一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
食生活の調査・統計

主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日2回以上毎日食べる人は、男性45.4%、女性49.0%) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より

カテゴリー: 国民健康・栄養調査(厚生労働省) 食生活

厚生労働省の平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」による「栄養・食生活に関する状況―食品の選択に関する状況」は以下となっています。

  • 主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日2回以上食べることが、「ほとんど毎日」と回答した者の割合は、男性45.4%、女性49.0%である。年代別にみると男女ともに若い世代ほどその割合が低い傾向にある。
  • 主食・主菜・副菜を組み合わせた食事の頻度が週5日以下と回答した者のうち、主食・主 菜・副菜の3つを組み合わせるとバランスの良い食事になることを知っている者の割合は、男性88.7%、女性95.5%である。また、知っている者のうち、主食・主菜・副菜の3つを組み合わせて食べることができない理由は、男女ともに「手間がかかる」の割合が最も高い。
  • 食品を選択する際に重視する点として回答した者の割合が男女とも高い項目は「おいしさ」であり、男性74.4%、女性77.4%である。男女の違いが大きい主な項目は、「栄養価」、「季節感・旬」、「安全性」、次いで「鮮度」、「価格」である。

●情報ソース:平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」の結果

関連する調査・統計

情報源で見る ▶ 国民健康・栄養調査(厚生労働省)

2020年05月20日
日本人成人の21.7%が慢性的な不眠 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
日常生活で運動習慣がある男性は31.8%、女性は25.5% 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日2回以上毎日食べる人は、男性45.4%、女性49.0%) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
食塩摂取量は10.1g(男性11.0g、女性9.3g)。野菜摂取量は281.4g(男性290.9g、女性273.3g) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
肥満者は男性32.2%、女性21.9%。やせの人は男性3.7%、女性11.2%(20 歳代19.8%) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より

生活習慣で見る ▶ 食生活

2020年05月20日
主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日2回以上毎日食べる人は、男性45.4%、女性49.0%) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
食塩摂取量は10.1g(男性11.0g、女性9.3g)。野菜摂取量は281.4g(男性290.9g、女性273.3g) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
肥満者は男性32.2%、女性21.9%。やせの人は男性3.7%、女性11.2%(20 歳代19.8%) 平成30年(2018)「国民健康・栄養調査」より
2020年05月20日
エネルギー及びたんぱく質摂取量は、男女とも 60 歳代で最も高い 平成29年(2017)「国民健康・栄養調査」より
2019年11月14日
65 歳以上の低栄養(BMI≦20 kg/m2)は16.4%(男性 12.5%、女性 19.6%) 平成29年(2017)「国民健康・栄養調査」より
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

新着ニュース
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート