一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
歯周病の調査・統計

3割近くの人に「進行した歯周炎」があり、50〜60歳代は4割超 厚生労働省「平成16年 国民健康・栄養調査の概要」より

カテゴリー: 歯周病

 厚生労働省の「平成16年 国民健康・栄養調査の概要」から、歯周病に関する項目をピックアップし紹介します。

 まず、「進行した歯周炎」がある人の割合は、15歳以上の28.8パーセントにのぼりました。とくに、50歳代では43.6パーセント、60歳代では40.7パーセントと高率になっています。性別による差はあまりありません。

 歯周炎とは、歯周病のなかでも、炎症が歯肉にとどまる「歯肉炎」よりも進んだ状態です。この調査の結果は、その歯周炎のなかでもさらに進行した状態ですので、軽度の歯周炎や歯肉炎は含まれていません。なお、この調査では「進行した歯周炎」を、「歯茎が下がって歯の根が見えている」「歯茎を押すと膿が出る」「歯がぐらぐらする」「歯周病の治療をしている」の4項目中一つ以上が該当する場合としています。

 次に、歯と歯の間の清掃にデンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシなどを用いている人の割合は、男性31.6パーセント、女性41.0パーセントという結果で、女性が約10ポイント高くなっています。最近の1年以内に歯科検診を受けた人の割合は、男性31.7パーセント、女性35.5パーセントでした。  歯周病には、その発病や進行を促すいくつかの危険因子があり、その一つに喫煙があります。今回の調査では喫煙習慣と歯の本数の関係も調べています。それによると、男性では、たばこを吸ったことがない人、以前吸っていた人、現在も吸っている人の順に、残っている歯の本数が少なくなり、かつ、同じ順に、「なんでも噛んで食べる」と答えた人も少なくなるという関係がみられました。女性については、喫煙者率が少ないので、このデータはありません。

●詳しくは、厚生労働省のホームページへ→トップページ記事掲載ページ

関連する調査・統計

疾患で見る ▶ 歯周病

2019年11月27日
歯科診療の年間医療費は2兆9,003億円 「平成29年(2017)度 国民医療費の概況」より
2019年10月27日
歯科診療の年間医療費は2兆8,574億円 「平成28年(2016)度 国民医療費の概況」より
2019年10月27日
歯肉炎及び歯周疾患の総患者数は398万3,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況 」より
2017年09月22日
過去1年の歯科検診受信者は52.9% 平成28年 国民健康・栄養調査
2017年01月26日
「何でもかんで食べることができる」者の割合は 75.2% 平成27年 国民健康・栄養調査
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート