一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

「「少酒」お酒はほどほどに」に関するトピック

2017年02月17日
がん医療の最新情報 「低侵襲」「個別化」で患者にやさしいがん治療
2016年09月21日
アルコール依存症 医療機関以外の相談先を知らない人がほとんど
2016年06月30日
アルコールの飲み過ぎで「腸内フローラ」が悪化 肝炎や大腸がんに影響
2016年06月02日
お酒に弱い人は「脂肪肝」に注意 飲酒習慣がなくても発症しやすい
2016年03月01日
アルコール健康障害対策推進基本計画案を了承 ~全都道府県でも策定へ
2016年01月25日
「“多接”を楽しみ健康長寿」 毎年2月は全国生活習慣病予防月間
2016年01月25日
専門機関や相談窓口を全県に設置目標 アルコール健康障害対策関係者会議
2016年01月05日
冷え性を克服するための6つの改善策冷え性の原因は血行不良
2015年11月06日
賞金5万円 「全国生活習慣病予防月間2016」スローガン募集
2015年01月27日
今年も2月の「全国生活習慣病予防月間」がスタートします!
2014年12月15日
生活を改善すれば細胞の老化を防げる 高カロリーの食品が害に
2014年11月07日
賞金5万円! スローガン募集 全国生活習慣病予防月間2015
2014年07月04日
沖縄が示す「短命化社会」 長寿県の復活に向けて挑戦
2014年05月21日
保健指導は「効果あり」 特定保健指導で3割がメタボから脱出
2014年01月31日
2月の「全国生活習慣病予防月間」がスタートします!
2013年12月05日
「全国生活習慣病予防月間2014」スローガン募集開始、賞金5万円
2013年02月26日
生活習慣病を防ぐ“少食”のすすめ 第3回全国生活習慣病予防月間講演会を開催
2013年02月01日
2月は「全国生活習慣病予防月間」!“少食” で健康長寿をめざそう
2012年12月19日
保健指導リソースガイド 「健診・検診」コーナーをオープン
2012年11月30日
高齢者の生活習慣病がさらに増加 2011年患者調査
もっと見る ▼
2012年09月13日
赤ワインのポリフェノールが血圧を下げる
2012年09月11日
ビール好きはご注意 グラスの形で飲酒ペースは変わる
2012年04月13日
アルコール(飲酒)指導に関するQ&Aを公開
2012年03月07日
5つの健康習慣 20年続けると心疾患リスク6割減
2012年03月07日
禁煙、減塩、体重管理・・・5つの健康習慣でがんリスク4割減
2012年02月02日
アルコールは友、それとも敵? 少量の飲酒なら大丈夫?
2012年02月01日
「全国生活習慣病予防月間」がスタート〜テーマはアルコールと健康生活
2012年01月24日
妊娠中の飲酒、リスクが高まるのは第7〜12週目
2012年01月18日
アルコールがもたらす障害は国によって違う 米韓で比較
2011年11月18日
アルコール乱用の問題 医療主導で対策 国際コンセンサス
2011年11月17日
女性はアルコールにより脳のダメージを受けやすい
2011年11月15日
少量のアルコールでも乳がんリスクは上昇 米研究
2011年11月07日
医療・保健指導関係者向け「全国生活習慣病予防月間」講演会の参加者募集
2011年11月07日
「平成24年・全国生活習慣病予防月間」スローガン募集!賞金10万円
2011年09月27日
「節度のある適度な飲酒」半分は知らない 健康日本21評価チーム
2011年09月07日
糖尿病リスクを低減させる5つの習慣 最大でリスクは8割低下
2011年05月17日
高血圧の原因遺伝子:東アジア人共通の遺伝子を同定
2011年03月09日
骨粗鬆症スクリーニングの新しいガイドライン 米国予防医療作業部会
2010年12月22日
あなたのがん発症率は? 肥満度や生活習慣で簡単に計算
2010年11月22日
白米をとりすぎると日本人女性で糖尿病発症のリスクが上昇
もっと見る ▼
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。