一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病

肥満症/メタボリックシンドローム

どんな病気?

 肥満症とメタボリックシンドロームは、どちらも肥満、とくに内臓脂肪蓄積のために起こる病気なので、重なり合う部分が多いのですが、少し異なります。まずは両者の共通点である「肥満」について解説しましょう。

 肥満とは、からだに余分な脂肪がついている状態を指します。医学的には「BMI」という尺度を使い、肥満かどうかを判定します。そのBMIは、体重(kg)を、メートルで表した身長で2回割り算して計算します。この答が18.5以上25未満になれば普通体重、18.5未満なら低体重(やせ過ぎ)で、25以上の場合が肥満です。例えば、身長160cmで体重65kgの人を例にとると、65÷1.6÷1.6=25.39。この人はBMIが25.4なので、肥満に該当します。

 さて、それでは「肥満症」「メタボリックシンドローム」とはどういう病気かという話に進めます。

●肥満症

 肥満症は、肥満に該当する状態(BMIが25以上)で、その結果、肥満に起因するあるいは関連する健康障害を有する状態を指します。健康障害の主なものは以下の11の障害で、減量を要するとされています。
耐糖能障害(2型糖尿病・耐糖能異常など)、脂質異常症(高脂血症)、高血圧、高尿酸血症・痛風、冠動脈疾患(心筋梗塞・狭心症)、脳梗塞(脳血栓症・一過性脳虚血疾患)、脂肪肝(非アルコール性脂肪肝/NFALD)、月経異常、妊娠合併症(妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、難産)、睡眠時無呼吸症候群(SAS)・肥満喚起症候群、運動器疾患〔変形性関節症(膝、股関節)・変形性脊椎症・手指の変形性関節症〕、腎機能障害(肥満に起因ないし関連し、減量を要する健康障害、肥満症診療ガイドライン2016 より)

●メタボリックシンドローム

 近年注目されているのは、腹腔内の腸周囲に脂肪が過剰に蓄積する内臓脂肪型肥満です。たとえBMIが高くなくても、内臓脂肪から多くの種類の悪玉の生理活性物質が多量に分泌されることで、高血圧、糖尿病などが生じます。内臓脂肪型肥満とは、へその高さでの腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上の場合です。内臓脂肪型肥満に高血圧や脂質異常、高血圧などが合併した状態を「メタボリックシンドローム」と言います。

 メタボリックシンドロームでは、心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわる動脈硬化性疾患を引き起こすリスクが高くなります。動脈硬化の予防を目的として、特にリスクの高い人を絞り込む目的でつくられた疾患の概念がメタボリックシンドロームです。具体的には、BMIが低くとも内臓脂肪型肥満に該当し、かつ、血圧や血糖値、血中脂質という‘軽度’の異常が二つ以上重なっていると、メタボリックシンドロームと診断されます。

 異常の程度が‘軽度’でも診断する理由は、軽度であっても異常が複数重なると動脈硬化の進行が相乗的に速くなってしまうためです。肥満症では、メタボリックシンドローム関連疾患に加えて、体重そのものが体に負担のかかる結果生じる変形性関節症などが生じます。つまり、肥満症もメタボリックシンドロームも医学的には疾患(病気)に該当します。つまり、単に‘太っている’では済まされずに、治療が必要な状態です。

数字で見る肥満症/メタボリックシンドローム

  • 肥満症では高血圧の頻度が2.9倍1)
  • 肥満、高血圧、高血糖、高中性脂肪血症のうち
    3〜4つが該当すると、
    どれも該当しない場合に比べて
    心筋梗塞・狭心症の発症率が36倍1)
  • 3%の減量で
    LDL-C(悪玉コレステロール)やトリグリセリド、血圧、血糖値(HbA1c)は減少、HDL-C(善玉コレステロール)は上昇
    2)
1) 中村 正, 他. 成人病と生活習慣病, 37: 1145-1149, 2007
2)「肥満症診療ガイドライン2016」( 日本肥満学会)

肥満症/メタボリックシンドロームの予防と治療

 肥満症やメタボリックシンドロームの予防や治療は、肥満を解消すること、つまり減量が基本です。それには、寝る前に食べない、食事はよく噛んでゆっくり食べる、菓子の間食やアルコール飲料を控える、よくからだを動かす、といった、どれも当たり前のように思えることを、実直に実践することがカギを握ります。

 また、肥満の解消と並行して、肥満による健康への悪影響(前記した病気)なくすための治療も必要です。具体的には、肥満でかつ血糖値が高いという状態では、減量が成功すると血糖値も下がることが多いのですが、血糖値が十分に下がらない場合にはそれを下げる治療を行います。

 なお、高度肥満の場合には、超低エネルギー食療法、胃の内部を狭くする手術(肥満の外科療法)や、食欲抑制剤などによる抗肥満薬療法(医師の処方による)で治療する場合もあります。

関連する生活習慣病

の数が多いほど関連が強いことを意味します。

★★★
脂質異常症(高脂血症)脂肪肝/NAFLD/NASH変形性関節症、睡眠時無呼吸症候群(SAS)
これらの病気の主要な危険因子が肥満症/メタボリックシンドロームです。
★★☆
肥満症/メタボリックシンドロームの人には、これらの病気を合併していることが多くみられます。
★☆☆
月経異常、妊娠合併症
女性の肥満症/メタボリックシンドロームは、月経異常や妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などの妊娠合併症の危険因子です。
★☆☆
肥満症/メタボリックシンドロームに対処せずにいると、これらの病気になる危険性が高まります

さらに詳しく

メタボリックシンドローム撲滅運動 協賛連載

2015年12月 公開
2019年10月 更新

「肥満症/メタボリックシンドローム」に関するトピック

2020年05月12日
【新型コロナウイルス】肥満がリスクに 男性は女性よりも重症化リスクが高い
2020年05月11日
【新型コロナウイルス】「ピラティス」が肥満や高血圧の人に良い 室内で続けられる運動
2020年05月10日
アルコールがメタボ・血圧・脳卒中を悪化 飲み過ぎないための5つの工夫
2020年04月24日
フレイルとフレイル予備群に対策すれば要介護を3割、死亡を4割減らせる 早期の保健指導が効果的
2020年04月24日
動脈硬化を予防・改善するための食事スタイル 日本動脈硬化学会の「The Japan Diet」
2020年04月24日
スキマ時間を利用した運動で要介護リスクを軽減できる 「10分未満」で効果 篠栗町調査
2020年04月24日
大人になってからの肥満や骨粗鬆症を防ぐために、子供の頃から栄養・運動を改善する必要がある
2020年04月07日
「低炭水化物ダイエット」は肥満やメタボに良い? 悪い? 成功に導くコツが分かってきた
2020年04月07日
高血圧・肥満が寿命を最も縮めている 世界の70万人のゲノムを解析しリスクを予測
2020年03月19日
中高年者こそ運動が必要 「健幸華齢のためのスマートライフ」で活力年齢が若返る 全国生活習慣病予防月間2020 講演会(1)

「肥満症/メタボリックシンドローム」の調査・統計

2018年09月18日
2017年国民健康・栄養調査(2) 食事エネルギー量は60歳代が最多 外出しない高齢男性が低栄養に
2018年09月18日
2017年国民健康・栄養調査(1) 糖尿病・高血圧・コレステロール 多くの項目で目標未達成
2017年09月22日
日常生活で運動習慣がある男性は35.1%、女性27.4% 平成28年 国民健康・栄養調査
2017年09月22日
肥満者の割合は男性31.3%、女性20.6% 平成28年 国民健康・栄養調査
2017年01月26日
肥満者の割合は男性29.5%、女性19.2% 平成27年 国民健康・栄養調査
2015年12月15日
肥満者の割合は男性28.7%、女性21.3% 平成26年 国民健康・栄養調査
2015年04月14日
運動習慣があるのは男性 33.8%、女性 27.2%で、30歳代が最も低い 平成25年 国民健康・栄養調査
2015年04月14日
肥満の割合は、女性よりも男性が高く、特に40歳代が最も高い 平成25年 国民健康・栄養調査
2015年04月14日
男性の肥満者の割合は28.6%、女性の肥満者の割合は20.3% 平成25年 国民健康・栄養調査
2014年06月10日
世界の肥満人口は21億人、30年で2.5倍に 世界肥満実態(GBD)調査
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

新着ニュース
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート