一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
肺がんの調査・統計

たばこの害に関する知識の普及やがん検診の受診者増をめざす 厚生省「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」を発表

カテゴリー: 肺がん

 厚生省は生活習慣病の一次予防にむけて、さまざまな数値目標を掲げた「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」を発表しました。具体的には、おもに次のような目標を設定しています。

 適正体重を維持している人の増加(20〜60歳の男性に占める肥満者〈BMI※25以上〉の割合を現状の 24.3パーセントから15パーセント以下に、女性は 25.2パーセントから 20パーセント以下に)、摂取エネルギーに占める脂質の減少(現状の 27.1パーセントを 25パーセント以下に)、食塩摂取量の減少(1日13.5グラムを10グラム未満に)、野菜の摂取量の増加(1日292グラムを 350グラム以上に)、日常生活における歩数の増加(男性 8,202歩を 9,200歩以上に、女性 7,282歩を 8,300歩以上に)。

 呼吸器のがんと、とくに関連の深い喫煙については、喫煙が及ぼす健康への悪影響について、十分な知識の普及をめざすとしています。現状の知識の普及率は、最も高い肺がんでも 84.5パーセントで、喘息は 59.9パーセント、気管支炎 65.5パーセント、心臓病 40.5パーセント、脳卒中 35.1パーセント、胃潰瘍 34.1パーセント、妊娠に関連する異常 79.6パーセント、歯周病 27.3パーセントとなっていますが、これをすべて100パーセントにするのが目標です。このほか、未成年者の喫煙をゼロにする、公共の場や職場で100パーセントの分煙、禁煙支援プログラムをすべての市町村で実施する、といった目標が掲げられています。

 また、生活習慣の改善による循環器病の減少効果の推計値をみると、脳卒中(脳出血や脳梗塞など)については、喫煙率が現状のままの場合は11パーセントの減少効果にとどまるものの、喫煙率がゼロになれば、減少効果は 60パーセントに拡大すると推計されています。同様に虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)は、喫煙率が現状のままの場合は9パーセントの減少効果にとどまり、喫煙率ゼロの場合は 59パーセントの減少効果があると推計しています。

 がんについては検診の受診者数増加も目標に掲げていて、肺がんは現状の受診者数1,023万人を1,540万人以上に、胃がんは1,401万人を 2,100万人以上に、子宮がん1,241万人を1,860万人以上に、乳がん1,064万人を1,600万人以上に、大腸がんは1,231万人を1,850万人にするとしています。

※BMI:Body mass index(ボティー・マス・インデックス)の略で、肥満や低体重(やせ)の判定に用いられる数値です。BMIは、体重 (kg) ÷ 身長 (m) ÷ 身長 (m) によって算出します。25 以上は肥満、18.5 未満はやせと判定されます。BMI22 が理想体重です。

●詳しくは、健康日本21のホームページへ→トップページ

関連する調査・統計

疾患で見る ▶ 肺がん

2019年11月27日
気管、気管支及び肺の悪性新生物の年間医療費は
5,249億円 「平成29年度(2017) 国民医療費の概況」より
2019年10月31日
気管、気管支及び肺の悪性新生物の年間医療費は
5,161億円 「平成28年度(2016) 国民医療費の概況」より
2019年10月31日
「気管,気管支及び肺」の‘がん’による死亡数は年間7万4,120人、がんの中で最多 「平成29年(2017) 人口動態統計(確定数)の概況」より
2019年10月31日
肺がんを含む呼吸器系がんの総患者数は16万9,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より
2017年01月26日
喫煙者の割合は男性30.1%、女性7.9% 平成27年 国民健康・栄養調査
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート