一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病

高尿酸血症/痛風

どんな病気?

 痛風は「風が当っただけで痛い」と表現されるほどの激痛が発作的に起こる関節炎です。主に足の親指の付け根付近に生じます。患者さんの多くは30〜50代の男性で、女性が痛風になることはめったにありません。

 痛風発作の激しい痛みは数日間続き、手当ての有無にかかわらず、やがて治まってくるのがふつうの経過です。このため患者さんの中には、発作の原因である「高尿酸血症」を治療せずにいる人が少なくありません。高尿酸血症そのものは、全く自覚症状がない病気だからです。

 高尿酸血症とは、からだの新陳代謝で発生する老廃物である「尿酸」が増え過ぎている状態です。尿酸コントロールには「6-7-8のルール」が適応されます。尿酸値が7mg/dl以上になると高尿酸血症と診断され、9mg/dl以上もしくは8mg/dl以上で合併症(腎障害・高血圧・糖尿病・肥満など)を伴うものについては薬物療法を含む治療が望まれます。治療している場合,尿酸値は6mg/dl以下にコントロールします。

 高尿酸血症のために体内で結晶化した尿酸は、関節や腎臓などに溜まります。関節に溜まった尿酸の結晶が痛風発作の原因となります。痛風そのものは短期間で治まっても、高尿酸血症を治さないことには体内の尿酸結晶はそのまま存在し続けます。

 その結果、痛風発作が再発したり、腎臓中の尿酸結晶が原因で腎臓病になったり、尿路結石ができたりといった、さまざまな合併症が起こります。また高尿酸血症の患者さんはたいてい、メタボリックシンドロームに該当し、動脈硬化が進行しやすい状態にあります

●発見・診断の検査
 検査項目解説
スクリーニング尿酸(血液検査)血液中の尿酸値を調べます。
詳しい検査尿酸クリアランス試験(血液・尿)、超音波検査など腎負荷型(産生過剰型)か排泄低下型か混合型かを調べます。また尿酸結晶の沈着の有無を調べます。

検査はかかりつけの内科医、詳しい検査は内科で行うことができます。健診としては人間ドックで行います。

数字で見る高尿酸血症/痛風

  • 高尿酸血症の推定患者数は1,000万人超
    痛風以外のリスクも明確に詳しく見る ▶
  • 30〜40歳代男性3割高尿酸血症1)
  • 痛風患者さんの37%メタボリックシンドローム1)
  • 尿酸値9mg/dL台だと、6mg/dL未満に比べて、
    5年間の痛風発作発症率が40倍1)
  • 尿酸値10mg/dL以上だと、6mg/dL未満に比べて、
    5年間の痛風発作発症率が60倍1)
  • 1)「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」(日本痛風・尿酸核酸学会)

痛風の予防と治療

 尿酸値を下げる具体的な方法の第一は減量です。高尿酸血症の患者さんの多くは太り気味で、その患者さんが減量すると、尿酸値も下がります。尿酸値だけでなく、治療前に異常値を示していた可能性が高い血清脂質値や血糖値、血圧も改善します。このような効果は、すべてメタボリックシンドロームの改善、動脈硬化の抑制につながります。

 減量のためには、適切なカロリーで栄養バランスのよい食事をとること、そして適度な運動を続けることが欠かせません。なお、運動の強さが強過ぎると、逆に尿酸値が高くなるので注意してください。

 減量に加えて、尿酸値を上げない工夫も必要です。例えばアルコール(とくにビール)を飲み過ぎない、体内で尿酸に変わる「プリン体」の多い食べ物(レバーなど)を食べ過ぎない、水分をよくとるといったことです。

 なお、高尿酸血症の治療を始めた後しばらくの間、尿酸値が変化(下降も含む)している期間は痛風発作が起きやすくなります。発作時には医師に処方された薬を飲み、対処してください。

 そして、高尿酸血症を治すことで痛風発作を予防できるだけでなく、痛風以外の合併症である腎臓病や尿路結石も予防できます。同時にメタボリックシンドロームを治療し、動脈硬化の進行を抑えることにもなります。

関連する生活習慣病

の数が多いほど関連が強いことを意味します。

★★★
高尿酸血症/痛風はCKDの原因になりやすく、かつ、CKDのために高尿酸血症/痛風になりやすくなります。
★★☆
肥満症やメタボリックシンドロームは、高尿酸血症/痛風の原因になりやすい病気です。
★☆☆
これらの病気は高尿酸血症/痛風の患者さんが併発しやすく、また併発した場合は、心臓や脳の血管の病気、腎臓の病気などの合併症が起こりやすくなります。

さらに詳しく

2015年12月 公開
2019年12月 更新

「高尿酸血症/痛風」に関するトピック

2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
2019年12月12日
【セミナーレポート】疾病リスクマーカーとして注目すべき尿酸値に関する新知見
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年06月28日
【PR】尿酸値が気になる人へ!尿酸値の上昇を抑える「PA-3乳酸菌」活用のススメ
2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年04月02日
松本市が掲げる「健康寿命延伸都市・松本」 新たな官民連携のあり方を提案
2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年05月24日
2018年度東京CDE・CDS受験者用講習会7月より募集開始
2018年04月05日
糖尿病患者の痛風リスクがフェノフィブラートで半減 FIELD試験
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?

「高尿酸血症/痛風」の調査・統計

2003年12月24日
痛風と関連のある肥満やアルコール摂取量などついて調査 厚生労働省平成14年 国民栄養調査結果の概況」より
2002年12月11日
痛風と関連がある肥満やアルコール摂取状況などについても調査 厚生労働省「平成13年 国民栄養調査結果の概況」より
2002年08月01日
7mg/dL が血清尿酸値の正常上限、高尿酸血症の場合6mg/dL 以下を管理目標に 日本痛風・核酸代謝学会「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第1版」発行
2000年06月17日
生活習慣を改善した理由、しない理由などが明らか 総理府「生活習慣病に関する世論調査」より
2000年03月31日
生活習慣病の一次予防に重点をおき数値目標 厚生省「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」を発表
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート