一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
肥満症/メタボリックシンドロームの調査・統計

40歳以上の男性2人に1人、女性5人に1人が、メタボリックシンドロームまたはその予備群 厚生労働省「平成17年 国民健康・栄養調査の概要」より

カテゴリー: 肥満症/メタボリックシンドローム

 厚生労働省の「平成17年 国民健康・栄養調査」によると、20歳以上でメタボリックシンドロームが“強く疑われる人”は、男性22.4%、女性10.0%で、その“予備群”と見られる人は、男性22.9%、女性8.6%でした。年齢別に見た場合、その割合は40歳以上でさらに増加し、“強く疑われる人”は男性25.5%、女性10.3%、“予備群”は男性25.0%、女性9.5%となり、男性は2人に1人、女性は5人に1人がメタボリックシンドロームが強く疑われるか、あるいはその予備群という結果となりました。

 また、平成17年10日1日現在の国勢調査における男女別・年齢階級別の40〜74歳人口を使って推計すると、40〜74歳におけるメタボリックシンドロームが“強く疑われる人”は約920万人、“予備群”は約980万人で、あわせて1,900万人と推定されます。

 なお、この調査では、腹囲が男性85cm、女性90cm以上で、血中脂質、血圧、血糖のうち2つ以上が基準値を上回っている人を“強く疑われる人”、1つが基準値を上回っている人を“予備群”としています。なお、空腹時採血が難しいため、血清脂質については中性脂肪を除きHDL-コレステロール(40mg/dl未満)のみを基準とし、血糖については老人保健事業の検診と同様に ヘモグロビンA1c5.5%以上という基準を採用しています。

●詳しくは、厚生労働省のホームページへ→トップページ記事掲載ページ

関連する調査・統計

疾患で見る ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2015年12月15日
肥満者の割合は男性28.7%、女性21.3% 平成26年 国民健康・栄養調査
2015年04月14日
運動習慣があるのは男性 33.8%、女性 27.2%で、30歳代が最も低い 平成25年 国民健康・栄養調査
2015年04月14日
肥満の割合は、女性よりも男性が高く、特に40歳代が最も高い 平成25年 国民健康・栄養調査
2015年04月14日
男性の肥満者の割合は28.6%、女性の肥満者の割合は20.3% 平成25年 国民健康・栄養調査
2014年06月10日
世界の肥満人口は21億人、30年で2.5倍に 世界肥満実態(GBD)調査
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。