一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
大腸がんの調査・統計

怖いと思う病気のトップは‘がん’ 総理府「生活習慣病に関する世論調査」より

カテゴリー: 大腸がん

 総理府は、健康状態や生活習慣病という言葉の周知度、感じ方を調べた「生活習慣病に関する世論調査」を発表しました。それによると、現在の健康状態について‘健康である’と答えた人は 50.6パーセント、‘どちらかといえば健康’と答えた人が 33.4パーセント、どちらかといえば健康でない’と答えた人が11.2パーセント、‘健康でない’と答えた人は 4.5パーセントいました。

 生活習慣病という言葉の周知度は、‘聞いたことがある’人は 69.1パーセント、‘聞いたことがない’人が 30.9パーセントで、聞いたことがある人のなかで言葉の意味を‘理解している’と答えたのは 42.7パーセント、‘漠然と理解している’と答えたのが 48.6パーセント、残りの 8.7パーセントは‘理解していない’‘わからない’でした。

 生活習慣病の予防のために、なにかを‘すでに実行している’が 30.4パーセント、‘将来実行しようと思う’が11.6パーセント、‘できれば実行したい’が 34.5パーセントで、すでに実行している人のその方法(複数回答)は、‘食生活に十分気をつける’が 78.7パーセントと多く、‘積極的な運動を心掛ける’49.3パーセント、‘休養を十分にとる’44.4パーセント、‘気分転換・ストレス解消に努める’42.7パーセント、‘太らないようにする’42.0パーセント、‘たばこを吸わない(本数を減らす)’32.0パーセント、‘お酒を飲み過ぎない(飲まない)’31.4パーセント、‘痩せすぎないようにする’7.2パーセントとなっています。

 一方、生活習慣改善を実行しようと思わない人のその理由は、‘自分の健康に自信がある’49.0パーセント、‘生活習慣病について考えたことがない’28.1パーセント、‘面倒くさい’16.6パーセント、‘酒、たばこ、好物などを制限したくない’12.6パーセント、‘病気になっても治療すればいい’11.7パーセントなどがあげられています。

 それぞれの病気について、その病気を怖いと思うか思わないかをたずねた質問で、怖いと思う人の割合が最も高かったのは‘がん’で、その割合は 96.5パーセントでした。続いて脳卒中(脳出血や脳梗塞など)95.4パーセント、心筋梗塞・狭心症 95.3パーセント、肝臓病(脂肪肝も含む)92.6パーセント、糖尿病 92.3パーセント、高血圧 90.1パーセント、胃潰瘍 86.3パーセント、骨粗鬆症 84.7パーセント、肥満 77.6パーセント、高脂血症 76.5パーセントとなっています。

●詳しくは、内閣府のホームページへ→トップページ記事掲載ページ

関連する調査・統計

疾患で見る ▶ 大腸がん

2019年11月27日
結腸及び直腸の悪性新生物の年間医療費は5,827億円「平成29年度(2017) 国民医療費の概況」
2019年10月31日
結腸及び直腸の悪性新生物の年間医療費は5,738億円「平成28年度(2016) 国民医療費の概況」
2019年10月31日
大腸がんの年間死亡数:「結腸の悪性新生物」3万5,349人、「直腸S状結腸移行部及び直腸の悪性新生物」1万5,332人 「平成29年(2017) 人口動態統計(確定数)の概況」より
2019年10月31日
大腸がんをはじめとする腸に関係するがんの総患者数は28万8,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より
2016年10月13日
結腸及び直腸の悪性新生物の年間医療費は5,701億円 平成26年度 国民医療費の概況
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート