一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 糖尿病 がん 「無煙」喫煙は万病の元 「少酒」お酒はほどほどに 「少食」食事は腹7~8分目 飲酒 喫煙 食生活 身体活動・運動不足

 5つの健康的な生活スタイルを維持することで、2型糖尿病、心血管疾患、がんといった慢性疾患を発症しないでいられる期間を延長できることが、米国の研究で明らかになった。5つの生活スタイルを実行することで、平均余命は女性で10年以上、男性では8年近く長くなるという。
5つの生活スタイルを実行すると寿命が延びる
 ハーバード大学公衆衛生大学院が提唱する「5つの健康的な生活スタイル」とは、▼健康的な食事を摂ること、▼運動を習慣として行うこと、▼健康的な体重を維持すること、▼アルコールを飲み過ぎないこと、▼喫煙しないこと。

 こうした生活スタイルを中年期に実行することで、2型糖尿病、心血管疾患、がんの発症リスクを低下できることが確かめられている。

 研究チームが2018年に発表した研究では、5つの健康的な生活スタイルを実行することで、約30年間の研究期間中に、心血管疾患で死亡する割合が82%低下し、がんで死亡する割合が65%低下したことが明らかになった。

 5つの健康的な生活スタイルをすべて実行している人は、まったく実行していない人に比べ、期間中に死亡する可能性が74%低く、平均余命が男性で平均12年、女性で平均14年、それぞれ延長するという結果になった。
糖尿病、心臓病、がんの発症を遅らせることができる
 「これまでの研究で、健康的な生活スタイルにより慢性疾患のリスクが低下し、平均余命が延びることは分かっていましたが、生活スタイルが病気のない期間にどう影響するかを研究はほとんどありませんでした」と、ハーバード大学公衆衛生大学院の栄養学部の上級研究員であるヤンピン リー氏は言う。

 そこで、研究チームは今回の研究で、健康的な生活スタイルを続けると、糖尿病、心血管疾患、がんとった慢性疾患を発症することなく、健康に生きられる期間を延長できるかを検証した。

 研究チームは、「看護師健康研究(Nurses' Health Study)」に参加した7万3,196人の女性を平均34年、「医療者追跡研究(Health Professionals Follow-up Study)」に参加した3万8,366人の男性を平均28年、それぞれ追跡した調査した。

 健康的な食事は「代替健康的な食事指数(Alternate Healthy Eating Index)」の得点で判定。運動については、中等度から活発な運動を1日に30分以上行っている場合を運動習慣ありと判定した。

 体重については、体格指数(BMI)が18.5〜24.9の場合を健康的な体重と判定。アルコールについては、男性は1日に2ドリンクまで、女性は1ドリンクまでを飲んでいる場合に適度な飲酒と判定した。
余命に女性で10年以上、男性では8年近くの差が
 その結果、50歳で健康的な生活スタイルを1つも実行していない人は、平均余命が、男性は23.5年、女性は23.7年だったのに対し、4〜5つ実施していると、男性は31.1年、女性は34.4年に延長されることが分かった。

 一方、もっとも平均余命が短かったのは、ヘビースモーカーで肥満のある男女だった。

 「糖尿病、心血管疾患、がんとった慢性疾患は、高い医療費が必要となるだけでなく、患者の生活の質(QOL)を低下します。生活スタイルを改善し、健康的な食事や運動を続ければ、QOLが向上し、医療費も削減できます」と、ハーバード大学公衆衛生大学院栄養学部のフランク フー教授は言う。

 「これまで以上に健康的な生活スタイルを促進する公共政策を推し進めるべきです」と、フー教授は指摘している。「米国人は健康的な生活を送ることに関心をあまり払わない傾向があります。健康的な食品の流通を増やし、都市計画を立案し、社会環境を整備するために、より多くの注力が必要です」。

Following healthy lifestyle habits at middle age may increase years lived free of chronic diseases(ハーバード大学公衆衛生大学院 2020年1月8日)
Healthy lifestyle and life expectancy free of cancer, cardiovascular disease, and type 2 diabetes: prospective cohort study(BMJ 2020年1月8日)
Following five healthy lifestyle habits may increase life expectancy by decade or more(ハーバード大学公衆衛生大学院 2018年4月30日)
Impact of Healthy Lifestyle Factors on Life Expectancies in the US Population(Circulation 2018年4月30日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2020年03月05日
生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる
2020年03月05日
ウォーキングなど運動習慣のある人はがんのリスクが低い 大腸がんは14%低下 乳がんは10%低下
2020年03月05日
「東京栄養サミット2020」を12月に開催 栄養改善に向けて国際連携を深める 「栄養不良の二重負荷」も課題に
2020年01月21日
がん5年生存率が66.4%に改善 乳がんは92.2% がん治療も個別化が重要 国立がん研究センター
2020年01月21日
タバコとアルコールを抑制する政策はがん死亡を減らす 禁煙や節酒のキャンペーンは効果がある

疾患 ▶ 糖尿病

2020年03月05日
生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる
2020年03月05日
納豆を食べると心筋梗塞などのリスクが低下 「発酵性大豆食品」が死亡リスクを下げる
2020年03月05日
「東京栄養サミット2020」を12月に開催 栄養改善に向けて国際連携を深める 「栄養不良の二重負荷」も課題に
2020年03月05日
厚労省が「日本人の食事摂取基準(2020年版)」を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策 よりきめ細かな食事指導が必要に
2020年03月05日
玄米や麦ごはんなど「全粒穀物」が肥満・糖尿病を改善 睡眠やうつ病を改善する効果も

疾患 ▶ 高血圧

2020年03月05日
生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる
2020年03月05日
「東京栄養サミット2020」を12月に開催 栄養改善に向けて国際連携を深める 「栄養不良の二重負荷」も課題に
2020年03月05日
厚労省が「日本人の食事摂取基準(2020年版)」を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策 よりきめ細かな食事指導が必要に
2020年02月14日
男性の3人に1人超が肥満 高齢者の「低栄養傾向」も課題に 2018年「国民健康・栄養調査」(2)
2020年02月14日
「主食・主菜・副菜が揃った食事」は低所得層ほど少ない 2018年「国民健康・栄養調査」(1)

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2020年03月05日
生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる
2020年03月05日
「東京栄養サミット2020」を12月に開催 栄養改善に向けて国際連携を深める 「栄養不良の二重負荷」も課題に
2020年03月05日
厚労省が「日本人の食事摂取基準(2020年版)」を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策 よりきめ細かな食事指導が必要に
2020年02月14日
男性の3人に1人超が肥満 高齢者の「低栄養傾向」も課題に 2018年「国民健康・栄養調査」(2)
2020年02月14日
「主食・主菜・副菜が揃った食事」は低所得層ほど少ない 2018年「国民健康・栄養調査」(1)

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2020年03月05日
生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる
2020年02月04日
糖尿病を予防するための6つの生活スタイル 糖尿病の発症が75%減少 100万人超を調査
2020年01月21日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2020年01月21日
がん5年生存率が66.4%に改善 乳がんは92.2% がん治療も個別化が重要 国立がん研究センター
2020年01月21日
タバコとアルコールを抑制する政策はがん死亡を減らす 禁煙や節酒のキャンペーンは効果がある

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2020年03月05日
生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる
2020年03月05日
肥満やメタボが脳の老化を加速 代謝異常により脳機能が低下 食事や運動などの生活改善が決め手に
2020年03月05日
納豆を食べると心筋梗塞などのリスクが低下 「発酵性大豆食品」が死亡リスクを下げる
2020年03月05日
「東京栄養サミット2020」を12月に開催 栄養改善に向けて国際連携を深める 「栄養不良の二重負荷」も課題に
2020年03月05日
厚労省が「日本人の食事摂取基準(2020年版)」を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策 よりきめ細かな食事指導が必要に

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2020年03月05日
生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる
2020年03月05日
肥満やメタボが脳の老化を加速 代謝異常により脳機能が低下 食事や運動などの生活改善が決め手に
2020年03月05日
ウォーキングの衝撃は骨と脳の健康に良い 1日10分は骨や体に衝撃が加わる運動を
2020年03月05日
ウォーキングなど運動習慣のある人はがんのリスクが低い 大腸がんは14%低下 乳がんは10%低下
2020年02月14日
1日にたった10分の運動でも認知能力の向上につながる 運動をしない習慣がもっとも危険

生活習慣 ▶ 食生活

2020年03月05日
生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる
2020年03月05日
肥満やメタボが脳の老化を加速 代謝異常により脳機能が低下 食事や運動などの生活改善が決め手に
2020年03月05日
納豆を食べると心筋梗塞などのリスクが低下 「発酵性大豆食品」が死亡リスクを下げる
2020年03月05日
「東京栄養サミット2020」を12月に開催 栄養改善に向けて国際連携を深める 「栄養不良の二重負荷」も課題に
2020年03月05日
厚労省が「日本人の食事摂取基準(2020年版)」を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策 よりきめ細かな食事指導が必要に

生活習慣 ▶ 飲酒

2020年03月05日
生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる
2020年02月04日
【新型コロナウイルス感染症に備えて】 日本感染症学会・日本環境感染学会が「冷静な対応を」と呼びかけ
2020年02月04日
糖尿病を予防するための6つの生活スタイル 糖尿病の発症が75%減少 100万人超を調査
2020年01月21日
タバコとアルコールを抑制する政策はがん死亡を減らす 禁煙や節酒のキャンペーンは効果がある
2019年04月22日
糖尿病の人は「アルコール」に注意 連休に飲み過ぎないための7つの対策

一無・二少・三多 ▶ 「少酒」お酒はほどほどに

2020年03月05日
生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる
2020年02月04日
糖尿病を予防するための6つの生活スタイル 糖尿病の発症が75%減少 100万人超を調査
2020年01月21日
がん5年生存率が66.4%に改善 乳がんは92.2% がん治療も個別化が重要 国立がん研究センター
2020年01月21日
タバコとアルコールを抑制する政策はがん死亡を減らす 禁煙や節酒のキャンペーンは効果がある
2019年12月11日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2020年03月05日
生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる
2020年03月05日
肥満やメタボが脳の老化を加速 代謝異常により脳機能が低下 食事や運動などの生活改善が決め手に
2020年03月05日
納豆を食べると心筋梗塞などのリスクが低下 「発酵性大豆食品」が死亡リスクを下げる
2020年03月05日
「東京栄養サミット2020」を12月に開催 栄養改善に向けて国際連携を深める 「栄養不良の二重負荷」も課題に
2020年03月05日
厚労省が「日本人の食事摂取基準(2020年版)」を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策 よりきめ細かな食事指導が必要に

 ▶ 一無・二少・三多

2020年03月05日
生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる
2020年03月05日
肥満やメタボが脳の老化を加速 代謝異常により脳機能が低下 食事や運動などの生活改善が決め手に
2020年03月05日
ウォーキングの衝撃は骨と脳の健康に良い 1日10分は骨や体に衝撃が加わる運動を
2020年03月05日
ウォーキングなど運動習慣のある人はがんのリスクが低い 大腸がんは14%低下 乳がんは10%低下
2020年03月05日
納豆を食べると心筋梗塞などのリスクが低下 「発酵性大豆食品」が死亡リスクを下げる

生活習慣 ▶ 喫煙

2020年03月05日
生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる
2020年02月04日
【新型コロナウイルス感染症に備えて】 日本感染症学会・日本環境感染学会が「冷静な対応を」と呼びかけ
2020年02月04日
糖尿病を予防するための6つの生活スタイル 糖尿病の発症が75%減少 100万人超を調査
2020年01月21日
タバコとアルコールを抑制する政策はがん死亡を減らす 禁煙や節酒のキャンペーンは効果がある
2019年08月08日
「新型たばこ」はやはり危険 WHOが報告書「規制の対象とするべき」
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート