一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
脳出血の調査・統計

高齢者の降圧目標をやや高めに設定 日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン 2000年版」発行

カテゴリー: 脳出血

 日本高血圧学会は「高血圧治療ガイドライン 2000年版」を発行し、現時点における高血圧の標準的な治療法をまとめました。

 血圧を表1のような基準で分類し、脳血管障害(脳梗塞や脳出血など)や冠動脈疾患(心筋梗塞など)のリスクに応じた治療法の基準を示しています。具体的には表2のように、‘血圧以外に危険因子がない場合’、‘糖尿病以外の危険因子がある場合’、‘糖尿病、臓器障害、心血管病のいずれかがある場合’の三つの階層に分けて、治療の重要度の指標としています。

 治療目標については、若年・中年者や糖尿病のある人は130/85mmHg 未満、高齢者は収縮期血圧140〜160mmHg 以下(年齢を考慮)、拡張期血圧 90mmHg 未満が望ましいとしています。高齢者の降圧目標が高めに設けられているのは、高齢者は脳などの重要臓器に循環障害があることが多く、過度の降圧が循環障害をより進行させる可能性があるためです。ただしこの設定が妥当かどうかについては「今後に残された課題」としています。

表1 成人における血圧の分類

分 類収縮期血圧
(mmHg)
 拡張期血圧
(mmHg)
至適血圧120未満かつ80未満
正常血圧130未満かつ85未満
正常高価血圧130〜139または85〜89
軽症高血圧140〜159または90〜99
中等症高血圧160〜179または100〜109
重症高血圧180以上または110以上
収縮期高血圧140以上かつ90未満

表2 高血圧患者のリスクの層別化

血圧以外のリスク要因血圧分類
軽症高血圧
(140〜159/90〜99mmHg)
中等症高血圧
(160〜179/100〜109mmHg)
重症高血圧
(180mmHg以上/110mmHg以上)
危険因子なし低リスク中等リスク高リスク
糖尿病以外の危険因子あり中等リスク中等リスク高リスク
糖尿病、臓器障害、心血管病のいずれかがある高リスク高リスク高リスク

●詳しくは、日本動脈硬化学会のホームページへ→トップページ記事掲載ページ

関連する調査・統計

疾患で見る ▶ 脳出血

2019年11月27日
脳血管疾患の年間医療費は1兆8,085億円 
「平成29年度(2017)国民医療費の概況」より
2019年10月29日
脳出血の年間死亡数は「脳内出血」3万2,654人、「くも膜下出血」1万2,307人 「平成29年(2017)人口動態統計(確定数)の概況」より
2016年10月13日
脳血管疾患の年間医療費は1兆7,821億円 平成26年度 国民医療費の概況
2016年10月13日
脳血管疾患の死亡数は年間11万1,973人 厚生労働省「平成27年 人口動態統計(確定数)の概況」より
2016年10月13日
出血性脳血管疾患の年間死亡数、「脳内出血」3万2,113人、「くも膜下出血」1万2,476人 厚生労働省「平成27年 人口動態統計(確定数)の概況」より
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート