一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病とその予防

孤立・孤独

人生の3大不安は、「病気」「孤独・孤立」「貧困」

 人生の3大不安は、「病気」「孤独・孤立」「貧困」だと言われます。これらのうち「孤独・孤立」は身体的な病気ではありませんが、社会的な病的状態ともいえ、さまざまな病気の温床となり得ます。

 人との繋がりと健康リスクとの関連を調べた数々の研究をまとめた報告によると、孤独・孤立はタバコの害悪に匹敵するくらいの健康リスクがあると見積もられています。孤独・孤立は、生活や生きがい、ストレスなどのプロセスの中で、最終的に健康や命に大きく関わってくることがかなり分かってきているのです1)

 65歳以上の日本人高齢者を対象に調査したところ、友人と月に1〜4回ほど会っている人は、ほとんど会わない人に比べて、血糖コントロールが不良となるリスクが半減するという報告もあります2)。このように孤立している人、家や仕事がなくて社会での役割が感じられない人ほど不健康になりやすく、その影響は、高血圧、アルコール依存症、うつ病、狭心症、糖尿病、認知症など多岐にわたります。

 また、65 歳以上の要介護状態でない人たちが5年後に認知症にならない確率は、料理をしている人はしていない人の3.3 倍、趣味がある人はない人の2.2 倍、他人の相談にのる人は乗らない人の2.2 倍で、これらの影響は歩行を30 分以上した、または喫煙しないことによる影響がそれぞれ1.5倍であったのに比べて、より高い結果でした3)

1) Julianne Holt-Lunstad, et al. PLoS Med. 2010; 7: e1000316
2) Kenichi Yokobayashi, et al. PLoS One. 2017; Jan 6; 12(1): e0169904
3) 竹田徳則, 他. 日本認知症予防学会誌. 2016; 4(1): 25-35

「孤独・孤立」の解消には“多接”

 “多接”は、日本生活習慣病予防協会が提唱する健康スローガン「一無(禁煙)、二少(少食、少酒)、三多(多休、多動、多接)」のひとつです。

 “多接”とは、多くの人、事柄、物に接して、創造的な生活を行うことです。

 また、「孤独・孤立」は、「孤食」(一人だけの食事)になりがちで、とくに高齢者の場合は、かむ力や呑みこむ機能が低下しているため、やわらかい、食べやすいものばかりを食べる傾向がみられ、糖質過多による肥満や、たんぱく質不足による低栄養に陥りやすくなります。

 「孤独・孤立」「孤食」による運動不足、ストレス、肥満や低栄養は、生活習慣病の原因となります。

 たくさんの人と接する機会をもつこと、誰かと食事をする機会をもつことも重要です。ボランティアなどの社会活動に参加するのもよいでしょう。何か一つの物事を突き詰める趣味なども効果は期待できます。

 生活範囲や交友関係が広がると、心身に刺激を与え活力の源となるような何かと出合うことがあります。そうした出合いを得るためには、好奇心をもってさまざまな物事や人と関わることが大切です。

 孤独・孤立を解消するには、“多接”を心がけることが有効です。

数字で見る孤立・孤独

  • 50歳代の男性のおよそ10人2人、女性のおよそ10人1人が未婚 詳しく見る ▶
  • 65歳以上の男性のうち8人1人,65歳以上の女性のうち5人1人が一人暮らし 詳しく見る ▶
  • 最も多い家族型は「一人暮らし」(32.6%) 詳しく見る ▶

さらに詳しく

2019年11月 公開
2019年11月 更新

全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典