一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
高血圧の調査・統計

一次予防のため、減量、減塩に加え、カリウム摂取量増加の提言 厚生労働省「健康日本21 中間報告」より

カテゴリー: 高血圧

 厚生労働省はこのほど、21世紀における国民健康づくり運動「健康日本21」の中間報告をまとめました。健康日本21は平成12年度に、同22年度までの10年計画スタートしましたが、その中間点における各目標値の達成度や今後の課題などを示したものです。その中から、高血圧関連の項目を紹介します。

 食塩摂取量は、ベースライン値(健康日本21がスタートした時点での1日あたりの食塩摂取量の平均)の13.5gから11.2gに低下していて、国民的な規模での減塩の流れが定着しつつあることがわかります。ただし、目標値は「10g未満」なので、もう一歩、対策を充実させる必要がありそうです。

 血圧を下げる作用が認められるカリウムの摂取量については、ベースライン値が1日2.5g、今回発表された中間実績値は2.4gでほとんど変化なく、目標値の3.5gとの開きが認められます。そのため中間報告では、「食塩摂取量の減少と同時にカリウム摂取量の増加が図られるように、食事バランスガイドの普及などによる野菜や果物の摂取の増加を促すとともに、栄養成分表示を行うことが重要」だと述べています。

 また、最大血圧の平均値は、べーライン値の男性132.7mmHg、女性126.2mmHgから、それぞれ131.5mmHg、125.0mmHgと、ごくわずかに低下しています。

関連する調査・統計

疾患で見る ▶ 高血圧

2019年11月27日
高血圧性疾患の年間医療費は1兆7,907億円
「平成29年(2017)度 国民医療費の概況」より
2019年10月04日
収縮期血圧が140mmHg 以上の者の割合は男性37.0%、女性で27.8% 
「平成28年(2017) 国民健康・栄養調査」より
2019年10月04日
高血圧性疾患による死亡数は年間9,567人 「平成29年(2017)人口動態統計(確定数)の概況」より
2019年10月04日
高血圧性疾患の年間医療費は1兆7,981億円  「平成28年(2016)度 国民医療費の概況」より
2019年10月04日
高血圧の総患者数は993万7,000人 「平成29年(2017)患者調査の概況」より
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート