一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
COPD(慢性閉塞性肺疾患)の調査・統計

男性有訴者率の第2位は‘せきやたん’ 厚生労働省「平成13年 国民生活基礎調査の概況」より

カテゴリー: COPD(慢性閉塞性肺疾患)

 厚生労働省発表の「平成13年 国民生活基礎調査の概況」のなかから、有訴者率(自覚症状をもっている人の数を人口1,000人あたりでみた割合)は 322.5で、10人に3人以上はなんらかの自覚症状をもっていることがわかります。その自覚症状として、男性の第2位に、慢性気管支炎の症状でもある「せきやたんが出る」が入っています(有訴者率は 58.7)。ちなみに男性の第1位は腰痛(有訴者率 80.8)、3位は肩こり(同 57.5)で、女性は1位が肩こり (126.6)、2位が腰痛 (110.8)、3位‘手足の関節が痛む’(75.9)です。女性の第5位までに「せきやたんが出る」は入っていません。

 同じ調査のなかで、要介護者の介護が必要になった原因を調査した項目をみると、介護が必要になる原因のトップは脳血管疾患で全体の 27.7パーセント、以下、高齢による衰弱(16.1パーセント)、転倒・骨折(11.8パーセント)、痴呆(10.7パーセント)、関節疾患(10.4パーセント)、パーキンソン病(6.6パーセント)、心臓病(3.1パーセント)、脊髄損傷(2.8パーセント)、糖尿病(2.2パーセント)と続き、その次が肺気腫・肺炎等の呼吸器疾患(慢性気管支炎もこれに含まれます)の 2.0パーセントです。それ以下は、視覚・聴覚障害、がん、などが続いています。

●詳しくは、厚生労働省のホームページへ→トップページ記事掲載ページ

関連する調査・統計

疾患で見る ▶ COPD(慢性閉塞性肺疾患)

2019年11月27日
慢性閉塞性肺疾患(COPD)による年間医療費は
1,447億円 「平成29年度(2017)国民医療費の概況」より
2019年10月30日
慢性閉塞性肺疾患(COPD)による死亡数は年間1万8,523人 「平成29年(2017) 人口動態統計(確定数)の概況」より
2019年10月30日
慢性閉塞性肺疾患(COPD)による年間医療費は1,467億円 「平成28年度(2016)国民医療費の概況」より
2017年01月26日
喫煙者の割合は男性30.1%、女性7.9% 平成27年 国民健康・栄養調査
2016年10月13日
慢性閉塞性肺疾患の年間医療費は1,460億円 平成26年度 国民医療費の概況
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート