一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病

骨粗鬆症

どんな病気?

 骨粗鬆症は、骨がもろくて骨折しやすい状態になる病気です。

 骨の丈夫さを表す指標である「骨量(骨塩量)」は20歳頃に最大骨量に達します。その後比較的安定に推移した後、加齢に伴い減少します。そのため高齢になるほど骨粗鬆症になりやすく、とくに女性に多い病気です。

 女性に多い理由の一つは、ピーク時の骨量が男性よりも少ないことです。若いころに過剰なダイエットをしていると、ピーク時の骨量がより少なくなるので、歳をとってから骨粗鬆症になりやすくなると考えられます。もう一つは、女性の場合は閉経に伴い、骨吸収を抑制したり、骨形成を進める作用のある女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が激減するため、骨量が著しく減少します。

 骨粗鬆症の患者さんの骨折は、若い人のスポーツなどによる骨折と異なり、治るのに長い時間がかかります。とくに足の付け根の部分を骨折が問題で、これが起きると治るまで歩行できないために、足の筋肉が弱くなって、そのまま寝たきりになってしまう患者さんが少なくありません。

●発見・診断の検査
 検査項目解説
スクリーニング 骨密度検査(超音波、DXA、X線など)便を採取して血液が混じっていないかを調べます骨密度を測定し、減少していないかを診断します。
詳しい検査骨代謝マーカー(血液・尿検査) 骨代謝マーカーという検査により、骨の新陳代謝の速さを知ることができます。

検診の場合は、女性では40歳以降、男性は60歳以降に勧められます。 一部の自治体、人間ドックで、骨粗鬆症検診を行っています。また、かかりつけの整形外科医で行うことができます。

数字で見る骨粗鬆症

  • 骨粗鬆症の国内の患者数は、
    女性980万人、男性300万人1)
  • 介護必要度区分のうち「要支援」になる原因の
    第1位は関節疾患(17.2%)
    第3位は骨折・転倒(15.2%)2)
  • 65 歳以上の低栄養傾向(BMI≦20 kg/m2)の割合は男性 10.3%、女性 20.3% 詳しく見る ▶
  • 1) 「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版」(一般社団法人骨粗鬆症学会)
    2) 「平成28年(2016)国民生活基礎調査の概況」(厚生労働省)

骨粗鬆症の予防と治療

 骨粗鬆症と、ロコモティブシンドローム、サルコペニア、フレイルは、互いに重なり合い部分が多く、いずれも日常生活での運動量を減少させ、そのことがさらに病状を悪化させます。それらの予防・治療法にも重なり合うことが多くあります。具体的には、なるべくからだを動かして筋肉の量や筋力を増やすことと、必要な栄養素をしっかりとるということです。

 また、適度な運動は、筋肉の量や筋力を増やすだけでなく、骨の新陳代謝を活性化し骨量を維持するのに役立ちます。ただ、既に骨粗鬆症やロコモティブシンドローム、サルコペニアに該当する場合、不用意な運動が転倒や骨折につながりかねないので、医師に相談のうえ実践してください。

 このほか、骨粗鬆症の予防や治療には、‘骨の原料’とも言えるカルシウムをたっぷりとることです。また、カルシウムの吸収を助けたり、骨の形成を促すビタミンDも多くとりましょう。ビタミンDは日光に当たることで皮膚で作られるので、家屋の中での生活時間が長い人は、散歩をしたり窓際で陽に当たるようにしましょう。

 また、骨粗鬆症を治療する最大の目的は骨折を防ぐことなのですが、その骨折の多くは転倒したときに起こります。ですから転倒をしない工夫、例えば、家の中の段差をなくす、照明のスイッチは部屋の入口に付ける、階段などに手すりを設置する、などの対策もしておきたいところです。

 さらに、骨粗鬆症を生活習慣病という視点でとらえ場合、若い女性の過剰なダイエットも改めるべき生活習慣と言えます。

関連する生活習慣病

の数が多いほど関連が強いことを意味します。

★☆☆
COPDでは骨粗鬆症になりやすくなる可能性があります。また、骨粗鬆症のために 背骨の変形が起きていると、COPDによる呼吸機能の低下を強めてしまいます
★★☆
骨粗鬆症は、ロコモティブシンドロームの構成疾患のひとつであり、サルコペニアを合併する場合が多くあります。フレイルの状態にある人では、骨粗鬆症を有している人が多いと報告されています。

さらに詳しく

2015年12月 公開
2019年12月 更新

「骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア」に関するトピック

2020年04月24日
フレイルとフレイル予備群に対策すれば要介護を3割、死亡を4割減らせる 早期の保健指導が効果的
2020年04月24日
スキマ時間を利用した運動で要介護リスクを軽減できる 「10分未満」で効果 篠栗町調査
2020年04月24日
高齢者でタンパク質が不足 フレイル・サルコペニアを予防するためにタンパク質の摂取に工夫を
2020年04月24日
大人になってからの肥満や骨粗鬆症を防ぐために、子供の頃から栄養・運動を改善する必要がある
2020年04月07日
【新型コロナウイルス感染症】高齢者が気を付けるべきポイントは 日本老年医学会がアドバイス
2020年03月19日
中高年者こそ運動が必要 「健幸華齢のためのスマートライフ」で活力年齢が若返る 全国生活習慣病予防月間2020 講演会(1)
2020年03月19日
「フレイル健診」が4月からスタート 75歳以上の後期高齢者のフレイル対策を強化 保健指導と介護予防を一体化
2020年03月05日
ウォーキングの衝撃は骨と脳の健康に良い 1日10分は骨や体に衝撃が加わる運動を
2020年03月05日
「東京栄養サミット2020」を12月に開催 栄養改善に向けて国際連携を深める 「栄養不良の二重負荷」も課題に
2020年02月04日
女性の運動不足は深刻 仕事や子育てが大変 スポーツ参加を促進するダンスを制作 スポーツ庁

「骨粗鬆症」の調査・統計

全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

新着ニュース
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート