一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
身体活動・運動不足の調査・統計

日常生活で運動習慣がある男性は35.9%、女性28.6% 平成29年(2017)「国民健康・栄養調査」

カテゴリー: 国民健康・栄養調査(厚生労働省) 身体活動・運動不足

厚生労働省の平成29年(2017)「国民健康・栄養調査」による「身体活動・運動に関する状況」および「四肢の筋肉量の状況」は以下となっている。

  • 日常生活で運動習慣がある男性は35.9%、女性は28.6%であり、この10年間でみると、男女とも有意な増減はみなれない。
  • 平均歩数は男性 6,846歩、女性5,864歩。20〜64歳の歩数は男性7,636歩、女性6,657歩。65歳以上では、男性5,597歩、女性4,726歩である。
  • 60 歳以上の骨格筋指数*の平均値は、男性 7.7 kg/m2、女性 6.5 kg/m2 であり、男女とも年齢が 高いほど有意に減少している。低栄養傾向の者(BMI≦20 kg/m2)における骨格筋指数の平均値は、男性 6.7 kg/m2、女 性 6.1 kg/m2であり、男性の 75 歳以上では 65〜74 歳よりも有意に低いのに対し、女性では有意 な差はみられない。
  • 骨格筋指数の平均値は、男女ともたんぱく質摂取量が多い者ほど有意に高い。同様に、男女 とも肉体労働をしている時間が長い者ほど有意に高い。 たんぱく質摂取量及び肉体労働をしている時間別に骨格筋指数の平均値をみると、たんぱく質摂取量が多く、肉体労働をしている時間が長い者ほど有意に高い。
*骨格筋指数(四肢の筋肉量、skeletal muscle mass index:SMI):四肢除脂肪量[kg]/(身長[m])2 で算出

関連する調査・統計

情報源で見る ▶ 国民健康・栄養調査(厚生労働省)

2020年05月20日
日本人成人の21.7%が慢性的な不眠 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
日常生活で運動習慣がある男性は31.8%、女性は25.5% 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日2回以上毎日食べる人は、男性45.4%、女性49.0%) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
食塩摂取量は10.1g(男性11.0g、女性9.3g)。野菜摂取量は281.4g(男性290.9g、女性273.3g) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
肥満者は男性32.2%、女性21.9%。やせの人は男性3.7%、女性11.2%(20 歳代19.8%) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より

生活習慣で見る ▶ 身体活動・運動不足

2020年05月20日
日常生活で運動習慣がある男性は31.8%、女性は25.5% 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2019年11月27日
骨の骨密度及び構造の障害の年間医療費は1,621億円 「平成29年度(2017) 国民医療費の概況」より
2019年11月21日
日常生活で運動習慣がある男性は35.9%、女性28.6% 平成29年(2017)「国民健康・栄養調査」
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート