一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病

大腸がん

どんな病気?

 大腸がんとは、小腸末端につながる盲腸から結腸、直腸までの大腸粘膜上皮から発生するがんで、生じた部位によって結腸がん、直腸がんとも呼ばれます。大腸がんの発生は良性ポリープが非常に長い時間をかけてがん化するのがメインルートと考えられています。

 近年、わが国では大腸がんが急速に増加し、今や罹患率がトップになりました。 その原因には、高脂肪、低繊維食の欧米型食生活が影響していることが指摘されています。脂肪の多い食物は腸内で胆汁酸や腸内細菌が作用しあって発がん物質ができ、それが大腸の粘膜と長期にわたって接触するうちにがんが発生します。また緑黄色野菜の不足、飲酒、運動不足、ストレスも関係があると考えられてしています。

 症状としては、下血(肛門からの出血、血液が便に付着)、排便習慣の変化(これまでの排便習慣が変化して、便秘または下痢ぎみになったり、あるいは両方みられる)、腹痛、体重減少を伴った全身倦怠感などがあります。

 診断は、大腸の内視鏡検査で大腸の中を直接観察、がんの存在と病理組織検査で行われます。

 治療の基本は外科的に行う切除術で、早期の場合は内視鏡を入れて同時に切除します。進行している場合は開腹により患部の切除術が行われます。

●発見・診断の検査
 検査項目解説
スクリーニング 便潜血検査便を採取して血液が混じっていないかを調べます。
詳しい検査 大腸内視鏡検査 肛門から内視鏡を入れて、大腸の病変の有無を調べます。

市区町村の大腸がん検診、人間ドック、かかりつけの内科医で行われます。

数字で見る大腸がん

  • 大腸がんの患者数は、28万8,000人 詳しく見る ▶
  • 結腸及び直腸の悪性新生物の医療費は、5,827億円 詳しく見る ▶
  • 大腸がんの死亡数は、5万681人 詳しく見る ▶
  • がんの部位別にみた罹患率で、大腸がんは第2位1)
    (男性:第1位 肺がん、第2位 胃がん、第3位 大腸がん
    女性:第1位 大腸がん、第2位 肺がん、第3位 膵臓がん)
  • 大腸がんの5年相対生存率*7割以上2)
    *相対生存率:大腸がんでない健康な人を基準とした生存率。病期により異なります)
  • 1) 最新がん統計、2) 大腸がん(国立がん研究センター、がん情報サービス)

大腸がんの予防と治療

 日常生活でからだを動かす運動習慣が、がんの危険性を減らす可能性を示した報告が多くあります。なかでも大腸がんは、運動習慣により発がんリスクが低下するとの研究報告が充実しており、科学的に明らかな関連があるとされています。ですから予防という点では、日頃から積極的な運動を心掛けるようにしましょう。

 次に、早期発見という点では、便潜血検査が役立ちます。いわゆる検便です。この検査で便の中で血液が混ざっていることがわかったら、必ず精密検査を受けてください。精密検査は内視鏡を使って行うことが一般的です。恥ずかしがってこの検査を受けずにいる人もいますが、せっかくがんを早期に発見できるチャンスを無駄にしないでください。

 なお、大腸がんは、他のがんに比べると進行スピードが遅いことが多いので、早期に発見できれば完全な治癒を期待できます。


*喫煙習慣・飲酒習慣・運動習慣・BMIから今後10年の「大腸がん罹患リスク」を判断(国立がん研究センター 社会と健康研究センター)

関連する生活習慣病

の数が多いほど関連が強いことを意味します。

★☆☆
喫煙
喫煙により大腸がんの発生する危険性が高まります。

さらに詳しく

2015年12月 公開
2019年11月 更新

「がん」に関するトピック

2020年07月28日
なぜ運動? 運動により世界の390万人以上の命が救われている 運動はメンタルにも良い
2020年07月28日
お酒とタバコは「食道がん」リスクを高め合う 両方あるとリスクは17倍に上昇 片方を止めただけでも予防効果が
2020年07月28日
乳がんのマンモグラフィ検査は女性の命を救う 50万人以上を39年間調査 「確実に受けることが大切」
2020年07月28日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年06月26日
涙で乳がんを早期発見 簡単で痛みのない検査を可能に エクソソームを超高感度で検出
2020年06月15日
【新型コロナウイルス】糖尿病や高血圧などの患者にも大きな影響が WHOが報告書
2020年06月12日
肥満が胃がんの発症リスクを高める とくにピロリ菌に感染している人は要注意
2020年04月07日
長時間座ったまま仕事をすると、がんのリスクが上昇する リモートワークで運動不足の人は要注意
2020年03月19日
運動でがん予防 ライフステージに応じたがん対策 運動でがんリスクが低下 全国生活習慣病予防月間2020 講演会(2)
2020年03月19日
WHOの運動推進グローバル計画 運動不足は世界に蔓延 日本でも3人に1人が運動不足 「世界行動計画」の日本語版を公開

「大腸がん」の調査・統計

2019年11月27日
結腸及び直腸の悪性新生物の年間医療費は5,827億円「平成29年度(2017) 国民医療費の概況」
2019年10月31日
結腸及び直腸の悪性新生物の年間医療費は5,738億円「平成28年度(2016) 国民医療費の概況」
2019年10月31日
大腸がんの年間死亡数:「結腸の悪性新生物」3万5,349人、「直腸S状結腸移行部及び直腸の悪性新生物」1万5,332人 「平成29年(2017) 人口動態統計(確定数)の概況」より
2019年10月31日
大腸がんをはじめとする腸に関係するがんの総患者数は28万8,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より
2016年10月13日
結腸及び直腸の悪性新生物の年間医療費は5,701億円 平成26年度 国民医療費の概況
2016年10月13日
大腸がんの年間死亡数、「結腸の悪性新生物」3万4,338人、「直腸S状結腸移行部及び直腸の悪性新生物」1万5,361人 厚生労働省「平成27年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2016年04月19日
大腸がんをはじめとする腸に関係するがんの総患者数は26万1,000人 厚生労働省「平成26年患者調査の概況」より
2015年11月10日
結腸及び直腸の悪性新生物(がん)による年間医療費は5,577億円 平成25年度 国民医療費の概況
2015年11月09日
大腸がんの年間死亡数、「結腸の悪性新生物」3万3,297人、「直腸S状結腸移行部及び直腸の悪性新生物」1万5,188人 厚生労働省「平成26年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2014年11月25日
結腸及び直腸の悪性新生物(がん)による年間医療費は5,474億円 平成24年度 国民医療費の概況
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート