一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

がん5年生存率が66.4%に改善 乳がんは92.2% がん治療も個別化が重要 国立がん研究センター

キーワード: 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 がん 「無煙」喫煙は万病の元 「少酒」お酒はほどほどに 「少食」食事は腹7~8分目

 全国のがん患者の5年生存率が66.4%になり、前回調査の66.1%から改善したと国立がん研究センターが発表した。センターのサイトでは病院ごとのデータを見ることもできる。
科学的根拠に基づくがん情報を提供
 国立がん研究センターは、専門的ながん医療を行う全国のがん診療連携拠点病院などから収集した院内がん情報を用いて、2018年の1年間に診断されたがん患者の診療情報(2018年全国集計)について報告書をまとめ公開を開始した。

 2018年に閣議決定された第3期がん対策推進基本計画では、「国民が必要な時に、自分に合った正しい情報を入手し、適切に治療や生活等に関する選択ができるよう、科学的根拠に基づく情報を迅速に提供するための体制を整備する」とされた。

 これを受けて、国立がん研究センターは、前回から引き続きがん診療連携拠点病院等のデータを用い、5年生存率、およびより早い段階の3年生存率集計を行った。

 対象となったのは、2013年1月1日〜12月31日までの1年間にがんと診断された患者。

 今回は、胃、大腸、肝臓、肺、乳房、食道、膵臓、子宮頸部、子宮体部、前立腺、膀胱、喉頭、胆嚢、腎、腎盂尿管の15部位について、部位・病期別等に生存率を集計した。
がんの5年後生存率は66.4%に改善 乳がんは92.2%
 対象となったのは、2011年までの2年間に全国のがん拠点病院など318の施設でがんと診断されたおよそ65万人。

 その結果、がん医療の効果をはかる指標とされる5年後の相対生存率は66.4%となり、前回の66.1%から改善した。

 性別にみると、男性が58.2%、女性が41.8%となり、男性がやや高い割合。診断時の年齢は、70歳代がもっとも多く、70歳代、80歳代以上を合わせると約48%の割合だった。

 がんを種類別に、生存率が高い順にみると次の通り――。
(1)前立腺がん 98.8%
(2)女性の乳がん 92.2%
(3)子宮体がん 82.2%
(4)咽頭がん 80.6%
(5)腎臓がん 80.1%
(6)子宮頸がん 75.0%
(7)大腸がん 72.6%
(8)胃がん 71.4%
(9)ぼうこうがん 68.4%

 一方、生存率が低い順にみると次の通り――。
(1)膵臓がん 9.8%
(2)胆のうがん 29.3%
(3)肝臓がん 40.4%
(4)肺がん 41.4%
(5)食道がん 45.7%
(6)腎盂尿管がん 49.0%
乳がんは若い世代にも多い  今回の集計で、5種類(胃がん、大腸がん、肝臓がん、肺がん、乳がん)については、はじめてがんの種類とステージごとの5年生存率を患者の年代別に示した。いずれも高齢者は若い世代より生存率が低い傾向がみられる。

 女性の乳がんは、I期、II期が多く、いずれも生存率は高く、また前回に比べ改善している。他の部位と比較して、比較的若い世代の割合が多くなっている。

 年齢は大きな要因で、たとえば乳がんII期の5年実測生存率をみると、全体では91.4%だが、40歳代では95.9%なのに対して70歳以上では90%を下まわっている。

 他の部位においても、今後10年生存率を算出していく予定だが、とくに乳がんは若い世代が多いことを考え、より長期的な視野でみていくことが重要としている。
 前立腺がんは、相対生存率がほぼ100%となっている。病期別にみても、I期、II期、III期ともに相対生存率は100%を超えている。この結果をみると、前立腺がんの患者と日本人全体を比較したとき、5年後に生存している割合はほとんど変わりがないと考えられる。
がん治療も個別化が重要
 5種類のがんについては、病院ごとにステージ別の生存率をまとめたデータも出され、国立がん研究センターのウェブサイト「がん情報サービス」で確認できる。

 自治体や病院ごとに患者の年齢や病状の構成が異なるため、医療機関の治療成績を示すものではなく、単純には比較できないものの、医療機関の特徴を知る際の参考になるとしている。

 「国立がん研究センターのウェブサイトでは、がん治療についての最新の情報を公開しています。数字だけを見て不安を感じる患者さんも少なくありませんが、生存率を見るときには、年齢を含め患者さんの個別性を考慮することが必要です。全国の拠点病院にある相談支援センターで相談するなどして、最新の治療について知ってほしい」と、同センターでは述べている。

国立がん研究センターがん対策情報センター「がん情報サービス」

がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計
2013年の3年生存率および2010〜2011年の5年生存率集計が公開されている。
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月06日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 「少酒」お酒はほどほどに

2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
【新型コロナ】薬膳レシピで「コロナうつ」「コロナ疲れ」に克つ 食養生で心身の不調を解消 近畿大学

 ▶ 一無・二少・三多

2021年02月01日
「全国生活習慣病予防月間2021」がスタートしました!
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート