一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

【生活習慣病予防月間2018】インスタグラムキャンペーン 「少食ごはん」 募集中!

キーワード: 二少(少食・少酒) 「少食」食事は腹7~8分目 食生活 全国生活習慣病予防月間

 毎年2月の「全国生活習慣病予防月間」、2018年は健康標語"一無、二少、三多"の中から"少食(腹八分目)"テーマとして全国で啓発運動が展開されます。

 今年は、より多くのみなさまに健康を意識するきっかけになるようインスタグラムキャンペーンを実施いたします。テーマは「#少食」です。

 あなたの「少食ごはん」を見せてください

 生活習慣病の予防・治療は食生活のマネジメントが基本です。腹八分目を心がけ、バランスのよい献立を3食きちんと規則正しく食べることが健康な身体をつくります。また、生活習慣病予防協会が提唱する「少食」は食事のボリュームを減らす腹八分目だけではなく、カロリー、糖質、塩分、脂分などを減らすことも「少食」と定義しています。あなたは健康のために何を減らしていますか?

 本キャンペーンでは、「少食ごはん」をテーマに様々な料理写真や少食への工夫がわかる写真を募集しています。ハッシュタグ#少食コメントを付けて写真を投稿。選考で10名様にギフトカード(1,000円分)をプレゼント!

あなたの「少食ごはん」をお待ちしております!

 応募期間
2017年10月1日〜2018年1月5日

 応募資格
応募規約に同意していただいた方>応募規約(PDF)
 応募方法(Instagram)
Step1:
ご自身のInstagramアカウントで、日本生活習慣病予防協会アカウント「@jpald」 (以下、「公式アカウント」)を検索してフォロー。

Step2:
「少食ごはん」を意識した写真を撮影し、ご自身のInstagramアカウントから「#少食」とその写真についてのコメントをつけて投稿する。
※お一人様何回でもご応募いただけますが、同一の内容を投稿することはご遠慮下さい。

 当選発表と作品掲載について
 応募締め切り後、厳選な抽選の上、当選者を決定いたします。

 当選者には、インスタグラムのダイレクトメッセージよりご連絡いたします(※1月下旬頃、ご連絡から7日以内にご回答ください。)※当選時の連絡のために公式アカウントフォローが必要です。

 投稿例
 あなたの減らしたいものは何ですか?「減塩を意識したメニュー」、「お皿をいつもより小さくした飾りつけ」、「糖分に気を付けたメニュー」など、「少食」の工夫をしたごはん写真を募集中!


ハッシュタグ#少食とコメントを忘れずに!

 投稿していただきましたお写真は日本生活習慣病予防月間特設コーナーに掲載、専門家よりコメント(当選作品のみ)、また啓発活動に使用いたします!

みなさまのご応募、心よりお待ちしております。

 生活習慣病予防月間とは?

 一般社団法人日本生活習慣病予防協会(理事長・池田義雄)が主催する全国生活習慣病予防月間は、生活習慣病予防に対する国民の意識向上と、これによる健康寿命の伸長を目指すべく「一無、二少、三多」をテーマに啓発を行っています。

 毎年2月の1カ月間を生活習慣病予防月間として、行政、自治体、関連団体、産業界やメディアなどを通じて集中的に情報発信を行っており、恒例行事として定着しています。  

 一無、二少、三多とは?

 生活習慣病は「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」として定義され、その予防には喫煙、飽食、大量飲酒、運動不足、不十分な休養、ストレス過多等の生活習慣の改善が強く求められます。その具体策として、「一無(禁煙)、二少(少食、少酒)、三多(多動、多休、多接)」を意識した生活習慣の実践に集約されます。

 また、2017年から1月23日を『一無、二少、三多の日』と制定しました!

≫詳細はこちら(生活習慣病予防月間2017年ニュース)  

関連情報

全国生活習慣病予防月間について
日本生活習慣病予防協会

[mhlab]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

生活習慣 ▶ 食生活

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に

一無・二少・三多 ▶ 全国生活習慣病予防月間

2021年02月01日
「全国生活習慣病予防月間2021」がスタートしました!
2020年12月21日
全国生活習慣病予防月間2021川柳公募結果ならびに市民公開講演会(Web講演会)のご案内
2020年08月19日
賞金5万円! スローガン川柳を募集中!
全国生活習慣病予防月間2021
2020年03月19日
中高年者こそ運動が必要 「健幸華齢のためのスマートライフ」で活力年齢が若返る 全国生活習慣病予防月間2020 講演会(1)
2020年03月19日
運動でがん予防 ライフステージに応じたがん対策 運動でがんリスクが低下 全国生活習慣病予防月間2020 講演会(2)

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
【新型コロナ】薬膳レシピで「コロナうつ」「コロナ疲れ」に克つ 食養生で心身の不調を解消 近畿大学
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート