一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
生活習慣病

動脈硬化

どんな病気?

 動脈とは、心臓から送り出した血液をからだの隅々へと運ぶ血管です。

 健康な動脈には、からだの隅々(例えば内臓や足など)が必要としている血液を送り届けるために必要な十分な太さがあります。また動脈は血流に合わせて拡張と収縮を繰り返しているしなやかな血管で、それによって血液が滞りなく、かつ適度なスピードで、より先(からだの末梢)へと流れていきます。このように本来、十分に太くて柔軟な動脈が、何かしらの原因で狭くなったり、硬く変化してしまう病気が動脈硬化です。

 動脈硬化が進行すると、内臓や足などが必要としている血液が十分に届かなくなります。この進行過程は、途中までは非常にゆっくりしていて、自覚症状に現れません。しかし、動脈硬化がある程度まで進行すると、血液の流れが途絶えてしまうという現象が起きることがあります。しかもその現象は、ほんの瞬間的に起こります。

 この現象が、心臓の筋肉に血液を送っている動脈(冠動脈)で起こると心筋梗塞、脳の動脈で起こると脳梗塞の発作です。どちらも命につながりかねない危険な病気です。そのような病気を発症するまで、動脈硬化は自覚症状に現れずに進行します。

数字で見る動脈硬化

  • 日本人の4人に1人
    動脈硬化による心臓や脳の病気で亡くなる

動脈硬化の予防と治療

 動脈硬化が進む最大の原因は、加齢(年をとること)ですが、それ以外に、男性であること(女性の場合は閉経後)、喫煙、肥満、メタボリックシンドローム、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、高血圧などが該当し、これらを危険因子と呼んでいます。加齢や男性などの危険因子は仕方ないことですが、それら以外は取り除ける危険因子です。

 例えば、喫煙しているのであれば禁煙、肥満やメタボリックシンドロームに該当するなら食事や運動に気を付けて減量することです。また、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、高血圧などがある場合にも、それらの病気をきちんと治療し続けていれば、動脈硬化の進行を遅らせることが可能です。

 なお、動脈硬化の進行の程度を判定する方法として、首の動脈に超音波を当てて血管が細くなっていないかを調べる方法や、手足の血圧の比や血流速度から動脈の状態を推測する方法などがあります。

関連する生活習慣病

の数が多いほど関連が強いことを意味します。

★★★
心筋梗塞は動脈硬化によって起こる病気です
★★★
動脈硬化はこれらの病気の重大な危険因子です
★★☆
これらの病気は動脈硬化を引き起こす危険因子です
★☆☆
CKDは動脈硬化の進行と関連する因子の一つです

さらに詳しく

2015年12月 公開
2016年01月 更新

「動脈硬化」に関するトピック

2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年08月26日
「不飽和脂肪酸」が糖尿病リスクを打ち消す 悪玉コレステロールを低下
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」2019年写真コンテスト作品募集開始!
2019年07月11日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年06月24日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす
2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月10日
血糖値スパイクは「隠れ糖尿病」 朝食を工夫して食後に血糖値を上げない
2019年05月13日
糖尿病の人が「高血圧」の治療を積極的に行うと合併症リスクが減少

「動脈硬化」の調査・統計

2012年06月07日
生活習慣病による年間死亡数は3,600万人、2030年には5,500万人に 2012年世界保健統計(WHO)
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典