一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病

アルコール性肝疾患

どんな病気?

 アルコールは、ヒトのからだにとって異物です。ほかの食べ物や飲み物と異なり栄養にはならず、単にからだら不要なものとして肝臓で処理されます。ですからアルコール摂取が長期間続いていると、その間、肝臓に負担がかかり続けます。

 このような場合、多くはまず「アルコール性脂肪肝」になり、さらにアルコール摂取を続けていると「アルコール性肝炎」となって、肝臓の細胞の破壊が進行していきます。人によっては右上腹部の痛みや疲れやすさなどを自覚する場合もありますが、基本的には症状に現れません。

 アルコール性肝炎による肝臓の細胞の破壊が続くと、やがて肝臓の機能が失われていき肝硬変に至り、肝臓がんや肝不全の危険性が高くなります。また、その段階では、アルコール依存症になってしまっている患者さんが少なくありません。

●純アルコール量の計算式

お酒の量(ml) ×(度数または %) / 100 × 0.8(比重) = 純アルコール量(g) 例:ビール500ml(5%)の場合 
500(ml) ×(5÷100) × 0.8 = 20(g)

●発見・診断の検査
 検査項目解説
スクリーニング AST、ALT、GGTなど血液検査で肝臓障害の有無を調べます。
詳しい検査 HBsAg、HCVAb など血液検査、超音波検査など肝臓障害の原因が肝炎ウイルスでないことを確認します。また超音波検査で肝硬変に至っていないか、肝臓がんがないかなどを調べます。

検査は健康診断(職域,特定健診)、人間ドック、かかりつけ医で行われます。

数字で見るアルコール性肝疾患

  • 1日の飲酒量がアルコール換算で60g
    (日本酒なら3合、ビールなら350mL缶3本
    以上は、「多量飲酒者」
    1)
  • アルコールが関連した死亡者数は
    毎年3万5,000人2)
  • 1) 健康日本21(厚生労働省)、2) 尾崎米厚ほか:アルコールの社会的コストの推計.厚生労働科学研究費補助金 わが国における飲酒の実態ならびに飲酒に関連する生活習慣病、公衆衛生上の諸問題とその対策に関する総合的研究班平成21 年度研究報告書

アルコール性肝疾患の予防と治療

 アルコール性肝疾患の予防と治療は、なによりもアルコール摂取を控えることです。「アルコール性脂肪肝」の段階なら、節酒によって肝臓は元の状態に改善します。しかし「アルコール性肝炎」に進行している場合、肝臓を守る薬が必要となります。入院治療が行われることがあります。

 「肝硬変」に進行している場合は、すでに肝臓の細胞が多く破壊され、肝臓の機能が低下することでさまざまな影響が現れてきますので、それに対して対症的に治療します。この段階では、禁酒(節酒ではなく断酒)は基本中の基本です。

 アルコール性肝疾患であるのに節酒・断酒ができない場合や、アルコール依存症ではないかと思われる場合には、精神科などで専門的な診断・治療を受けましょう。

関連する生活習慣病

の数が多いほど関連が強いことを意味します。

★★☆
アルコールの多飲は脂質異常症や高尿酸血症や2型糖尿病を引き起こす原因でもあるため、アルコール性肝疾患の患者さんは、これらの疾患にかかるリスクが高くなります。過度な飲酒を続けると、これらの症状がさらに悪化する危険性もあります。
★☆☆
アルコール性肝疾患の患者さんは、肥満症/メタボリックシンドロームに該当することがあり、両者を併発していると肝臓により強い負担がかかります。

さらに詳しく

2015年12月 公開
2019年11月 更新

「アルコール性肝炎」に関するトピック

2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月13日
糖尿病の人は「アルコール」に注意 年末年始に飲み過ぎないための6つの対策
2018年07月24日
【全国生活習慣病予防月間2019】「少酒」川柳を募集中!(賞金5万円)〜 都道府県対抗「少酒47」選手権! 〜
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?
2017年05月24日
アルコールに注意 飲む量を減らせば改善する 「減酒外来」を開設
2016年12月28日
適度のアルコールが脳卒中リスクを低減 ただし飲み過ぎると逆効果
2016年10月28日
スローカロリーで肥満解消 糖質の吸収を遅らせて血糖値上昇を抑える
2016年10月20日
健康教育・保健指導に 「健診・予防3分間ラーニング」DVDを11月に発売

「アルコール性肝炎」の調査・統計

2017年09月22日
生活習慣病リスクを高める量を飲酒している男性は14.6%、女性9.1% 平成28年 国民健康・栄養調査
2017年01月26日
生活習慣病リスクが高い飲酒をしている者の割合は、男性13.9%、女性8.1% 平成27年 国民健康・栄養調査
2015年12月15日
生活習慣病リスクが高い飲酒をしている者の割合は、男性15.8%、女性8.8% 平成26年 国民健康・栄養調査
2015年04月14日
生活習慣病のリスクを高める飲酒量を知っている人は、男性 29.3%、女性 27.4% 平成25年 国民健康・栄養調査
2006年10月17日
多量飲酒者の割合や、「節度のある飲酒」の知識を持つ人の割合は、ほとんど変化せず 厚生労働省「健康日本21 中間報告」より
2005年05月08日
男性の5.4 %、女性の0.7 %は、多量飲酒者 厚生労働省「平成16年 国民健康・栄養調査の概要」より
2003年12月24日
飲酒習慣のある人は男性 49パーセント、女性 8.5パーセント 厚生労働省平成14年 国民栄養調査結果の概況」より
2002年12月11日
習慣的にアルコールを飲んでいる人は、男性 53.3パーセント、女性 9.1パーセント 厚生労働省「平成13年 国民栄養調査結果の概況」より
2000年06月17日
‘怖いと思う病気’の第4位は肝臓病 総理府「生活習慣病に関する世論調査」より
2000年03月31日
節度ある適度な飲酒の知識の普及をめざす 厚生省「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」を発表
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート