一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
歯周病の調査・統計

「何でもかんで食べることができる」者の割合は 75.2% 平成27年 国民健康・栄養調査

カテゴリー: 歯周病 患者数 国民健康・栄養調査(厚生労働省)

かんで食べる時の状態について、「何でもかんで食べることができる」者の割合は 75.2%でした。平成 21 年、25 年、27 年の推移でみると、40〜50 歳代では有意に増加し、60 歳以上では変化はみられませんでした。「ゆっくりよくかんで食事をする」者の割合は、男性47.2%、女性58.2%であり、男女とも70歳以上で最も高かったです。

食事中の様子について、「左右両方の奥歯でしっかりかみしめられない」者の割合は、60 歳代で 46.4%、70歳以上で 42.2%であり、4割を超えています。「半年前に比べて固いものが食 べにくくなった」「お茶や汁物等でむせることがある」「口の渇きが気になる」者の割合は 70 歳 以上で最も高く、それぞれ 32.2%、25.9%、25.1%でした。また、何でもかんで食べることができる状況別にみると、何でもかんで食べることができない者の方がすべての項目でその割合が有意に高く、「左右両方の奥歯でしっかりかみしめられない」が 71.0%、「半年前に比べて固いものが食べにくくなった」が58.4%でした。

●情報ソース:平成27年「国民健康・栄養調査」の結果

関連する調査・統計

疾患で見る ▶ 歯周病

2019年11月27日
歯科診療の年間医療費は2兆9,003億円 「平成29年(2017)度 国民医療費の概況」より
2019年10月27日
歯科診療の年間医療費は2兆8,574億円 「平成28年(2016)度 国民医療費の概況」より
2019年10月27日
歯肉炎及び歯周疾患の総患者数は398万3,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況 」より
2017年09月22日
過去1年の歯科検診受信者は52.9% 平成28年 国民健康・栄養調査
2017年01月26日
「何でもかんで食べることができる」者の割合は 75.2% 平成27年 国民健康・栄養調査

調査項目で見る ▶ 患者数

2019年11月14日
65 歳以上の低栄養(BMI≦20 kg/m2)は16.4%(男性 12.5%、女性 19.6%) 平成29年(2017)「国民健康・栄養調査」より
2019年10月31日
大腸がんをはじめとする腸に関係するがんの総患者数は28万8,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より
2019年10月31日
肺がんを含む呼吸器系がんの総患者数は16万9,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より
2019年10月29日
脳血管疾患の総患者数は111万5,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より
2019年10月27日
心疾患の総患者数は173万2,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より

情報源で見る ▶ 国民健康・栄養調査(厚生労働省)

2020年05月20日
日本人成人の21.7%が慢性的な不眠 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
日常生活で運動習慣がある男性は31.8%、女性は25.5% 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日2回以上毎日食べる人は、男性45.4%、女性49.0%) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
食塩摂取量は10.1g(男性11.0g、女性9.3g)。野菜摂取量は281.4g(男性290.9g、女性273.3g) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
肥満者は男性32.2%、女性21.9%。やせの人は男性3.7%、女性11.2%(20 歳代19.8%) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート