一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病

心筋梗塞

どんな病気?

 日本人の死亡原因の第2位が心臓の病気なのですが、その多くが心筋梗塞と、心筋梗塞から起きる心臓の病気です。心筋梗塞は、発病が直接命にかかわる非常に怖い病気ですが、予防が有効です。

 心筋梗塞は文字どおり、心臓に梗塞が起きる病気です。梗塞とは、ある部分で血液の流れが止まってしまい、必要な血液を得られない箇所の細胞が死んでしまうことです。

 心臓は筋肉の塊のような臓器で、人が生きている間、絶えず収縮と拡張を繰り返し、全身に血液を送っています。ですから心臓の筋肉自体の細胞も、その活動のために多量の血液を必要としています。

 心臓の筋肉に血液を供給している血管(冠動脈)に動脈硬化が起きていて、そこに血栓ができ血流が妨げられると、心臓の筋肉は途端に血液不足になります。そして激しい胸痛が起こります。これが心筋梗塞の発作です。心筋梗塞をはじめ心疾患で急変した場合は,不整脈が生じることがしばしばありますので、緊急通報して、すぐに救急車を呼んでください。心肺蘇生法をご存知であれば(あるいは周囲の方に呼びかけ)実施し、近くのAEDを活用してください。緊急通報では適切な指示を受けることができます。

 発作が治まったあとも、心臓の細胞はほとんど再生しないので、心筋梗塞で失われた範囲は、線維のような組織に置き換わります。その影響で、心臓の収縮・拡張が弱くなったり、心拍のリズムが乱れやすくなったりするなどの後遺症が残ります。

 なお、発作の程度が軽くて心臓の筋肉が障害されずに済むのが、狭心症です。狭心症から心筋梗塞に進行するケースもあります。

●発見・診断の検査
 検査項目解説
スクリーニング心電図ベッド上で手足、胸部に電極をつけ、体内に流れている電流を記録します。心筋梗塞により心筋が死んでいると波形が変化します。
詳しい検査超音波検査、冠動脈造影検査心筋梗塞によって動かなくなって心筋の部位、造影検査では冠動脈の詰まり具合を調べます。

スクリーニングはかかりつけの内科医で行えます。詳しい検査は循環器内科で行います。

数字で見る心筋梗塞

  • 心疾患の患者数は、173万2,000人 詳しく見る ▶
  • 虚血性心疾患の年間医療費は、7,499億円 詳しく見る ▶
  • 心疾患の年間死亡数は、20万4,837人 詳しく見る ▶
  • 喫煙者の虚血性心疾患リスクは、非喫煙者の3倍、心筋梗塞に限った場合では、男性で約4倍1)詳しく見る ▶
  • 1) 国立がん研究センターによる多目的コホート研究より

心筋梗塞の予防と治療

 心臓の血管(冠動脈)の動脈硬化が進み、その中で血液が固まってしまう発作が、心筋梗塞です。ですから心筋梗塞の予防とは、動脈硬化の進行予防とイコールです。

 動脈硬化の進行予防には、その危険因子である脂質異常症(高脂血症)や高血圧、糖尿病などをきちんと治療すること、そして禁煙が欠かせません。血清脂質値や血圧、血糖値をしっかりコントロールすればするほど、心筋梗塞になりにくいということが、日本を含む世界中の研究から証明されています。

 そして今は、それらの検査値をしっかりコントロールする方法が十分、確立されています。動脈硬化の危険因子を除去できるということです。心筋梗塞を起きにくくし「命を守る」術がすでにあるということです。それを実践するかしないかは、あなた次第です。

 動脈硬化の危険因子である、脂質異常症や高血圧、糖尿病は、しばしば「肥満」という共通の原因から起きてきます。また近年では、見た目は肥満に見えない“隠れ肥満”の怖さが注目されています。みなさんご存じの、メタボリックシンドローム。肥満やメタボリックシンドロームの人は、まず内臓脂肪減少を中心とした減量が第一で、それによって危険因子の多くを改善できます。

 なお、もし心筋梗塞が起きてしまった場合は、再発を防ぐために、血清脂質値をより一層厳格にコントロールしていきます。

関連する生活習慣病

の数が多いほど関連が強いことを意味します。

★★★
心筋梗塞の原因は動脈硬化です。心筋梗塞の一部は狭心症が進行して発症します。
★★☆
これらは心筋梗塞の危険因子です。

さらに詳しく

2015年12月 公開
2019年11月 更新

「心筋梗塞/狭心症」に関するトピック

2020年09月11日
【新型コロナ】感染が疑われる時は「まず、かかりつけ医に電話で相談」 10月から新たな体制に 厚労省
2020年09月11日
「緑茶」に肥満・心臓病・脳卒中・認知症の予防効果 お茶を飲むシンプルな生活スタイル
2020年09月11日
「日本食」は理想的な健康食 日本食の食事パターンで死亡リスクが低下 日本人9万人を調査
2020年09月11日
ポジティブな感情が心筋梗塞や脳卒中などの予防につながる? 「人生の意味や目的」が健康の秘訣
2020年08月28日
大豆など「植物性タンパク質」が寿命を延ばす 動物性の3%を置き換えただけで死亡リスクが低下
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
「生きがい」が65歳以上の働く人の健康効果を高める 「金銭目的」のみだと健康感と生活機能が悪化
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月28日
なぜ運動? 運動により世界の390万人以上の命が救われている 運動はメンタルにも良い
2020年07月28日
喫煙率が下がらないのは社会格差が広がっているから? とくに若い世代でタバコの格差は拡大

「心筋梗塞」の調査・統計

2019年11月27日
虚血性心疾患の年間医療費は7,499億円 「平成29年度(2017)度 国民医療費の概況」より
2019年10月27日
心疾患による死亡数は年間20万4,837人 「平成29年(2017) 人口動態統計(確定数)の概況」より
2019年10月27日
虚血性心疾患の年間医療費は7,399億円 「平成28年度(2016)度 国民医療費の概況」より
2019年10月27日
心疾患の総患者数は173万2,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より
2016年10月13日
虚血性心疾患の年間医療費は7,430億円 平成26年度 国民医療費の概況
2016年10月13日
虚血性心疾患の年間死亡数、「急性心筋梗塞」3万7,222人、「その他の虚血性心疾患」3万4,451人 厚生労働省「平成27年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2016年10月13日
心疾患による死亡数は年間19万6,113人 厚生労働省「平成27年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2016年04月19日
心疾患の総患者数は172万9,000人 厚生労働省「平成26年患者調査の概況」より
2015年11月10日
虚血性心疾患の年間医療費は7,503億円 平成25年度 国民医療費の概況
2015年11月09日
心疾患による死亡数は年間19万6,926人 厚生労働省「平成26年 人口動態統計(確定数)の概況」より
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート