一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明

キーワード: 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 ストレス関連疾患/適応障害 「少酒」お酒はほどほどに 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす 「多休」休養をしっかりとる 女性の健康

 京都府立医科大学は、漢方便秘薬に含まれる主要な生薬が、腸の水分分泌を増やすメカニズムを発見したと発表した。これまで漢方便秘薬の作用は経験的に知られていたが、科学的な機序はよく分かっていなかった。
漢方便秘薬の生薬成分を評価
 慢性的な便秘は一般的な胃腸障がいであり、日々の生活に深刻なストレスをもらたす。高齢者の10%が便秘と感じているとされ、超高齢社会を迎えた日本で、慢性便秘症患者の増加が予想されている。そのため、便秘を解消する便通改善成分をもつ薬の開発が望まれている。

 日本で広く用いられている漢方便秘薬は、便通効果があり、副作用も少ないことが経験的に知られている。しかし、腸の細胞での水分分泌調節のメカニズムは詳しくは分かっていなかった。

 そこで研究グループは、漢方便秘薬に含まれる主要な生薬成分の水分分泌能の機能を評価し、新たなイオン流出路を発見した。また、漢方便秘薬の潤腸湯や麻子仁丸に含まれるマシニン、キョウニン、トウニン、ダイオウといった生薬成分が、単独でも大腸上皮で水分分泌を引き起こすことも確認した。
漢方便秘薬の水分分泌作用を科学的に実証
 イオンチャネルとは、細胞膜にある膜タンパク質のことで、細胞膜を貫通する穴を作ることでイオンの通り道となっている。穴の開閉によってイオンの流れを制御して、イオン濃度などを調節している。

 マシニンが嚢胞性繊維症膜コンダクタンス制御因子(CFTR)クロライドチャネルを介してクロライドイオン(Cl−)を流出させる一方で、キョウニン、トウニン、ダイオウが大コンダクタンスCa2+活性化カリウムチャネル(BK)を介してカリウムイオン(K+)を流出させることが分かった。

 これらの生薬成分の組み合わせが、腸の細胞から腸管内へプラスに荷電したカリウムとマイナスに荷電したクロライドが同時に流出して、効率的に水の流出をもたらすことで、便秘改善(緩下)作用をもたらすことが明らかになった。

 潤腸湯や麻子仁丸といった漢方便秘薬は、生薬を組み合わせることで効果を得られることが経験的には分かっていたが、今回の研究で、腸の上皮細胞からカリウムイオンとクロライドイオンを同時に流出させることで腸の強力な水分分泌作用を発揮することが科学的に実証された。
便秘以外の疾患にも応用できる
 漢方便秘薬の作用を科学的で客観的に解明することは、便秘以外にも多くの疾患の治療・予防に応用できると考えられる。カリウムイオンチャネル活性化を促す生薬は、高血圧症、気道過敏症、勃起不全、てんかんの治療薬として、クロライドイオンチャネル活性化を促す生薬は、心筋梗塞、気管支炎、肺炎の治療薬としても期待できる。

 「新たな生薬の組み合わせによるより新しい効果的な漢方薬の開発や、生薬成分の分析結果をもととした創薬の開発が期待される」と、研究グループは述べている。

 研究は、福岡大学医学部の沼田朋大講師、京都府立医科大学の岡田泰伸特任教授らの研究グループによるもので、研究成果は英科学雑誌「Scientific Reports」オンライン版に掲載された。

福岡大学医学部生理学
Herbal components of Japanese Kampo medicines exert laxative actions in colonic epithelium cells via activation of BK and CFTR channels(Scientific Reports 2019年10月29日)

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年12月11日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明
2019年12月11日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 国立がん研究センター
2019年12月11日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験
2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月11日
腰痛は失業率が上昇すると増える 1%上昇するごとに77万人超が腰痛に
2019年12月11日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明
2019年12月11日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 国立がん研究センター
2019年12月11日
インフルエンザシーズン到来 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは

一無・二少・三多 ▶ 「少酒」お酒はほどほどに

2019年12月11日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明
2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表
2019年10月04日
遺伝性の脂質異常症「家族性高コレステロール血症」 若いうちからLDL-Cが上昇
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2019年12月11日
腰痛は失業率が上昇すると増える 1%上昇するごとに77万人超が腰痛に
2019年12月11日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明
2019年12月11日
インフルエンザシーズン到来 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月06日
【2/5市民公開講演会「多動で生活習慣病・がん予防」参加者募集中!】全国生活習慣病予防月間2020
2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2019年12月11日
腰痛は失業率が上昇すると増える 1%上昇するごとに77万人超が腰痛に
2019年12月11日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明
2019年12月11日
インフルエンザシーズン到来 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月11日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2019年12月11日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明
2019年07月11日
高齢者の難聴は「外出活動制限」「心理的苦痛」「もの忘れ」を増やす 13万人強を調査
2019年07月10日
メンタルヘルスケアが糖尿病患者の寿命を延ばす 血糖コントロールも改善
2019年06月06日
【健やか21】「自殺予防」リーフレットを公開しました
2019年05月22日
糖尿病とともに生きることに10人に7人が疲れている 糖尿病のメンタル支援が必要

テーマ ▶ 女性の健康

2019年12月11日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明
2019年10月07日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 糖尿病リスクが減少
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月17日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月05日
【健やか21】令和2年度「児童福祉週間」の標語を募集します

 ▶ 一無・二少・三多

2019年12月11日
腰痛は失業率が上昇すると増える 1%上昇するごとに77万人超が腰痛に
2019年12月11日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明
2019年12月11日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 国立がん研究センター
2019年12月11日
インフルエンザシーズン到来 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月11日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート