一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病とその予防

食生活

健康的な食生活

 「健康的な食生活」とは、どのような食生活を指すのでしょうか? 参考になる情報の一つとして、「食生活指針」というガイドがあります。文部科学省、厚生労働省、農林水産省が平成28年(2016)に策定したものです。その内容は以下の10項目。まず、この10項目を頭の片隅に置くことから始めると良いでしょう。

●「食生活指針」が掲げる10項目

  食事を楽しみましょう
 ■影の食事のリズムから、健やかな生活リズムを。
  適度な運動とバランスのよい食事で、適正体重の維持を。
  主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
  ごはんなどの穀類をしっかりと。
  野菜・果物、牛乳・乳製品、豆類、魚なども組み合わせて。
  食塩は控えめに、脂肪は質と量を考えて。
  日本の食文化や地域の産物を活かし、郷土の味の継承を。
  食料資源を大切に、無駄や廃棄の少ない食生活を。
 「食」に関する理解を深め、食生活を見直してみましょう。

食生活改善と適正体重

 「食生活指針」の10項目よりももう少し本格的に食生活改善に取り組みたいという人には、厚生労働省策定の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」が参考になります。この「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では「適正体重」という考え方が重視され、それにそって、食べるべき適切な量(摂取エネルギー量)・栄養素が示されています。

 その基準となる適正体重は、以下のように年齢により異なります。いずれの年齢もBMI* 25が上限で、肥満を避けるという点では共通しているものの、高齢者では下限がやや高く、BMI 21.5以上とされています。つまり、歳をとられている方は、あまりやせすぎでない方が良いということです。なぜかというと、中年までは肥満やメタボリックシンドロームの防止が大切になりますが高齢になるにつれて、ロコモティブシンドロームやサルコペニア、フレイルの防止がより重視されるようになるからです。

 なお、「日本人の食事摂取基準」は5年ごとに改訂されており、次回の改訂は2020年の予定です。

*BMI(体格指数):体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

●「日本人の食事摂取基準(2015年版)」における年齢別の目標BMI

 目標とするBMI  
18〜49歳 18.5〜24.9/m2
50〜69歳 20.0〜24.9/m2
70歳以上 21.5〜24.9/m2

バランスのとれた食事

 「日本人の食事摂取基準」は摂取エネルギー量や栄養素が細かく定められていて、どちらかというと栄養士などの専門家向けの内容のため、少し難解かもしれません。そこで、より実践に向いた資料として、農林水産省と厚生労働省が策定した「食事バランスガイド」を紹介します。

 「食事バランスガイド」では、何をどれだけ食べたらよいかをわかりやすくするため、独楽(コマ)のイラストを用いて示しています。毎日の食事を「主食」「副菜」「主菜」「牛乳」「乳製品」「果物」の5つの料理グループに区分し、区分ごとに「つ(SV)」という新しい単位を用いて1日の目安が示されています。1日に食べるとよい目安の多い順に上から「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」という5つの料理区分で示され、主食はごはん・パン・麺など、副菜は野菜・いも・海藻・きのこを主材料とする料理、主菜は魚・肉・卵・大豆・大豆製品を主材料とする料理を指します。

 5つの料理区分を、どれだけ食べたらよいかは「つ(SV)」という単位で示されています。この「つ」とは、「1つ」「2つ」と指折り数える「つ」と、1回あたりに提供される食事の標準的な量である「サービング(SV)」という単位が組み合わされたものです。


 食品にはそれぞれ、さまざまな栄養素が含まれていますが、多く含まれるものと少ししか含まれないものの差異があります。多くの食品を食べることで、おのずと栄養素を過不足なくとることができます。一方で偏った食生活を続けていると、栄養素不足あるいは過剰となり、さまざまな病気を引き起こします。

●バランスが良くない食生活が続いていると…
   不足           過剰        
エネルギー摂取量  低体重・やせ 肥満、高尿酸血症、糖尿病、脂質異常症
タンパク質 サルコペニア
脂質 脳出血の危険増加 肥満、脂質異常症
糖質 肥満、脂質異常症、脂肪肝
ビタミンB1 脚気
ビタミンB2 口角炎、舌炎
ビタミンB6 皮膚炎、口内炎
ビタミンB12 貧血
ナトリウム 高血圧
カルシウム 骨粗しょう症 尿管結石
貧血
亜鉛 味覚障害


*喫煙習慣・飲酒習慣・食習慣・運動習慣・BMIから今後10年の「がん罹患リスク」を判断(国立がん研究センター 社会と健康研究センター)

数字で見る食生活

  • 65 歳以上の低栄養傾向(BMI≦20 kg/m2)の割合は16.4%(男性 12.5%、女性 19.6%) 詳しく見る ▶
  • 目標とする BMI の範囲内にある高齢者の割合は男性5割70 歳以上の女性は4割を下回る 詳しく見る ▶
  • 朝食を食べない欠食率は男性15.0%、女性10.2% 詳しく見る ▶

さらに詳しく

2019年11月 公開
2019年11月 更新

全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典