一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に

キーワード: 孤立・孤独 身体活動・運動不足 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 動脈硬化 がん ストレス関連疾患/適応障害 認知症 一無・二少・三多 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす 「多休」休養をしっかりとる 「多接」多様なつながり

 週に2時間程度のボランティア活動をすると、早期死のリスクが大幅に低下し、身体活動も活発になることが、米国のハーバード公衆衛生大学の研究で明らかになった。
 ボランティア活動をしている人は、そうでない人に比べ、幸福感や人生の目的意識も向上するという。
 コロナ禍後に社会を再整備するときにも、ボランティア活動は重要な要素と考えられている。
ボランティア活動は自身の健康にも良い
 研究は、米国の高齢者を対象としたコホート研究「健康と退職に関する調査(Health and Retirement Study)」に参加した50歳以上の米国人1万2,998人を4年間追跡したもの。

 その結果、年間に100時間以上(週に2時間程度)のボランティア活動をしている人では、まったく活動に参加していない人に比べ、早期死亡のリスクは44%低いことが明らかになった。

 活発な身体活動をしている割合も12%高く、将来に身体機能に制限が生じ介護が必要となるリスクが低い傾向がみられた。

 さらに、ボランティア活動にストレス軽減の作用があることも示された。ボランティア活動を継続して行っている人は、絶望や孤独を感じる頻度が低く、主観的健康感が高く、幸福感を得やすい傾向がみられた。子供や友達に週に1回以上の連絡をしている割合も高かった。
人間は本質的に社会的な生き物
 「高齢者によるボランティア活動は、コミュニティを強くします。他者との絆を強め、互いに助け合うことで、人生に目的意識をもてるようになり、ウェルビーイングを高められます。そのことにより、私たち自身の生活をより豊かにします」と、ハーバード公衆衛生大学院社会・行動科学部のエリック キム氏は言う。

 「人間は本質的に社会的な生き物です。おそらくそれが、他人に何かを与え、利他的な行動をすることで、私たちの心と体が報われる理由です」。

 米国だけでなく世界的に高齢者の数が急増しており、今後35年間で65歳以上の高齢者人口は2倍になり、高齢者医療のために医療経済が逼迫すると予測されている。

 ボランティア活動により、ヘルスケアのコストを下げ、高齢者の健康を高める新しい戦略が、解決の糸口になる可能性がある。

 ボランティアには、社会貢献につながる福祉活動を通して、地域社会での交流づくりを進めるなど、重要な役割がある。それに加えて、活動をしている当人の健康も改善できる可能性がある。
コロナ禍後の社会整備が課題に
 一方、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大した影響で、自粛生活が社会に広がり、高齢者の「動かないこと(生活不活発)」が増えている。

 COVID-19に対策するために、ソーシャル・ディスタンシングを確保する必要があり、ボランティア活動を続けにくい現状がある。

 「コロナ禍が落ち着いてきたら、政府は参加を促進するための拠点としてボランティアセンターを再整備するなど、公衆衛生上のいっそうの支援を行うべきです」と、と、キム氏は述べている

 「健康増進のためのガイドラインを遵守しながら、ボランティア活動を維持できれば、その活動は世界を癒すだけでなく、自分自身をも助けることにつながるでしょう」と指摘している。

Volunteering and Subsequent Health and Well-Being in Older Adults(ハーバード公衆衛生大学院 2020年6月19日)
Can volunteering lead to better health?(ハーバード公衆衛生大学院 2016年1月5日)
Volunteering and Subsequent Health and Well-Being in Older Adults: An Outcome-Wide Longitudinal Approach(American Journal of Preventive Medicine 2020年6月19日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2020年07月28日
お酒とタバコは「食道がん」リスクを高め合う 両方あるとリスクは17倍に上昇 片方を止めただけでも予防効果が
2020年07月28日
乳がんのマンモグラフィ検査は女性の命を救う 50万人以上を39年間調査 「確実に受けることが大切」
2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年06月26日
涙で乳がんを早期発見 簡単で痛みのない検査を可能に エクソソームを超高感度で検出
2020年06月15日
【新型コロナウイルス】糖尿病や高血圧などの患者にも大きな影響が WHOが報告書

疾患 ▶ 認知症

2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年07月10日
ビールのホップの苦味成分が認知機能を改善 物忘れのある中高年者を対象に臨床試験を実施
2020年06月26日
「ダンス」には認知機能を改善する効果がある 認知症予防の運動プログラムを開発
2020年06月12日
「腸内細菌」が認知機能にも影響 認知症の患者の腸内では悪玉菌が多く善玉菌が少ない
2020年06月01日
フライドポテトとソーセージの組合せは脳にも悪い 認知症リスクの低い食事スタイルとは

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2020年07月28日
夏場にマスクを着用して運動すると熱中症の危険が 「マスクをはずして休憩を」と呼びかけ
2020年07月28日
乳がんのマンモグラフィ検査は女性の命を救う 50万人以上を39年間調査 「確実に受けることが大切」
2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年07月10日
【新型コロナ】肥満が世界で深刻な問題に 食事や運動など生活スタイルに深刻な悪影響
2020年07月10日
【新型コロナ】テレワークを3割以上が経験 64%が「生活を重視するように変化した」 内閣府調査

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2020年07月28日
喫煙率が下がらないのは社会格差が広がっているから? とくに若い世代でタバコの格差は拡大
2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年06月15日
【新型コロナウイルス】マスク着用で熱中症リスクが高まるおそれ 熱中症を予防するための8ヵ条
2020年05月10日
アルコールがメタボ・血圧・脳卒中を悪化 飲み過ぎないための5つの工夫
2020年05月10日
よくお風呂に入る人は心疾患や脳卒中のリスクが低い 入浴が日本人の長寿の秘訣?

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年07月28日
喫煙率が下がらないのは社会格差が広がっているから? とくに若い世代でタバコの格差は拡大
2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年07月10日
【新型コロナ】家庭や職場でのウイルスの消毒・除菌方法、消毒剤の選び方・使い方
2020年06月15日
【新型コロナウイルス】マスク着用で熱中症リスクが高まるおそれ 熱中症を予防するための8ヵ条
2020年06月15日
【新型コロナウイルス】糖尿病や高血圧などの患者にも大きな影響が WHOが報告書

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2020年07月28日
夏場にマスクを着用して運動すると熱中症の危険が 「マスクをはずして休憩を」と呼びかけ
2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年07月10日
【新型コロナ】家庭や職場でのウイルスの消毒・除菌方法、消毒剤の選び方・使い方
2020年07月10日
【新型コロナ】肥満が世界で深刻な問題に 食事や運動など生活スタイルに深刻な悪影響
2020年07月10日
【新型コロナ】テレワークを3割以上が経験 64%が「生活を重視するように変化した」 内閣府調査

疾患 ▶ 動脈硬化

2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年05月10日
よくお風呂に入る人は心疾患や脳卒中のリスクが低い 入浴が日本人の長寿の秘訣?
2020年04月24日
動脈硬化を予防・改善するための食事スタイル 日本動脈硬化学会の「The Japan Diet」
2020年03月19日
WHOの運動推進グローバル計画 運動不足は世界に蔓延 日本でも3人に1人が運動不足 「世界行動計画」の日本語版を公開
2020年03月05日
納豆を食べると心筋梗塞などのリスクが低下 「発酵性大豆食品」が死亡リスクを下げる

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2020年07月28日
夏場にマスクを着用して運動すると熱中症の危険が 「マスクをはずして休憩を」と呼びかけ
2020年07月28日
乳がんのマンモグラフィ検査は女性の命を救う 50万人以上を39年間調査 「確実に受けることが大切」
2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年07月10日
【新型コロナ】肥満が世界で深刻な問題に 食事や運動など生活スタイルに深刻な悪影響
2020年07月10日
骨折は運動や食事で防げる 肥満・メタボが骨折リスクを高める 納豆が効果的という研究も

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2020年07月28日
夏場にマスクを着用して運動すると熱中症の危険が 「マスクをはずして休憩を」と呼びかけ
2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年07月10日
【新型コロナ】テレワークを3割以上が経験 64%が「生活を重視するように変化した」 内閣府調査
2020年06月15日
【新型コロナウイルス】マスク着用で熱中症リスクが高まるおそれ 熱中症を予防するための8ヵ条
2020年06月12日
自宅での軽い運動で体重が減少 メンタルにも良い影響が 徒歩や自転車による通勤も効果的

一無・二少・三多 ▶ 「多接」多様なつながり

2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年07月10日
【新型コロナ】テレワークを3割以上が経験 64%が「生活を重視するように変化した」 内閣府調査
2020年03月19日
中高年者こそ運動が必要 「健幸華齢のためのスマートライフ」で活力年齢が若返る 全国生活習慣病予防月間2020 講演会(1)
2020年03月19日
運動でがん予防 ライフステージに応じたがん対策 運動でがんリスクが低下 全国生活習慣病予防月間2020 講演会(2)
2020年03月19日
「フレイル健診」が4月からスタート 75歳以上の後期高齢者のフレイル対策を強化 保健指導と介護予防を一体化

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年07月10日
【新型コロナ】肥満が世界で深刻な問題に 食事や運動など生活スタイルに深刻な悪影響
2020年07月10日
【新型コロナ】テレワークを3割以上が経験 64%が「生活を重視するように変化した」 内閣府調査
2020年06月17日
「コロナで運動不足に」 運動を楽しく長続きさせる秘訣 健康運動は自分を守るために必要
2020年06月12日
自宅での軽い運動で体重が減少 メンタルにも良い影響が 徒歩や自転車による通勤も効果的

 ▶ 一無・二少・三多

2020年07月28日
夏場にマスクを着用して運動すると熱中症の危険が 「マスクをはずして休憩を」と呼びかけ
2020年07月28日
お酒とタバコは「食道がん」リスクを高め合う 両方あるとリスクは17倍に上昇 片方を止めただけでも予防効果が
2020年07月28日
乳がんのマンモグラフィ検査は女性の命を救う 50万人以上を39年間調査 「確実に受けることが大切」
2020年07月28日
喫煙率が下がらないのは社会格差が広がっているから? とくに若い世代でタバコの格差は拡大
2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に

生活習慣 ▶ 孤立・孤独

2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年07月10日
【新型コロナ】テレワークを3割以上が経験 64%が「生活を重視するように変化した」 内閣府調査
2020年06月01日
【新型コロナウイルス】経団連が「感染予防対策ガイドライン」を発表 職場の"新しい様式"を作る必要が
2020年04月25日
新型コロナウイルスの怖さは「3つの顔」にある 「負のスパイラルを断ち切ろう」と呼びかけ 日本赤十字社
2020年04月07日
【新型コロナウイルス感染症】高齢者が気を付けるべきポイントは 日本老年医学会がアドバイス
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート