一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

生活を朝型にする乳がんリスクを減少できる 睡眠障害はホルモン分泌に影響

キーワード: 一無・二少・三多 がん 三多(多動・多休・多接) 「多休」休養をしっかりとる 疲労(休養不足)

 朝型生活をおくる女性は、夜型生活の女性に比べ、乳がんリスクが低い傾向があるという研究が発表された。
 「体内時計(24時間周期の概日リズム)」のずれが影響しており、体内時計に加わるストレスを軽減する方法を開発する必要があるという。
朝型の女性は乳がん発症リスクが低い
 米国では生涯で乳がんを発症する女性の割合が7人に1人とされている。過去の研究では、概日リズムを乱す交替勤務と乳がんリスクとの関連が示されている。これは体内時計が乱れるためと考えられてる。

 英国のブリストル大学が、英国人女性37万人超のデータを解析した結果、概日リズムが朝型の女性は夜型の女性に比べて、乳がん発症リスクが低いことが確かめられた。

 研究チームは、英国バイオバンクに登録された約15万人の女性、乳がん協会コンソーシアム(BCAC)に登録された約22万人の女性のデータを対象に、メンデルランダム化解析を行った。

 「クロノタイプ」は、個々の人で異なる、睡眠をとる時間的なタイミングの傾向をさす。一般に「朝型・夜型」と呼ばれるもので、体内時計によって強く影響されると考えられている。
クロノタイプに関連する一塩基多型(SNP)を解析
 研究チームは、対象者のクロノタイプ(概日リズムが朝型・夜型か)、睡眠時間、不眠症状と乳がんリスクの関連を調べた。

 その結果、概日リズムが朝型の女性では、夜型の女性に比べ、乳がんリスクが低下していた(ハザード比0.95、95%CI 0.93〜0.98)。

 さらに、バイオバンクの調査では、クロノタイプに関連する341個の一塩基多型(SNP)、睡眠時間に関連する91個のSNP、不眠症状に関連する57個のSNPを解析した。

 その結果、SNPの解析でも、概日リズムが朝型の女性では乳がんリスクが低下することが明らかになった(ハザード比0.85、95%CI 0.70〜1.03)。BCACのデータでも同様の結果になった。
体内時計に加わるストレスを軽減する必要が
 「クロノタイプと乳がんリスクの関係を示す強いエビデンスが得られました」と、ブリストル大学のレベッカ リッチモンド氏は結論している。

 付随論評を担当したオーストリアのウィーン医科大学のエヴァ ションハマー氏は、考えられる理由のひとつとして、「体内時計(24時間周期の概日リズム)」のずれを指摘する。

 「体内時計に加わるストレスを軽減する方法を開発する必要があります。それにより、睡眠障害を個別化して治療できるようになり、概日リズムが関連する慢性疾患のリスクを減らすことができます」と、ションハマー氏は言う。

 睡眠リズムが狂うと、傷んだ細胞を修復する働きなどをする成長ホルモンの分泌が乱れ、睡眠の質を高めるメラトニンの分泌も悪くなる。

 メラトニンの分泌は一般的に、深夜1時〜2時にピークになるが、その時間に光を浴びるとメラトニンが十分に分泌されなくなるおそれがある。

 メラトニンの影響は身体機能全体に及ぶが、女性ホルモンのエストロゲンを調節する働きもあると考えられている。メラトニンが十分に分泌されないと、エストロゲンが増え、乳がんの危険性が増す可能性がある。
眠れない時は医師や医療スタッフに相談
 乳がんは40〜50歳代の女性が多く発症し、この世代の女性は家事や子育て、仕事などで忙しく、睡眠不足に陥りがちだ。乳がんは、夜間勤務や夜間に光を浴びる生活で1〜2割高くなるという報告もある。

 更年期女性も、のぼせ・発汗・動悸などがきっかけに不眠になりやすい。

 さらに、乳がんの治療を受けている女性は、ホルモン療法により、頭痛、気分が落ち込む、イライラする、眠れないなどの症状があらわれることがある。

 不眠の症状に対処するため、睡眠薬や気分を安定させる薬が処方されることがある。カウンセリングも効果が期待できる。

 「眠れない時は、医師や看護師、緩和ケアチームのスタッフなどに相談することが勧められます」と、研究者は述べている。

Women who are 'larks' have a lower risk of developing breast cancer: analyses of genetic variants show the effect of sleep on breast cancer risk(英国立がん研究所 2018年11月6日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】薬膳レシピで「コロナうつ」「コロナ疲れ」に克つ 食養生で心身の不調を解消 近畿大学

 ▶ 一無・二少・三多

2021年02月01日
「全国生活習慣病予防月間2021」がスタートしました!
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート