一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病

糖尿病

どんな病気?

 糖尿病は、血糖値が高くなる病気です。

 血糖値とは、血液の中の糖分(ブドウ糖)の濃度(濃さ)のこと。健康な人の血糖値は食事の前の空腹時で70〜110mg/dLぐらいです。食事をとり、胃腸で食べ物を消化吸収し、ブドウ糖が血液の中に入ってくると、血糖値は高くなります。しかしそれでも、上限は140mg/dLぐらいです。血糖値がこれよりも高い状態を「高血糖」といいます。そして、その高血糖が続いている状態が、糖尿病です。

 血糖値が極端に高い場合には、命の危険もあるので緊急治療が必要です。しかし、糖尿病の患者さんがそのような危険な状態に陥ることはめったになく、通常はほとんど症状に現れない程度の高血糖です。症状が現れないのにもかかわらず、からだの中では知らず知らずのうちに、高血糖の悪影響がじわじわと広がっていきます。そして何年かたつと、「合併症」と呼ばれるさまざまな病気や身体の障害が現れます。

 例えば、失明することもある糖尿病網膜症。週に約3回、半日がかりで透析を受けないと生きていけなくなる糖尿病腎症。手足のひどいしびれが続いたり、全身にさまざまな影響が現れる糖尿病神経障害。これらの合併症を起こさないために、糖尿病と言われたら、血糖値が高くならないように、いつも気をつけておく必要があります。それが糖尿病の治療です。

数字で見る糖尿病

糖尿病の予防と治療

 糖尿病は血糖値が高くなる病気です。ですからその予防や治療には、〃貪値が高くなるようなことを控えること、そして、血糖値が高くなりにくい体質に改善し、それを維持することです。

 ,痢峽貪値が高くなるようなことを控える」を具体的にいうと、食べ過ぎや飲み過ぎ間食、夜食を控えるということです。血糖値は、口から入った食べ物・飲み物が胃腸で消化吸収されブドウ糖になり、それが血液の中に入っていくことで高くなるのですから、食べ過ぎや飲み過ぎは、直接的に血糖値を高くする一番の原因と言えます。適切な量で、栄養バランスの良い食事をとることが、糖尿病の予防と治療につながります。

 △痢峽貪値が高くなりにくい体質に改善し、それを維持する」とは、血糖を効率良く利用できる体質にする、ということです。そもそも血液中のブドウ糖「血糖」は、全身の細胞のエネルギーとして利用されるために存在しています。血糖を細胞に入り込みエネルギーになる過程は、「インスリン」というホルモンによってコントロールされています。 肥満、とくに内臓脂肪型肥満では、インスリンの働きが出にくくなり(インスリン抵抗性)、血糖値が高くなりやすくなります。逆にインスリンが働きやすい筋肉体質では、血糖値は高くなりにくくなります。

 インスリンの働きを良くするには、肥満を防止し、体重を適正にコントロールすることと、歩行、体操、筋肉トレーニングなどの運動を積極的に行い、常日頃からだをよく動かすことです。

 糖尿病の治療効果は一般的に、HbA1c(ヘモグロビンエーワーンシー)という検査値で調べます。HbA1cは、採血した時点から過去1〜2か月の血糖値の平均値と関連する検査値で、その時点の血糖値が正常でもHbA1cが高ければ、過去1〜2か月ほどの間、高血糖であったことがわかります。

 合併症を防ぐために、このHbA1cを7%未満に維持することが勧められます。ただし、年齢や薬の副作用などを考慮して、少し甘くしたり、厳しくしたりすることもよくあります。

関連する生活習慣病

の数が多いほど関連が強いことを意味します。

★★★
糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害
これからの疾患は糖尿病の3大合併症と言われています。高血糖が長く続くことによって、細い血管(微小血管)が損なわれる結果、末梢神経や網膜や腎臓などに異常が現れます。これらの合併症を抑えるには厳格な血糖コントロールが大切です。
★★☆
これらの病気の重要な危険因子の一つとして糖尿病が該当します。
★☆☆
これらの病気は糖尿病の患者さんが併発しやすく、また併発した場合は合併症が起こりやすくなります。

さらに詳しく

2015年12月 公開
2019年11月 更新

「糖尿病」に関するトピック

2020年01月21日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2020年01月21日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2020年01月21日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
2020年01月07日
睡眠不足が肥満やメタボを悪化させる 脂質代謝にも異常が 睡眠を改善する3つの方法
2020年01月07日
母乳育児が糖尿病と高血圧のリスクを低下 糖尿病リスクは半分に減少
2019年12月11日
腸内環境を人工知能(AI)で解析 特定保健指導に腸内環境という新たな視点を導入
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月22日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査

「糖尿病」の調査・統計

2019年11月27日
糖尿病の年間医療費は1兆2,239億円 「平成29年度(2017) 国民医療費の概況」より
2019年10月05日
糖尿病による死亡数は年間1万3,969人 「平成29年(2017)人口動態統計(確定数)の概況」より
2019年10月05日
糖尿病の年間医療費は1兆2,132億円 「平成28年度(2016) 国民医療費の概況」より
2019年10月05日
糖尿病が強く疑われる者の割合は、男性18.1%、女性10.5%  「平成29年(2017) 国民健康・栄養調査」より
2018年09月18日
2017年国民健康・栄養調査(2) 食事エネルギー量は60歳代が最多 外出しない高齢男性が低栄養に
2018年09月18日
2017年国民健康・栄養調査(1) 糖尿病・高血圧・コレステロール 多くの項目で目標未達成
2017年09月22日
糖尿病有病者と糖尿病予備群は、いずれも約1,000万人と推計 平成28年(2016) 国民健康・栄養調査
2017年01月26日
糖尿病が強く疑われる者の割合は、男性19.5%、女性9.2% 平成27年 国民健康・栄養調査
2016年10月13日
糖尿病の年間医療費は1兆2,196億円 平成26年度 国民医療費の概況
2016年10月13日
糖尿病による死亡数は年間1万3,327人 厚生労働省「平成27年 人口動態統計(確定数)の概況」より
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典