一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
肥満症/メタボリックシンドロームの調査・統計

自分が運動不足だと感じる人は30代に多く、肥満だと感じる人は40代に最も多い 内閣府「体力・スポーツに関する世論調査」より

カテゴリー: 肥満症/メタボリックシンドローム

 内閣府がこのほど発表した「体力・スポーツに関する世論調査」から、運動と肥満に関する項目をピックアップして紹介します。

 ふだん運動不足だと感じる人の割合は、「大いに感じる」が26.7パーセント、「ある程度感じる」が41.0パーセント、「あまり感じない」が22.6パーセント、「ほとんど感じない」が9.4パーセントで、7割近くの人は運動不足だと感じているという結果です。これを性別にみると、「大いに感じる」と答えた人の割合が、男性21.2パーセントに対して女性31.5パーセントで女性に多く、「ある程度感じる」は男性44.2パーセント、女性38.1パーセントで男性に多いという差があります。

 年齢層別にみた場合、運動不足だと感じている人は、30代で80.7パーセントと8割を超え最も多く(「大いに感じる」が37.8パーセント、「ある程度感じる」が42.9パーセント)、40歳代以降は年齢とともに、運動不足を「感じない」人が増えています。また、年齢層が高くなるほど、「比較的軽い運動やスポーツのみ」を「週に3回以上」などの頻度でこまめに行っていて、若年者層は反対に、競技的なスポーツを月に数回、集中して行うというスタイルが多くみられます。

 次に、自分で肥満だと感じる人の割合については、「大いに感じる」が14.0パーセント、「ある程度感じる」が29.4パーセント、「あまり感じない」が31.0パーセント、「ほとんど感じない」が24.6パーセントで、4割強の人が自分が肥満だと思っていることがわかりました。これを性別にみると、「大いに感じる」と答えた人の割合が、男性9.8パーセントに対して女性は17.7パーセントにのぼります。ただし実際には、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」などから、男性のほうが女性よりも肥満者が多いことがわかっており、本人の自覚との差異が認められます。

 年齢層別では、肥満だと感じている人は、40代で57.0パーセントと6割近くに及び最も多く(「大いに感じる」が22.1パーセント、「ある程度感じる」が34.9パーセント)、50歳代以降は年齢とともに、肥満だと「感じない」人が増えています。

●詳しくは、内閣府のホームページへ→トップページ記事掲載ページ

関連する調査・統計

疾患で見る ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2015年12月15日
肥満者の割合は男性28.7%、女性21.3% 平成26年 国民健康・栄養調査
2015年04月14日
運動習慣があるのは男性 33.8%、女性 27.2%で、30歳代が最も低い 平成25年 国民健康・栄養調査
2015年04月14日
肥満の割合は、女性よりも男性が高く、特に40歳代が最も高い 平成25年 国民健康・栄養調査
2015年04月14日
男性の肥満者の割合は28.6%、女性の肥満者の割合は20.3% 平成25年 国民健康・栄養調査
2014年06月10日
世界の肥満人口は21億人、30年で2.5倍に 世界肥満実態(GBD)調査
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。