一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
生活習慣病

歯周病

どんな病気?

 歯周病は文字どおり、歯の周りの病気です。歯そのものに起きる病気の代表が虫歯であるのに対して、歯周病は歯を支えている歯肉や歯槽という部分に起きます。

 歯を支えているこれらの組織に炎症が起き、それが長期間続きます。歯周組織が少しずつ傷められ、歯を支える力は徐々に衰えていきます。やがて歯がぐらついてきます。こうなるまで、多くの場合、あまり自覚症状はありません。口臭が気になったり、風邪をひいたときに歯茎が腫れることはありますが、それを歯周病と結び付けて治療を受ける人は、あまりいらっしゃらないようです。恐らく、歯周病には、虫歯が進行したときに感じるような激しい痛みが少ないからなのでしょう。

 しかし、歯がぐらつき始めてからの歯周病治療は大掛かりになりますし、他の歯への負担を考えて、抜歯するしかないこともあります。歯の本当の大切さを、失ってからしみじみ実感するようなことにならないよう、歯周病をしっかり治療していきましょう。

 歯周病の原因は、口の中に住み着いている細菌です。歯をしっかり磨いていないと、歯と歯茎の間の間に食べ物の残り食べかすがたまり、口の中の細菌の良い居住環境を提供してしまうのです。そして歯肉が侵されて歯周ポケットができると、ポケットの奥は歯ブラシが届かず磨くことができませんので、ますます細菌を勢いづけてしまうことになります。

数字で見る歯周病

  • 歯肉炎及び歯周疾患の患者数は、331万5,000人 詳しく見る ▶
  • 歯周病の有病率、20歳代で約7割、
    30〜50歳代は約8割、60歳代は約9割
  • 歯科診療の医療費は、2兆7,368億円 詳しく見る ▶

歯周病の予防と治療

 歯周病の原因は、口の中に住み着いている細菌です。ですから、その細菌の数を少なくすることが、歯周病治療の基本です。どうすれば良いのかというと、なにも難しいことではなく、歯をしっかり磨くことです。

 歯磨きで大切なことは、歯と歯茎の間など、歯ブラシの毛先があたりにくい所をしっかり磨くのと同時に、歯間ブラシを用いて歯と歯の間をきれいにすることです。そういう所ほど、細菌が住み着きやすい場所だからです。この点を勘違いして、歯の表面をピカピカ磨いて満足していらっしゃる方が少なくないようです。正しい歯の磨き方をぜひ一度、歯科医院で教わってください。

 次に大切なことは、定期的に歯科医院を受診することです。どんなに歯をしっかり磨いていても、どうしても磨き切れない部分がありますし、そのような磨き残しからできる歯石は、歯科医院で取ってもらう以外、方法がないからです。もちろん、歯周病の検査のためにも定期的な受診が必要です。

 それともう一つ。たばこを吸う人は禁煙してください。たばこを吸うと、口の中が細菌の繁殖に適した環境に変化し、また、菌に侵された歯周組織の再生が妨げられ、歯周病の進行が早くなるからです。

 進行し深くなった歯周ポケットに対しては、歯肉を切り取る手術療法をします。それにより、細菌が繁殖する足場をなくし、歯の根元までしっかり歯磨きできるようになります。

関連する生活習慣病

の数が多いほど関連が強いことを意味します。

★★☆
糖尿病は歯周病の危険因子であり、かつ、歯周病があると血糖値が高くなりやすくなります
★☆☆
肥満症/メタボリックシンドロやタバコは、歯周病の危険因子の一つです
★☆☆
近年、歯周病が動脈硬化の危険因子の一つであるとする研究発表が増えています

さらに詳しく

2015年12月 公開
2015年12月 更新

「歯周病」に関するトピック

2017年10月26日
歯磨きで口の中を清潔に保つことが腸の病気の予防につながる
2017年01月27日
高齢者の「口のケア」 自治体主導で専門職が連携 地域包括ケアを整備
2016年09月02日
保健指導用・健康事業用「教材・備品カタログ2017年版」の送付申込開始
2016年06月29日
見たい医療系動画がすぐに探せる「medoga(メドーガ)」を公開
2016年05月26日
虫歯や歯周病を防ぐための5つの対策 80歳までに歯を20本以上
2015年09月18日
歯周病リスクが受動喫煙で3倍に上昇 自分や家族のために禁煙を
2015年09月04日
健康日本21(第二次)の進捗状況 がん、循環器疾患などに課題
2015年06月15日
歯周病予防のために3つのチェックポイント 歯科医師が解説
2015年04月17日
糖分を1日5%以下に制限 肥満や虫歯の原因に WHOが指針を発表
2014年12月01日
長引く体の不調は「歯周病」が原因かもしれない 全身の病気に影響

「歯周病」の調査・統計

2017年09月22日
過去1年の歯科検診受信者は52.9% 平成28年 国民健康・栄養調査
2017年01月26日
「何でもかんで食べることができる」者の割合は 75.2% 平成27年 国民健康・栄養調査
2016年10月13日
歯科診療の年間医療費は2兆900億円 平成26年度 国民医療費の概況
2016年04月19日
歯肉炎及び歯周疾患の総患者数は331万5,000人 厚生労働省「平成26年患者調査の概況 」より
2015年12月15日
歯を20本以上保持している人の割合は72.8% 平成26年 国民健康・栄養調査
2015年11月10日
歯科診療の年間医療費は2兆7,368億円 平成25年度 国民医療費の概況
2014年11月25日
歯科診療の年間医療費は2兆7,132億円 平成24年度 国民医療費の概況
2013年12月28日
1年間で歯科検診を受けたのは47.8% 平成24年 国民健康・栄養調査結果の概要
2013年11月25日
歯科診療の年間医療費は2兆6,757億円 厚生労働省「平成23年度 国民医療費の概況」より
2013年03月15日
70歳上の60.1%が食事の時に入れ歯を使用 平成23年国民健康・栄養調査
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。