一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
脳出血の調査・統計

脳血管疾患による粗死亡率は2000年以降は減少か横ばい傾向。とくに脳内出血は大幅に減少 厚生労働省「心疾患-脳血管疾患死亡統計の概況」より

カテゴリー: 脳出血

 厚生労働省ではこのほど、毎年行っている「人口動態統計」を基に循環器系の疾患による死亡統計を取りまとめた特殊報告を公表しました。

 脳血管疾患による粗死亡率(人口10万対の死亡者数)の推移をみると、かつて高かった脳内出血の粗死亡率は、すべての年齢層で大幅に減少してきています。クモ膜下出血は、80歳以上の男性と70歳以上の女性で、2000年ごろまで増加が続いていましたが、その後は横ばいまたは減少しています。脳梗塞についても、1970年代までは70歳以上の高齢者を中心に粗死亡率が上昇していたものの、その後は減少傾向にあります。

 月別の死亡者数を比較すると、脳血管疾患による死亡は冬季に多く、春から徐々に減り、夏は少なく、10月からは冬に向けて急に増加することがわかります。このような傾向は、肺炎や心疾患にもみられます。

 このほか、脳血管疾患や心疾患による粗死亡率は、高血圧の外来受療率が高い都道府県ほど高いという傾向も報告されています。

●詳しくは、厚生労働省のホームページへ→トップページ記事掲載ページ

関連する調査・統計

疾患で見る ▶ 脳出血

2019年11月27日
脳血管疾患の年間医療費は1兆8,085億円 
「平成29年度(2017)国民医療費の概況」より
2019年10月29日
脳出血の年間死亡数は「脳内出血」3万2,654人、「くも膜下出血」1万2,307人 「平成29年(2017)人口動態統計(確定数)の概況」より
2016年10月13日
脳血管疾患の年間医療費は1兆7,821億円 平成26年度 国民医療費の概況
2016年10月13日
脳血管疾患の死亡数は年間11万1,973人 厚生労働省「平成27年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2016年10月13日
出血性脳血管疾患の年間死亡数、「脳内出血」3万2,113人、「くも膜下出血」1万2,476人 厚生労働省「平成27年 人口動態統計(確定数)の概況」より
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート