一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
の調査・統計

分煙は着実に進行中。喫煙者率の低下に向けて、目標の数値化も 厚生労働省「健康日本21 中間報告」より

カテゴリー:

 厚生労働省はこのほど、21世紀における国民健康づくり運動「健康日本21」の中間報告をまとめました。健康日本21は平成12年度に、同22年度までの10年計画スタートしましたが、その中間点における各目標値の達成度や今後の課題などを示したものです。その中から、喫煙に関係している項目を紹介します。

 まず、分煙を徹底している割合についてですが、都道府県や政令都市、保健所においては、すでに100パーセント達成されたことが報告されています。しかし、市町村では89.7パーセント、職場ではまだ55.9パーセントの達成率にとどまっています。なお、目標はこれらすべての場所で平成22年度までに100パーセント分煙を徹底することです。

 禁煙プログラムが提供されている市町村は、ベースライン値(健康日本21がスタートした時点でのプログラム提供率)の32.9パーセントから39.7パーセントに、わずかに増加したにすぎません。この項目の目標値も100パーセントです。

 なお、健康日本21のスタート時点においては諸般の事情で見送られた、喫煙者率低下の数値目標化が、中間報告を機に図られました。現状の喫煙者は男性43.3パーセント、女性12.0パーセントですが、それぞれ30パーセント以下と10パーセント以下にする第1案、35パーセント以下と10パーセント以下にする第2案、25パーセント以下と5パーセント以下にする第3案という、三つの案が示されています。

関連する調査・統計

全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート