一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
高血圧の調査・統計

高血圧といわれたことがある者の割合は男性37.2%、女性31.3% 平成12年に比べて男女とも増加 平成22年国民健康・栄養調査結果の概要

カテゴリー: 高血圧 患者数 国民健康・栄養調査(厚生労働省)

収縮期血圧の平均値は、男性133.9mmHg、女性126.2mmHgであり、拡張期血圧の平均値 は、男性82.4mmHg、女性77.0mmHgである。いずれの値も平成12年に比べて変わらない。 高血圧症有病者の割合は、男性60.0%、女性44.6%であり、平成12年に比べて男性は増加 しているが、女性は変わらない。

医療機関や健診で「高血圧」といわれたことがある者の割合は、男性37.2%、女性31.3%で あり、平成12年に比べて男女とも増加している。 また、高血圧といわれたことがある者のうち、過去から現在にかけて継続的に治療を受け ている者の割合は、男性66.2%、女性74.4%である。

過去1年間に家庭で血圧測定をしたことがある者の割合は、46.3%であり、年代別にみると 70歳以上で最も高く62.9%である。 また、高血圧といわれたことの有無別に家庭での血圧測定状況をみると、指摘ありの者で は72.0%であり、指摘なしの者では33.0%である。

循環器疾患に関する状況

●情報ソース:平成22年国民健康・栄養調査結果の概要(厚生労働省)

関連する調査・統計

疾患で見る ▶ 高血圧

2019年11月27日
高血圧性疾患の年間医療費は1兆7,907億円
「平成29年(2017)度 国民医療費の概況」より
2019年10月04日
収縮期血圧が140mmHg 以上の者の割合は男性37.0%、女性で27.8% 
「平成28年(2017) 国民健康・栄養調査」より
2019年10月04日
高血圧性疾患による死亡数は年間9,567人 「平成29年(2017)人口動態統計(確定数)の概況」より
2019年10月04日
高血圧性疾患の年間医療費は1兆7,981億円  「平成28年(2016)度 国民医療費の概況」より
2019年10月04日
高血圧の総患者数は993万7,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より

調査項目で見る ▶ 患者数

2019年11月14日
65 歳以上の低栄養(BMI≦20 kg/m2)は16.4%(男性 12.5%、女性 19.6%) 平成29年(2017)「国民健康・栄養調査」より
2019年10月31日
大腸がんをはじめとする腸に関係するがんの総患者数は28万8,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より
2019年10月31日
肺がんを含む呼吸器系がんの総患者数は16万9,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より
2019年10月29日
脳血管疾患の総患者数は111万5,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より
2019年10月27日
心疾患の総患者数は173万2,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より

情報源で見る ▶ 国民健康・栄養調査(厚生労働省)

2020年05月20日
日本人成人の21.7%が慢性的な不眠 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
日常生活で運動習慣がある男性は31.8%、女性は25.5% 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日2回以上毎日食べる人は、男性45.4%、女性49.0%) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
食塩摂取量は10.1g(男性11.0g、女性9.3g)。野菜摂取量は281.4g(男性290.9g、女性273.3g) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
肥満者は男性32.2%、女性21.9%。やせの人は男性3.7%、女性11.2%(20 歳代19.8%) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート