一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験

キーワード: 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 肥満症/メタボリックシンドローム 動脈硬化 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア 「少食」食事は腹7~8分目 「多休」休養をしっかりとる 認知症

 酸化ストレスが認知症の原因として重要な因子であり、抗酸化作用のあるサプリメントにより認知症を予防できるという研究を、岡山大学が発表した。
酸化ストレスを抑えることで認知症を予防できる
 認知症は日本で急速に増加しており、厚労省の新オレンジプランによると、2025年には有病者数は700万人になると推定されている。しかし、アルツハイマー型認知症に有効な新薬は2011年7月以降登場しておらず、認知症の新薬の開発が喫緊の課題となっている。

 その中で、岡山大学の研究チームが、酸化ストレスが認知症の原因として重要な因子であり、抗酸化作用のあるサプリメントにより認知症を予防できる可能性があることを世界ではじめて明らかにした。

 「軽度認知障害(MCI)」とは、今後認知症になる可能性の高い認知症の前段階のこと。現在の医療ではMCIの段階では、薬剤を投与することはできない。薬による治療を開始できるようになるのは、時間の経過により進行して認知症と診断されたときだ。

 既存の認知症の治療薬は副作用が多く、進行を確実に止めるられものではない。しかし、MCIの段階から抗酸化配合剤を服用すれば、酸化ストレスを抑えることで認知症の予防ができる可能性があることがはじめて明らかになった。
認知症を予防する効果があるサプリメント
 研究で使用した抗酸化配合剤「Twendee X(トゥエンディX)」は、安全性試験が実施されているサプリメントで、岐阜大学科学研究基盤センター抗酸化研究分野の犬房春彦特任教授によって研究開発された。

 この研究により「Twendee X」は、認知症予防学会エビデンス創出委員会により、6段階ある認定グレードでA判定「認知症を予防する効果がある」を受けた。

 アミロイドβは、アルツハイマー病患者の脳の老人斑に沈着するペプチド。また、タウタンパク質は、神経細胞で凝集・線維化するタンパク質。認知症の要因は、アミロイドβやタウタンパク質の異常だが、研究グループは今回の研究で、これに加え、脳の酸化ストレスが重要であることを世界ではじめて臨床試験で実証した。
日本人の軽度認知障害患者を対象に臨床研究を実施

 

 岡山大学脳神経内科などの研究グループは、抗酸化配合剤「Twendee X」の抗酸化作用を調べるために、動物実験を行った。

 このサプリメントを高齢のマウスに29週間投与した結果、56週齢時の何も投与していないマウスの脳では、新生神経細胞数(Tuj1陽性細胞)が6週齢の若年マウスと比較して65%程度に減少するのに対し、サプリメントを与えたマウスでは6週齢マウスと同等であり、さらに同週齢のマウスと有意差をもって増加することを明らかにした。

 マウス急性脳梗塞モデルにサプリメントを、梗塞前14日間+梗塞後5日間投与した群では、梗塞体積が3分の2に縮小したことがが確認された。酸化ストレスマーカー、炎症性マーカーも有意に減少しており、脳梗塞では酸化ストレスと炎症を抑えることで脳神経保護作用を得られることを確かめた。

 アルツハイマーモデルマウスにサプリメントを投与した群では、脳における神経の密度の低下を有意に抑制し、老人斑の沈着も減少したことも確認した。

 研究グループは、これらの基礎実験の結果をもとに、ヒトへの臨床研究を開始した。日本人のMCIの患者を対象に、前向き・ランダム化二重盲検、プラセボ・コントロール試験を実施した。

 「Twendee X」かプラセボか分からない状態にして6ヵ月間投与した後、MMSEと長谷川式スケール(HDS-R)で測定。その結果、このサプリメントを服用した群で、MMSE、HDS-Rの両方で、有意に改善した。酸化ストレスを抑えることでヒトの認知症を予防ができることを確認した。
今後は糖尿病やがんなど酸化ストレスの関わる疾患にも拡大
 このように、認知症の前段階であるMCI患者で、「Twendee X」は認知症の進行を抑制することが証明された。このサプリメントは医薬品に要求される安全性試験が行れており、副作用なく認知症の診断前からの投与が可能だという。今後は認知症と診断された患者に対しての臨床研究を予定しているという。

 酸化ストレスについては、認知症だけでなく、糖尿病、がん、潰瘍性大腸炎などの炎症性疾患、動脈硬化、肝炎・肝硬変、アレルギー性疾患、睡眠時無呼吸症候群、骨粗鬆症などの病因であることから、これらの疾患でも臨床研究を広げていく予定だ。

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経内科学
岐阜大学研究推進・社会連携機構科学研究基盤センター 抗酸化研究部門
日本認知症予防学会
TwendeeX(トゥインディX)(SUPALIV)
Clinical Benefits of Antioxidative Supplement Twendee X for Mild Cognitive Impairment: A Multicenter, Randomized, Double-Blind, and Placebo-Controlled Prospective Interventional Study(Journal of Alzheimer's Disease 2019年8月24日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
野菜と全粒穀物を食べると糖尿病を予防できる 少しでも食事に加えると効果 食物繊維が善玉の腸内菌を増やす
2020年08月12日
自宅で"筋活"を行いロコモ予防 筋肉量と筋力の向上を目指す「ロコモ予防運動プログラム」を始動 順天堂大
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月28日
【新型コロナ】感染再拡大に備えて ここまで分かってきた「感染するとどうなる? どういう人が重症化する? 」

疾患 ▶ 認知症

2020年07月28日
なぜ運動? 運動により世界の390万人以上の命が救われている 運動はメンタルにも良い
2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年07月10日
ビールのホップの苦味成分が認知機能を改善 物忘れのある中高年者を対象に臨床試験を実施
2020年06月26日
「ダンス」には認知機能を改善する効果がある 認知症予防の運動プログラムを開発
2020年06月12日
「腸内細菌」が認知機能にも影響 認知症の患者の腸内では悪玉菌が多く善玉菌が少ない

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】今冬にはインフルエンザと新型コロナが同時に流行 「両方の検査を」と日本感染症学会が提言
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
野菜と全粒穀物を食べると糖尿病を予防できる 少しでも食事に加えると効果 食物繊維が善玉の腸内菌を増やす
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」

疾患 ▶ 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
自宅で"筋活"を行いロコモ予防 筋肉量と筋力の向上を目指す「ロコモ予防運動プログラム」を始動 順天堂大
2020年08月12日
「生きがい」が65歳以上の働く人の健康効果を高める 「金銭目的」のみだと健康感と生活機能が悪化
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月28日
「フレイル」のリスクは太り過ぎでもやせ過ぎでも上昇 低栄養を減らして予防

疾患 ▶ 動脈硬化

2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
「生きがい」が65歳以上の働く人の健康効果を高める 「金銭目的」のみだと健康感と生活機能が悪化
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月28日
なぜ運動? 運動により世界の390万人以上の命が救われている 運動はメンタルにも良い
2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月12日
野菜と全粒穀物を食べると糖尿病を予防できる 少しでも食事に加えると効果 食物繊維が善玉の腸内菌を増やす
2020年07月28日
野菜を食べると体重が減りやすい 日本人5万人超を調査 果物の食べ過ぎには注意
2020年07月28日
「フレイル」のリスクは太り過ぎでもやせ過ぎでも上昇 低栄養を減らして予防
2020年07月28日
お酒とタバコは「食道がん」リスクを高め合う 両方あるとリスクは17倍に上昇 片方を止めただけでも予防効果が

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】心理的不安が予防行動に大きく影響 個人差に合わせた対策とケアが必要
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
「自然音」にリラックス効果が 「花」を見るだけでも癒し効果を得られる コロナ禍のストレス管理に有効
2020年07月28日
夏場にマスクを着用して運動すると熱中症の危険が 「マスクをはずして休憩を」と呼びかけ

 ▶ 一無・二少・三多

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】今冬にはインフルエンザと新型コロナが同時に流行 「両方の検査を」と日本感染症学会が提言
2020年08月13日
【新型コロナ】心理的不安が予防行動に大きく影響 個人差に合わせた対策とケアが必要
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート