一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
発表年で見る ▶

2005年の調査・統計

2005年10月07日
日本人の死因トップを占める‘がん’のうち、最も多いのが気管支や肺のがん 厚生労働省「平成16年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2005年10月07日
肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患が、日本人の死因の第10位に 厚生労働省「平成16年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2005年10月07日
慢性気管支炎などの慢性閉塞性肺疾患が、日本人の死因の第10位に 厚生労働省「平成16年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2005年10月07日
日本人の死因の第2位は心疾患 厚生労働省「平成16年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2005年10月07日
高血圧性疾患による死亡者数などを発表 厚生労働省「平成16年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2005年10月07日
日本人の死因の第3位は脳血管疾患(12.5パーセント)。このうち、脳内出血は 3.2パーセント、くも膜下出血は1.5パーセント 厚生労働省「平成16年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2005年10月07日
日本人の死因の男性は10位、女性は9位が糖尿病 厚生労働省「平成16年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2005年10月07日
日本人の死因の第3位は脳血管疾患(12.5パーセント)。このうち、脳梗塞が 7.6パーセントを占める 厚生労働省「平成16年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2005年10月07日
日本人の3人に1人は‘がん’で亡くなる。大腸(結腸・直腸)がんは、がんの中で第3位 厚生労働省「平成16年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2005年08月23日
悪性新生物の1年間の医療費は2兆4,813億円、前年度比12%の急増 厚生労働省「平成15年度 国民医療費の概況」より
2005年08月23日
気管支炎及び慢性閉塞性肺疾患の1年間の医療費は1,902億円で、約4%増加 厚生労働省「平成15年度 国民医療費の概況」より
2005年08月23日
気管支炎及び慢性閉塞性肺疾患の1年間の医療費は1,902億円で、約4%増加 厚生労働省「平成15年度 国民医療費の概況」より
2005年08月23日
虚血性心疾患の1年間の医療費は6,954億円で、前年と変わらず 厚生労働省「平成15年度 国民医療費の概況」より
2005年08月23日
高血圧性疾患の1年間の医療費は1兆9,114億円で、やや減少 厚生労働省「平成15年度 国民医療費の概況」より
2005年08月23日
脳出血など脳血管疾患の1年間の医療費は1兆7,182億円で、わずかに減少 厚生労働省「平成15年度 国民医療費の概況」より
2005年08月23日
糖尿病の1年間の医療費は1兆1,465億円で、2.4%の増加 厚生労働省「平成15年度 国民医療費の概況」より
2005年08月23日
1年間の国民医療費の総額は1.9%増加したものの、歯科診療医療費は1.9%減少し2兆5,375億円に 厚生労働省「平成15年度 国民医療費の概況」より
2005年08月23日
脳梗塞など脳血管疾患の1年間の医療費は1兆7,182億円で、わずかに減少 厚生労働省「平成15年度 国民医療費の概況」より
2005年08月23日
悪性新生物の1年間の医療費は2兆4,813億円、前年度比12%の急増 厚生労働省「平成15年度 国民医療費の概況」より
2005年07月06日
介護が必要になる原因のうち‘がん’は1.7パーセント 厚生労働省「平成16年 国民生活基礎調査の概況」より
もっと見る ▼
2005年07月06日
男性有訴者率の第3位は‘せきやたん’ 厚生労働省「平成16年 国民生活基礎調査の概況」より
2005年07月06日
男性有訴者率の第3位は‘せきやたん’ 厚生労働省「平成16年 国民生活基礎調査の概況」より
2005年07月06日
介護が必要になる原因の 4.1パーセントは心臓病 厚生労働省「平成16年 国民生活基礎調査の概況」より
2005年07月06日
通院者率のトップは男女ともに高血圧症による通院 厚生労働省「平成16年 国民生活基礎調査の概況」より
2005年07月06日
介護が必要になる原因のトップは脳出血などの脳血管疾患 厚生労働省「平成16年 国民生活基礎調査の概況」より
2005年07月06日
糖尿病は男性通院者率の第3位。介護が必要になる原因のうち、糖尿病は 2.4パーセント 厚生労働省「平成16年 国民生活基礎調査の概況」より
2005年07月06日
通院者率の高い傷病として、女性の3位、男性の4位にムシ歯が、そして男性の5位に歯周炎・歯周疾患があげられる 厚生労働省「平成16年 国民生活基礎調査の概況」より
2005年07月06日
介護が必要になる原因のトップは脳梗塞などの脳血管疾患 厚生労働省「平成16年 国民生活基礎調査の概況」より
2005年07月06日
介護が必要になる原因のうち‘がん’は1.7パーセント 厚生労働省「平成16年 国民生活基礎調査の概況」より
2005年05月08日
男性の5.4 %、女性の0.7 %は、多量飲酒者 厚生労働省「平成16年 国民健康・栄養調査の概要」より
2005年04月21日
たばこが健康に与える影響についての社会的な認知度や受動喫煙の状況なども調査 厚生労働省「平成15年 国民健康・栄養調査の概要」より
2005年04月21日
たばこが健康に与える影響についての社会的な認知度や受動喫煙の状況なども調査 厚生労働省「平成15年 国民健康・栄養調査の概要」より
2005年04月21日
たばこが健康に与える影響についての社会的な認知度や受動喫煙の状況なども調査 厚生労働省「平成15年 国民健康・栄養調査の概要」より
2005年04月21日
60歳代で3割、70歳以上では半数近くが降圧薬を服用中 厚生労働省「平成15年 国民健康・栄養調査の概要」より
2005年04月21日
薬物療法中の人のHbA1Cの平均は7%台前半。男性の半数近くは、BMI25以上か腹囲85cm以上 厚生労働省「平成15年 国民健康・栄養調査の概要」より
2005年04月21日
コレステロールの検査値や血清脂質低下薬服用者率は、女性で高い傾向 厚生労働省「平成15年 国民健康・栄養調査の概要」より
2005年04月10日
内臓脂肪型肥満を基盤とした動脈硬化性疾患のマルチプルリスクファクター症候群「メタボリックシンドローム」の診断基準が設定される
2005年01月10日
透析療法が必要になる原因の第4位は、高血圧との関連が深い腎硬化症 日本透析医学会「わが国の慢性透析療法の現況(2003年12月31日現在)」より
2005年01月10日
透析療法が必要になる原因の第1位は糖尿病腎症で、年々増加し4割以上に 日本透析医学会「わが国の慢性透析療法の現況(2003年12月31日現在)」より
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。