一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
肺がんの調査・統計

日本人の死因トップを占める‘がん’のうち、最も多いのが気管支や肺のがん 厚生労働省「平成14年 人口動態統計(確定数)の概況」より

カテゴリー: 肺がん

 厚生労働省が毎年行っている「人口動態統計」の平成14年のデータによると、日本人の 31.0パーセント、つまり3人に1人は悪性新生物(いわゆる‘がん’)で亡くなっていることがわかります。これは死因別にみた場合もちろん第1位にあたります。性別にみると、男性の場合、全死因に占めるがんの割合が 34.4パーセント、女性は 27.0パーセントで、男性の死因に占める割合が女性よりやや高い傾向がみられます。

 悪性新生物の部位別にみると、死因として最も多いのが‘気管・気管支および肺のがん’(肺扁平上皮がんもこれに分類されます)で、全死因の 5.7パーセントを占めています。とくに男性4万1,146人、女性1万5,259人と、男性が女性の 2.7倍に達しています。

●詳しくは、厚生労働省のホームページへ→トップページ記事掲載ページ

関連する調査・統計

疾患で見る ▶ 肺がん

2019年11月27日
気管、気管支及び肺の悪性新生物の年間医療費は
5,249億円 「平成29年度(2017) 国民医療費の概況」より
2019年10月31日
気管、気管支及び肺の悪性新生物の年間医療費は
5,161億円 「平成28年度(2016) 国民医療費の概況」より
2019年10月31日
「気管,気管支及び肺」の‘がん’による死亡数は年間7万4,120人、がんの中で最多 「平成29年(2017) 人口動態統計(確定数)の概況」より
2019年10月31日
肺がんを含む呼吸器系がんの総患者数は16万9,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より
2017年01月26日
喫煙者の割合は男性30.1%、女性7.9% 平成27年 国民健康・栄養調査
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート