一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
生活習慣病

狭心症

どんな病気?

 心臓は筋肉の固まりのような内臓で、絶えず収縮と拡張を繰り返し、血液を送り出しています。心臓から送り届けられる血液のおかげてで全身の細胞は酸素と栄養素を得られ、生きて活動を続けられるわけです。

 細胞が活動するのに必要な酸素と栄養素が血液によって運ばれてくるというこの仕組みは、心臓の筋肉「心筋」にも当てはまります。心筋の細胞も、血液を必要としているということです。

 「冠動脈」と呼ばれる、心筋に血液を供給している血管が細くなると、心筋の血液が不足します。そのために、胸がぎゅっと締め付けられるような痛みが生じます。これが狭心症の発作です。症状が典型的なときは患者さん本人も心臓の発作だとわかります。しかしそうでないときは、胃の痛みや不快感、肩凝り、歯痛などと紛らわしいこともあります。

 発作が起きるのは、冠動脈から供給される血液の量が、その時点で心筋が必要としている血液量を下回ったときです。このような事態が生じる理由は、大きく分けて2通りあります。 一つは、心臓の鼓動が早くなったとき(例えば階段を上ったり重い荷物を持ち運ぶとき、入浴中など)です。健康であればどんなに鼓動が早くなっても、冠動脈の血液供給予備能力の範ちゅうに収まり、発作は起こりません。ところが動脈硬化で冠動脈の予備能力が少なくなっていると、狭心症の発作が起きてしまいます。

 もう一つは冠動脈がけいれんして細くなり、発作が起きるパターンです。運動などの刺激で冠動脈のけいれんが起こることもありますが、なにもしていなとき(例えば睡眠中)にも起こることがあります。

 前者を「労作性狭心症」、後者を「安静狭心症」といいます。頻度としては労作性狭心症狭心症のほうが多いのですが、日本人は欧米人に比べると安静狭心症も少なくありません。 なお、「不安定狭心症」と呼ばれる病気もあります。この病気は発作の起こり方がやや異なり、冠動脈がほぼ完全に塞がってしまう心筋梗塞に近い状態としてとらえる必要もあります。心筋梗塞については、別にすでに解説ページがありますので、そちらをご覧ください。

数字で見る狭心症

狭心症の予防と治療

 前述した狭心症の二つのタイプのうち、労作性狭心症は冠動脈の動脈硬化が原因の大半を占めています。ですから、その予防と治療は、動脈硬化の進行を抑えることが基本です。具体的には、禁煙、脂質異常症(高脂血症)や糖尿病、高血圧などの生活習慣病の治療、肥満の場合の減量といった、いわゆる動脈硬化の危険因子と呼ばれるものを取り除くことです。

 こうした動脈硬化抑制をベースにしながら、狭心症を治療します。それには、例えば血管を拡張する薬(ニトログリセリンなど)の徐放薬(ゆっくり長時間効く薬。飲み薬以外にテープ剤などもあります)や、心臓の働き過ぎを抑える薬を用いたり、細くなっている血管の内部にステントという金具を入れて血管を広げる血管内手術も、よく行われます。また、バイパス手術で血液の迂回路を作ることもあります。

 安静狭心症の場合は、血管拡張作用をもつ薬で発作を予防することになります。また、安静狭心症でも動脈硬化がある程度関係していることが少なくないので、前記の治療も大切です。 このような発作予防の治療を続けていても、発作が起きたときはどうすれば良いのでしょうか。もし、からだを動かしているときに発作が起きたのならまず安静にし、すぐにニトログリセリンの舌下錠かスプレーを用います。ニトログリセリンは冠動脈を拡張する強い作用があり、大体これで発作は治まります。ただし舌下錠は、その名のとおり舌の下で溶かすことが大切で、飲み込んでしまうと体内への吸収に時間がかかり過ぎ、効果がありません。

 ニトログリセリンを用いても発作が治まらないときは、もう一度同じ薬を用います。それでも治まらなければ、狭心症ではなく他の病気(例えば心筋梗塞)の可能性があります。すぐに救急車を呼んでください。

関連する生活習慣病

の数が多いほど関連が強いことを意味します。

★★★
心筋梗塞の一部は狭心症が進行して発症します
★★★
狭心症の大半は、動脈硬化が関係して起こります
★★☆
脳梗塞もその多くが、狭心症と同様、動脈硬化が関係して起こります
★☆☆
これらの病気は狭心症を引き起こす動脈硬化の危険因子です

さらに詳しく

2015年12月 更新

「心筋梗塞/狭心症」に関するトピック

2017年01月19日
納豆はスーパーフード 脳卒中、虚血性心疾患の死亡リスクが低下
2016年11月16日
AEDによる救命活動は8年間で30倍に増加 救われた命は800人以上
2016年10月28日
「肥満症」を治療して、高血圧や糖尿病など健康障害を一気に改善
2016年10月28日
スローカロリーで肥満解消 糖質の吸収を遅らせて血糖値上昇を抑える
2016年10月20日
健康教育・保健指導に 「健診・予防3分間ラーニング」DVDを11月に発売
2016年10月19日
日本食の理想形は「1975年型」 4週間食べるとどうなる? 東北大
2016年10月14日
70歳以上の低HDL-C男性でアスピリンが初発イベント抑制 JPPP-70
2016年09月02日
保健指導用・健康事業用「教材・備品カタログ2017年版」の送付申込開始
2016年08月24日
心筋梗塞、脳卒中の発症率を予測 日本人9.5万人の大規模調査で判明
2016年08月10日
脳卒中は暑い夏に増える 対策すれば脳卒中の90%を予防できる

「狭心症」の調査・統計

2016年10月13日
虚血性心疾患の年間医療費は7,430億円 平成26年度 国民医療費の概況
2016年04月19日
心疾患の総患者数は172万9,000人 厚生労働省「平成26年患者調査の概況」より
2015年11月10日
虚血性心疾患の年間医療費は7,503億円 平成25年度 国民医療費の概況
2015年11月09日
心疾患による死亡数は年間19万6,926人 厚生労働省「平成26年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2014年11月25日
虚血性心疾患の年間医療費は7,421億円 平成24年度 国民医療費の概況
2014年09月22日
心疾患による死亡数は年間19万6,723人 厚生労働省「平成25年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2014年05月01日
糖尿病合併症が20年間で大幅減少 心筋梗塞や高血糖は60%以上減 米国疾病予防管理センター
2013年11月25日
虚血性心疾患の年間医療費は7,553億円 平成23年度 国民医療費の概況
2012年12月15日
心疾患の総患者数は161万2,000人 厚生労働省「平成23年 患者調査の概況」より
2012年10月05日
虚血性心疾患の年間医療費は7420億円 平成22年度 国民医療費の概況
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。