一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

緑豊かな地域に住めば、更年期障害を遅らせられる ストレスが減り女性ホルモンが長く分泌

キーワード: 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 ストレス関連疾患/適応障害 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす 「多休」休養をしっかりとる 身体活動・運動不足 疲労(休養不足)

 緑豊かな地域に住むことで、女性が更年期障害を発症する年齢を遅らせられる可能性があるという研究が発表された。
 自然の多い環境で暮らすことで、ストレスが減り、その影響で女性ホルモンが長く分泌されるようになるという。
自然の豊かな地域に住むメリットは?
 緑豊かな地域に住む女性は、更年期障害を発症する年齢が遅いという研究が発表された。自然の多い環境で暮らすことで、ストレスホルモンの分泌が減ることが影響している可能性がある。

 緑豊かな地域に住むと、肥満のリスクの低下、子供の注意力の向上、高齢者の身体能力の低下の抑制など、さまざまなメリットを得られるという研究がこれまでに報告されている。

 今回の研究は、ノルウェーのベルゲン大学とスペインのバルセロナ国際健康研究所(ISGLOBAL)の共同研究チームによるもの。詳細は国際科学誌「Environment International」に掲載された。

 研究チームは、「欧州共同体呼吸器健康調査(ECRHS)」に参加した9ヵ国(スペイン、フランス、ドイツ、ベルギー、イギリス、スウェーデン、エストニア、アイスランド、ノルウェー)の1,955人の女性のデータを分析した。
緑豊かな地域に住む女性は閉経期が始まるのが遅い
 参加者を20年追跡し、健康と生活スタイルについてのアンケートに回答してもらい、血液検査を行った。住居の近くに緑地があるかや、どれくらい広いかなども尋ねた。

 その結果、もっとも緑豊かな地域に住む女性は、緑地の少ない地域に住む女性に比べ、閉経期が始まるのが1.4年遅いことが明らかになった。

 閉経年齢の平均は、もっとも緑豊かな地域に住む女性では51.7歳なのに対し、緑地がほとんどない地域に住む女性では50.3歳だった。
女性ホルモンの分泌を長く維持できる
 閉経年齢は、遺伝的要因に加えて、喫煙、肥満、身体活動、経口避妊薬の使用などの生活スタイルの要因の影響を受ける。

 研究者は、閉経期が始まる年齢と緑地などの環境因子の関連は、多くの生物的プロセスによって説明できると指摘している。

 卵巣で産生される女性ホルモンであるエストロゲンの一種である「エストラジオール」は、更年期障害に大きく影響している。

 「緑地の近くに住んでいる女性は、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が少なく、その結果、女性ホルモンであるエストラジオールの分泌を長く維持できている可能性があります。コルチゾールの低下は、エストラジオールの上昇と関連しているのです」と、ISGlobalの客員研究員であるカイ トリプナー氏は述べている。

Living in Greener Neighbourhoods May Postpone the Natural Onset of Menopause(バルセロナ国際健康研究所 2020年2月13日)
Residential surrounding greenspace and age at menopause: A 20-year European study (ECRHS)(Environment International 2019年11月)
[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】今冬にはインフルエンザと新型コロナが同時に流行 「両方の検査を」と日本感染症学会が提言
2020年08月13日
【新型コロナ】心理的不安が予防行動に大きく影響 個人差に合わせた対策とケアが必要
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
「生きがい」が65歳以上の働く人の健康効果を高める 「金銭目的」のみだと健康感と生活機能が悪化
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月28日
なぜ運動? 運動により世界の390万人以上の命が救われている 運動はメンタルにも良い
2020年07月28日
喫煙率が下がらないのは社会格差が広がっているから? とくに若い世代でタバコの格差は拡大

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
「生きがい」が65歳以上の働く人の健康効果を高める 「金銭目的」のみだと健康感と生活機能が悪化
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月28日
なぜ運動? 運動により世界の390万人以上の命が救われている 運動はメンタルにも良い
2020年07月28日
喫煙率が下がらないのは社会格差が広がっているから? とくに若い世代でタバコの格差は拡大

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】今冬にはインフルエンザと新型コロナが同時に流行 「両方の検査を」と日本感染症学会が提言
2020年08月13日
【新型コロナ】心理的不安が予防行動に大きく影響 個人差に合わせた対策とケアが必要
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
「生きがい」が65歳以上の働く人の健康効果を高める 「金銭目的」のみだと健康感と生活機能が悪化

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
自宅で"筋活"を行いロコモ予防 筋肉量と筋力の向上を目指す「ロコモ予防運動プログラム」を始動 順天堂大
2020年07月28日
夏場にマスクを着用して運動すると熱中症の危険が 「マスクをはずして休憩を」と呼びかけ
2020年07月28日
「フレイル」のリスクは太り過ぎでもやせ過ぎでも上昇 低栄養を減らして予防

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
自宅で"筋活"を行いロコモ予防 筋肉量と筋力の向上を目指す「ロコモ予防運動プログラム」を始動 順天堂大
2020年07月28日
夏場にマスクを着用して運動すると熱中症の危険が 「マスクをはずして休憩を」と呼びかけ
2020年07月28日
「フレイル」のリスクは太り過ぎでもやせ過ぎでも上昇 低栄養を減らして予防

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2020年08月13日
【新型コロナ】日本人はいま何を不安に感じているか 求めるのは「安定した社会」 100の国や地域で国際調査を実施
2020年08月13日
【新型コロナ】心理的不安が予防行動に大きく影響 個人差に合わせた対策とケアが必要
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
「自然音」にリラックス効果が 「花」を見るだけでも癒し効果を得られる コロナ禍のストレス管理に有効
2020年07月28日
夏場にマスクを着用して運動すると熱中症の危険が 「マスクをはずして休憩を」と呼びかけ

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2020年08月13日
【新型コロナ】心理的不安が予防行動に大きく影響 個人差に合わせた対策とケアが必要
2020年08月13日
【新型コロナ】対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年08月12日
「自然音」にリラックス効果が 「花」を見るだけでも癒し効果を得られる コロナ禍のストレス管理に有効
2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年07月10日
【新型コロナ】肥満が世界で深刻な問題に 食事や運動など生活スタイルに深刻な悪影響
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート