時間帯や食事の影響を受けやすいことが知られている。

 幼少期に概日リズムが乱れて睡眠不足に陥ると、体の発達、とくに肥満に影響することが知られている。子供の概日リズムに影響を及ぼす要因については、さまざまな角度から研究が行われている。

 一方、発酵食品の摂取が、腸内細菌叢に影響を与え、健康維持に役立つ可能性があることも分かってきた。母親の腸内細菌は子供に受け継がれ、妊娠中の発酵食品の摂取が子供の発達や生活習慣に影響を及ぼす可能性がある。さらに近年では、概日リズムが腸内細菌叢の影響を受けることも報告されている。

 こうしたことから、研究グループは今回の研究で、妊娠中の発酵食品の摂取が、生まれてきた子供の睡眠時間にどう影響するかを調べた。エコチル調査に参加した7万2,624組の母子を対象に、子供が1歳の時点での睡眠不足について調査した。
味噌汁の摂取量が多い母親では睡眠不足の子が少ない
 妊娠中の発酵食品の摂取状況については、食事の摂取頻度に関する調査票により、味噌汁、ヨーグルト、チーズ、納豆について回答してもらった。また、子供の睡眠時間については、1日11時間未満を「睡眠不足」と定義した。対象を、妊娠中の味噌汁の摂取量で4群に分け、子供の睡眠不足との関連を解析した。

 その結果、味噌汁の摂取量が多い群では、少ない群に比べ、睡眠不足の子が少ないことが明らかになった。子供が睡眠不足になるリスクは、味噌汁の摂取量がもっとも少なかった群(10g/日)に比べ、1日に32.1gを摂取した群で8%、88.4gを摂取した群で13%、225gともっとも多かった群で8%、それぞれ低下した。

 一方、ヨーグルト、チーズ、納豆では、摂取量と睡眠不足との間に関連は認められなかった。
味噌汁など発酵食品を食べると腸内細菌が変わる
 富山大学は、早産リスクの低い日本人女性が、妊娠前に味噌汁やヨーグルト、納豆などの発酵食品を食べる頻度が高いと、妊娠34週未満の早期早産になりにくいという調査結果も発表している。早産となった女性とそうではない女性とでは腸内細菌の組成が異なることを報告している。

 「今回の研究が示された結果は、これまでにない新規性の高いものです」と、研究グループは評価。一方で、「妊娠中に飲んだ味噌汁の成分や腸内細菌が子供の睡眠時間に影響していたかどうかを直接調べたわけではなく、味噌汁以外の要因が関与している可能性も考えられます。今後さらに介入研究を重ねる必要があります」とコメントしている。

富山大学医学部公衆衛生学講座
Association between maternal fermented food consumption and infant sleep duration: The Japan Environment and Children's Study(PLOS ONE 2019年10月4日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
野菜と全粒穀物を食べると糖尿病を予防できる 少しでも食事に加えると効果 食物繊維が善玉の腸内菌を増やす
2020年08月12日
「生きがい」が65歳以上の働く人の健康効果を高める 「金銭目的」のみだと健康感と生活機能が悪化
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月28日
【新型コロナ】感染再拡大に備えて ここまで分かってきた「感染するとどうなる? どういう人が重症化する? 」

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
野菜と全粒穀物を食べると糖尿病を予防できる 少しでも食事に加えると効果 食物繊維が善玉の腸内菌を増やす
2020年08月12日
自宅で"筋活"を行いロコモ予防 筋肉量と筋力の向上を目指す「ロコモ予防運動プログラム」を始動 順天堂大
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月28日
【新型コロナ】感染再拡大に備えて ここまで分かってきた「感染するとどうなる? どういう人が重症化する? 」

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】今冬にはインフルエンザと新型コロナが同時に流行 「両方の検査を」と日本感染症学会が提言
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
野菜と全粒穀物を食べると糖尿病を予防できる 少しでも食事に加えると効果 食物繊維が善玉の腸内菌を増やす
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】今冬にはインフルエンザと新型コロナが同時に流行 「両方の検査を」と日本感染症学会が提言
2020年08月13日
【新型コロナ】心理的不安が予防行動に大きく影響 個人差に合わせた対策とケアが必要
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め

疾患 ▶ 動脈硬化

2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
「生きがい」が65歳以上の働く人の健康効果を高める 「金銭目的」のみだと健康感と生活機能が悪化
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月28日
なぜ運動? 運動により世界の390万人以上の命が救われている 運動はメンタルにも良い
2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月12日
野菜と全粒穀物を食べると糖尿病を予防できる 少しでも食事に加えると効果 食物繊維が善玉の腸内菌を増やす
2020年07月28日
野菜を食べると体重が減りやすい 日本人5万人超を調査 果物の食べ過ぎには注意
2020年07月28日
「フレイル」のリスクは太り過ぎでもやせ過ぎでも上昇 低栄養を減らして予防
2020年07月28日
お酒とタバコは「食道がん」リスクを高め合う 両方あるとリスクは17倍に上昇 片方を止めただけでも予防効果が

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】心理的不安が予防行動に大きく影響 個人差に合わせた対策とケアが必要
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
「自然音」にリラックス効果が 「花」を見るだけでも癒し効果を得られる コロナ禍のストレス管理に有効
2020年07月28日
夏場にマスクを着用して運動すると熱中症の危険が 「マスクをはずして休憩を」と呼びかけ

 ▶ 一無・二少・三多

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】今冬にはインフルエンザと新型コロナが同時に流行 「両方の検査を」と日本感染症学会が提言
2020年08月13日
【新型コロナ】心理的不安が予防行動に大きく影響 個人差に合わせた対策とケアが必要
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート