一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
大腸がんの調査・統計

がんとの関連も少なくない生活習慣について調査 厚生労働省「平成13年 国民栄養調査結果の概況」より

カテゴリー: 大腸がん

 厚生労働省が毎年行っている「国民栄養調査」の平成13年調査から、生活習慣病との関連が深い項目をピックアップしてみましょう。

 まずは肥満者(BMI※25以上)の割合です。男性は30〜60代の約3割の人が肥満に該当し、70歳以上でも 21パーセントが肥満に該当します。女性の肥満者の割合は、40代までは 20パーセント以下ですが、50代で 25パーセント、60代以上ではほぼ 30パーセントとなっています。男性については、20年前の昭和56年調査、10年前の平成3年調査、そして今回の調査と、年を追ってすべての年齢層で肥満者の割合が増えてきています。一方、女性は低体重(やせ)の割合が年こどに増えてきていて、とくに10代では2割がやせに該当します。

 次に、喫煙習慣についてみてみましょう。男性の喫煙者率は 45.9パーセントと半分弱。年齢層別にみると、20代、30代、40代は 58パーセント台でほぼ6割、50代で 49.6パーセントと少し下がり、60代 35.9パーセント、70歳以上 29.0パーセントとなっています。女性の喫煙者率は 9.9パーセントとほぼ1割。20代、30代は16パーセント台で、以降年齢層が上がるに従い喫煙者は低下しています。男女ともに高年齢になるにつれ、喫煙者率が下がるという結果が出ています。

 運動習慣については、男性の 29.7パーセント、女性の 27.1パーセントと、男女とも3割弱の人がなにかしらの運動を習慣にしていることがわかりました。しかし、年齢層別にみると男性、女性でやや相違点がみつかります。男性で運動習慣のある人の割合は、20代で 30.4パーセント、30代 21.4パーセント、40代17.8パーセントと、年齢層が上がるごとに低下して40代で最低となり、50代は 28.9パーセント、60代 39.5パーセント、70歳以上 35.1パーセントとなっています。一方女性は、20代が最も低く15.1パーセント、年齢層が上がるに従い運動習慣のある人が増え、30代15.5パーセント、40代 21.5パーセント、50代 31.7パーセント、60代 38.1パーセント、70歳以上 31.9パーセントとなっています。

※BMI:Body mass index(ボティー・マス・インデックス)の略で、肥満や低体重(やせ)の判定に用いられる数値です。BMIは、体重 (kg) ÷ 身長 (m) ÷ 身長 (m) によって算出します。25 以上は肥満、18.5 未満はやせと判定されます。BMI22 が理想体重です。

●詳しくは、厚生労働省のホームページへ→トップページ記事掲載ページ

関連する調査・統計

疾患で見る ▶ 大腸がん

2019年11月27日
結腸及び直腸の悪性新生物の年間医療費は5,827億円「平成29年度(2017) 国民医療費の概況」
2019年10月31日
結腸及び直腸の悪性新生物の年間医療費は5,738億円「平成28年度(2016) 国民医療費の概況」
2019年10月31日
大腸がんの年間死亡数:「結腸の悪性新生物」3万5,349人、「直腸S状結腸移行部及び直腸の悪性新生物」1万5,332人 「平成29年(2017) 人口動態統計(確定数)の概況」より
2019年10月31日
大腸がんをはじめとする腸に関係するがんの総患者数は28万8,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より
2016年10月13日
結腸及び直腸の悪性新生物の年間医療費は5,701億円 平成26年度 国民医療費の概況
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート