一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病

脂質異常症(高脂血症)

どんな病気?

 脂質異常症(高脂血症)は、血清脂質の検査が異常値を示す病気です。

 血清脂質値とは、血液の中の脂肪分の濃度(濃さ)のこと。血液の中の脂肪分はいくつかのタイプに分けられ、血管疾患に異常をきたしにくくする値は、LDL-コレステロールが140mg/dL未満、HDL-コレステロールが40mg/dL以上、トリグリセライド(中性脂肪)が150mg/dL未満です。

 この三つの値のいずれかがその範囲を超えた状態が、脂質異常症です。ただし、LDL-コレステロールが140mg/dL未満であっても120〜139mg/dLの間は「境界域」に該当し、動脈硬化を引き起こす脂質異常症以外の病気(高血圧や糖尿病など)がある場合などは治療の必要性が高くなります。

 また、中性脂肪の高い場合にはLDLコレステロールが正確に測定できないことから、その代用として、(総コレステロール−HDLコレステロール)の式から算出されるnon-HDLコレステロールの検査をすることがあります。150〜169mg/dLの場合は境界域高non-HDLコレステロール血症、170mg/dL以上の場合は高non-HDLコレステロール血症と診断されます。

 なお、脂質異常症という病名についてですが、これは以前、高脂血症と呼ばれていた状態とほぼ同じです。しかし、善玉のHDL-コレステロールは少ないほうが不良なので、以前の「高脂血症」という病名ではそぐわない点があることなどのためにため、最近は脂質異常症と呼ばれています。

 血清脂質値が異常でも、通常、自分で感じる症状は現れません。症状が現れないのにもかかわらず、知らず知らずのうちに、全身の血管が傷めつけられます。その影響は主に、動脈硬化となって現れます。

 動脈硬化が進むと、心臓や脳などの血液の流れが悪くなります。そして、あるとき突然、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの発作が起き、QOL(生活の質)が低下したり、ときには命も左右されかねません。

 脂質異常症と指摘されたら、心臓や脳の発作を起こさないため、血清脂質値(とくに悪玉のLDL-コレステロール)に、いつも気をつけておく必要があります。

●発見・診断の検査
 検査項目解説
スクリーニング血液検査中性脂肪、コレステロールの測定を行います。
詳しい検査超音波検査、軟X線検査など脂質が血管にどの程度蓄積しているかを超音波検査で、また家族性高脂血症などではアキレス腱の肥厚を調べます。

検査はかかりつけ医で実施できます。そのほか、定期健康診断(職域)、特定健康診査、人間ドックでも行われます。

数字で見る脂質異常症

  • 患者数は、220万5,000人 詳しく見る ▶
  • このうち、男性63万9,000人
    女性156万5,000人

脂質異常症の予防と治療

 個人差はありますが、とくに卵類(鶏卵や魚卵)、内臓類(レバーやモツ),肉類の脂身や鶏肉の皮、ラード、バター、乳脂肪、ココナッツミルクなど,コレステロールや飽和脂肪酸の摂取量が多いとコレステロール値が高くなり、動脈硬化の進行を早めます。具体的には、動物性脂肪である肉や卵などのとり過ぎに注意が必要です。また中性脂肪値は、食事の量自体が多すぎたり、清涼飲料水またはアルコールを飲み過ぎたり、甘いお菓子を食べ過ぎると高くなります。

 反対に、野菜などに豊富に含まれている食物繊維や魚油(とくにイワシなどの青魚含まれるDHA〔ドコサヘキサエン酸〕やEPA〔エイコサペンタエン酸〕などの不飽和脂肪酸)、それに豆腐・納豆などの大豆製品は、血清脂質値を下げたり、動脈硬化を抑制するように働きます。早い話が、脂質異常症の予防や治療には、洋食よりも日本食のほうが適しているといえます。

 また、肥満の場合は減量が大切です。体重が適正になると、脂質異常症だけでなく、高血圧や糖尿病などの改善効果も得られます。これらの病気はすべて動脈硬化の進行を早くする要因です。減量の効果は血清脂質値の改善だけにとどまらず、全身的に好影響をもたらすところから、とても効率の良い治療法だといえます。

 食習慣の面を改善するのと同時に、からだを動かす習慣を身に付けること、禁煙をお勧めします。からだを動かすことは、体重管理のうえでも必要ですが、それとともに善玉のHDL-コレステロールを増やす効果もあります。喫煙はLDL-コレステロールを増加させ、HDL-コレステロールを低下させることが認められています。HDL-コレステロールは、血管の内壁に沈着したコレステロールを抜き取り、動脈硬化の進行を抑えるように働いてくれます。

 脂質異常症の治療目標は、LDL-コレステロールは160〜100mg/dL(動脈硬化の危険性が高いほど、より低く抑える)、HDL-コレステロールは40mg/dL以上、中性脂肪は150mg/dL未満です。

関連する生活習慣病

の数が多いほど関連が強いことを意味します。

★★★
これらの病気の最大の危険因子が脂質異常症です。
★★☆
脳梗塞の重要な危険因子の一つとして脂質異常症が該当します。
★☆☆
これらの病気は脂質異常症の患者さんが併発しやすく、また併発した場合は合併症が起こりやすくなります。

さらに詳しく

2015年12月 公開
2019年11月 更新

「脂質異常症(高脂血症)」に関するトピック

2021年02月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年02月18日
犬の散歩は糖尿病予防のための「運動」になる? 糖尿病の犬の飼い主は糖尿病リスクが高い
2021年02月18日
運動・身体活動をより増やして、座りがちの時間はより少なく WHOが新しい「運動ガイドライン」を発表
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月18日
ウォーキングなどの運動は「1日にわずか12分」でも効果がある 運動など生活スタイル改善の指導を容易に
2021年02月18日
ウーロン茶を飲むと「脂肪燃焼」が促される 肥満の抑制効果を期待 カフェイン以外が作用か
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」

「脂質異常症(高脂血症)」の調査・統計

2020年12月14日
総コレステロール値が240mg/dL以上の人は男性12.9%、女性22.4%。non-HDLコレステロール値の平均値は男性141.9mg/dL、女性145.9mg/dL 令和1年(2019)「国民健康・栄養調査」より
2020年12月10日
通院者数の上位は、男性は高血圧症、糖尿病、歯の病気。女性は高血圧症、脂質異常症、目の病気 令和1年(2019)「国民生活基礎調査」より
2019年10月01日
脂質異常症の総患者数は220万5,000人  平成29年(2017)「患者調査の概況 」より
2017年09月22日
血清総コレステロール値240 mg/dL以上の割合は男性9.8%、女性17.3% 平成28年 国民健康・栄養調査
2017年01月26日
血清総コレステロールの平均値は、男性195.8mg/dL、女性207.9mg/dL 平成27年 国民健康・栄養調査
2015年12月15日
血清総コレステロールの平均値は、男性196.6mg/dL、女性207.2mg/dL 平成26年 国民健康・栄養調査
2015年04月14日
総コレステロールが 240mg/dL 以上の割合は、男性 10.3%、女性 16.8% 平成25年 国民健康・栄養調査
2013年12月28日
総コレステロールの平均値は男性195.3mg/dL、女性204.1mg/dL 平成24年 国民健康・栄養調査結果
2013年03月15日
血清総コレステロールが240mg/dL以上の割合は男性10.2%、女性16.4% 平成23年国民健康・栄養調査
2012年12月15日
高脂血症の総患者数は188万6,000人 厚生労働省「平成23年 患者調査の概況」より
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート